海溝型地震はペアで起きる(改めて)

村井氏の「来年1月までに大地震」の予測や、昨日の茨城県南部の地震(M5.6)で、地震に注目が集まっているので、

改めて「海溝型地震はペアで起きる」の根拠を紹介します。

1096年12月17日 永長地震(東海・東南海地震) - M 8〜8.5、
1099年2月22日 康和地震(南海地震) - M 8〜8.5、

1495年9月12日 明応の関東地震(相模トラフ)
1498年9月20日 明応地震(南海トラフ地震)

1605年2月3日 慶長地震
1611年12月2日 慶長・根室沖地震

1703年12月31日 元禄関東地震(M 8.1〜8.2)
1707年10月28日 宝永地震(M 8.4〜8.6)

1854年12月23日 安政東海・東南海地震 - M 8.4、
1854年12月24日 安政南海地震 - M 8.4、

1894年3月22日 根室半島沖地震 - M 7.9(Mt 8.2)、
1896年6月15日 明治三陸地震 - M 8.2〜8.5、

1918年9月8日 択捉島沖地震 - M 8.0(Ms 8.2、Mt 8.5)、
1923年9月1日 大正・関東大震災 - M 7.9(Ms 8.2、Mt 8.0)

1944年12月7日 昭和・東南海地震 Mj 7.9(Mw 8.2)、
1946年12月21日 昭和・南海地震、Mj 8.0(Mw 8.4)、

1952年3月4日 十勝沖地震 - Mj 8.2(Mw 8.2)、
1958年11月7日 択捉島沖地震 - Mj 8.1(Mw 8.3)、

1968年5月16日 十勝沖地震 - Mj 7.9(Mw 8.3)、
1969年8月12日 色丹島沖地震 - Mj 7.8(Mw 8.2)、

1993年7月12日 北海道南西沖地震(M7.8)
1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.1)

2003年9月26日 十勝沖地震(M8.0)
2006年11月15日 千島列島の地震(M8.3)


2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
↓(4年以内)
同規模の海溝型地震(「アウターライズ地震」は除く)


このように、日本周辺の規模の大きな海溝型地震は、ペアで起きています。

また、海溝型大地震を起点とした被害地震は、4年以内で収まっています。
(1605年 慶長地震は、おそらく超大型の特殊な地震 )
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR