安政地震直後、噴火寸前だった富士山

なかなか興味深い記事がありました。

※「安政地震直後、噴火寸前だった富士山」↓
http://macroanomaly.blogspot.jp/2015/04/blog-post_5.html

『 1854年(安政元年)に発生した安政東海地震と安政南海地震。この時、富士山は噴火しなかったとされています。
しかし、地元の人が書き残した古文書には、富士山に何らかの異変が生じていたことをうかがわせる現象が記録されています。

1. 地震発生当日の朝、真っ黒な笠が富士山にかかっていた。

2. 同日、富士山を見ると、牛ほどの大きさで羽の生えたものが数多く舞っていた。

3. 同日、富士山の8合目に多数の火が見えた。

4. 地震から17日後、宝永山から真っ黒な煙が立ちのぼった。

5. 地震から50日後ごろ、富士山の雪が春のように融けていた。』


やはり、巨大地震の直後は危険です。
次の大噴火は、巨大地震の後でしょう。

※それと、「ゲリー・ボーネルの4月12日東海地震」予言は、
ツイッターでは意外と話題になっています。↓

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?fr=top_ga1_sa&ei=utf-8&p=4%E6%9C%8812%E6%97%A5+%E5%9C%B0%E9%9C%87

ただ、地震関連掲示板はもちろん、オカ板でさえ盛り上がっていません。
普段から地震に関心がある人は、可能性が低いと考えているのでしょう。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR