口永良部島の新岳、34年ぶりに噴火

※「口永良部島の新岳、34年ぶりに噴火…住民避難 」↓
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140803-OYT1T50063.html

『 8月3日午後0時24分頃、鹿児島県屋久島町・口永良部くちのえらぶ島の新岳しんだけが噴火し、噴煙が800メートル以上に達した。

新岳の噴火は1980年9月以来、約34年ぶり。気象庁は「噴火活動がさらに活発になる可能性がある」として、噴火警戒レベルを「1」(平常)から「3」(入山規制)に引き上げ、火口から半径2キロの範囲に立ち入らないよう呼びかけている。

口永良部島は屋久島の北西約12キロに位置し、火口から約3キロの二つの集落に77世帯135人が暮らしている。町によると、住民らは火口から約4キロ離れた高台へ自主的に避難している。今のところ、被害は確認されていないという。』


本当に、じわじわ来ています。

それと、「新岳」は、屋久島の西隣の島なので、
本日起きた、下の地震とは関係ないようです。

平成26年08月03日13時06分頃 奄美大島北西沖 M5.7 震度3
平成26年08月03日02時35分頃 奄美大島北西沖 M5.2 震度2
平成26年08月02日23時18分頃 奄美大島北西沖 M4.8 震度2


奄美大島

なお「新岳」という名前は、3.11東日本大震災(M9.0)の前に噴火した、「新燃岳」を思い出させます。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR