新燃岳の火口湖変色について

河口湖の水位低下のニュースでは、「富士山噴火や大地震につながる兆候は見られない」で締めくくられることが多いですが、

※2009年5月に、新燃岳の火口湖が変色したときも、似たような見解でした。↓
http://chesuco12.syncl.jp/?p=diary&di=123395

『 ≪新燃岳の火口湖変色 「火山活動にはつながらない」≫
鹿児島、宮崎両県境にまたがる霧島連山の新燃岳(1421メートル)で火口湖の色がコバルトブルーから茶色に変色した理由について、鹿児島地方気象台は2009年5月26日、水酸化鉄の多量発生が原因だったと明らかにした。「噴火など火山の活発化につながる現象ではない」と説明している。

京都大地球熱学研究施設(大分県別府市)に依頼して調べたところ、採取した湖水に黄褐色の水酸化鉄の沈殿が見られた。多量発生の理由は不明だが、湖底の岩石などに含まれる鉄分が一気に溶け出したと推測している。』


コバルトブルー
茶色
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR