スポーツと地震のジンクス

昨日の、サッカー「日本vs.オーストラリア」は、1-1で引き分け、
5大会連続のワールドカップ出場を決めました。』


いゃ~、しびれる試合でした。
ただ、日本で、ああいう“しびれる試合”をしたら、「スポーツと地震のジンクス」が発動しそうです。

2007年3月に東京で開催された「世界フィギュア」では、
3月24日に女子フリーが行われ、結果は、優勝 安藤美姫、2位 浅田真央、3位 キム・ヨナでした。
そして、その翌日3月25日に、能登半島沖地震(M6.9)が発生しました。


また、2008年に日本で開催された「北京オリンピック・バレーボール世界最終予選」では、
6月8日に、バーレーボール男子が北京五輪出場を決めました(決定の瞬間、植田監督が床に倒れこんだ)。

そして、その翌日6月9日に、例の「加藤智大による秋葉の事件」が起き、6月14日の岩手・宮城内陸地震(M7.2)と続いたのです。


このように、「日本で開催された国際的なスポーツ大会で、日本が活躍した直後、大きな地震が起きている」という印象があります。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR