5年が目安②

一昨日、『「ペアの地震」にしろ「被害地震」にしろ、その間隔は5年以内が一応の目安』と書きました。

1854年 7月9日 伊賀上野地震 - M 7 1⁄4±1⁄4、
1854年12月23日 安政東海地震 - M 8.4、
1854年12月24日 安政南海地震 - M 8.4、
1855年 3月18日 飛騨地震 - M 6.8、
1855年11月11日 安政江戸地震 - M 7.0〜7.1、
1858年 4月9日 飛越地震 - M 7.0〜7.1、
(3年8ヶ月)


1943年9月10日 鳥取地震(M7.2)
1944年12月7日 昭和東南海地震(M7.9)
1946年12月21日 昭和南海地震(M8.0)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)
(4年9ヶ月)


このように、震災は続く傾向があります。
そして、その期間の目安は「5年」です。

つまり、
2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
という、海溝型の巨大地震が起きてしまったのだから、

その5年以内(2016年3月11日まで)に、最低でも「百人以上の犠牲が出る地震」が起きない方が不自然だと思います。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR