「大震災」型(再)

※先日、次のように書きました。(少し編集)

直下型の地震による「大震災」は、「起きた地震が、たまたま『大震災』になった」というのではなく、一定のパターンがあるようです。

※1854年12月23日・24日 安政地震(東南海地震+南海地震)

1855年9月13日 陸前(ほぼ今の宮城県)で地震 - M 7.2。
↓(55日後)
1855年11月7日 遠州灘で地震 - M 7.0〜7.5。
↓(4日後)
1855年11月11日 安政江戸地震 - M 7.0〜7.1。


※1946年12月21日 昭和南海地震 - M 8.0(Mw 8.4)

1948年4月18日 和歌山県南方沖の地震(M7.0)
↓(58日後)
1948年6月15日 紀伊水道の地震(M6.7)
↓(13日後)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)


※1993年7月12日 北海道南西沖地震(M7.8)

1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.2)
↓(2ヶ月24日後)
1994年12月28日 三陸はるか沖地震(M7.6)
↓(10日後)
1995年1月7日 三陸はるか沖地震・最大余震(M7.2)
↓(10日後)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)
(変則型)


つまり、
※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.2)
↓(?日後)
2013年3月?日 直下型地震による「大震災」?

約2ヶ月前の「大きな地震」というのが、カギになるようです。』


直下型地震による「大震災」は、少なくとも我々が知りうる限り、
これらのパターン以外では、
1891年10月28日 濃尾地震(M8.0)
しか、ありません。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR