3千年前に相模トラフで巨大地震

※下の記事がありました。↓
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG23017_T20C12A9CR8000/

『 チームは三浦半島の南側にある江奈湾で、干潟や湿地から地層を採取。長さ3メートル前後の柱状の地層試料に、海から運ばれて堆積したとみられる砂やけい藻の化石などを含む厚さ約5~20センチの地層を計6層見つけた。

一番上の層は関東大震災の津波で、残りの5層は約2千~4千年前に起きた地震の津波で運ばれたと推定された。元禄地震の層は確認できなかった。約3千年前に積もった層は厚さが約20センチあり、大量の土砂を運ぶ津波だったとみられる。』


約3千年前に、相模トラフで巨大地震があったのは間違いないようです。

そして、「1703年の元禄関東地震で、その巨大地震の周期が片付いた」というのが専門家の見解です。

しかし、果たして“そう”なのでしょうか?

最近明らかとなった「明応の関東地震」と元禄関東地震に、大きな差があったのでしょうか?

関東地震
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR