「9世紀の地震」と「平成の地震」

2011.3.11東日本大震災のあと、よく「9世紀の地震」と「平成の地震」が比較されました。

※2017年07月25日神奈川県の由比ヶ浜付近の複数箇所で歩道が隆起、「掘らないと原因わからない」
http://jishin-news.com/archives/2554

上のページで久しぶりに紹介されていました。

863年 越中・越後地震
→2007年 新潟県中越沖地震(M6.8)

867年 陸奥国大地震
→2003年 三陸南地震 M7.0
→2008年 岩手宮城内陸地震 M7.2

868年 播磨国地震(M7台)
→1995年 兵庫県南部地震(阪神淡路大震災 M7.3)
(2013年 淡路島の地震 M6.3)

869年 貞観地震(M8.6)
→2011年 東日本大震災(M9.0)

869年 肥後国地震(M7以上?)
→2016年 平成28年熊本地震(M7.4)

878年 相模・武蔵地震(M7.4)
→ ?

880年 出雲地震(M7.0)
→2000年 鳥取県西部地震(M7.3)
(2016年 鳥取県中部地震 M6.6)

887年 仁和地震(南海トラフ巨大地震? M8.5)
→ ?


東日本大震災のあと「9年後に関東で大地震?」と騒がれました。
あれから6年が経ちました。

関東フラグメント型大地震

※関東フラグメント型大地震!!9月に大地震確率90%!!気象庁が発表しない理由!!



昨年7月24日にupされた動画です。

上の「9月」は、もちろん「2016年9月」を指しています。

しかしながら、今見ても色褪せてはいません。

死海文書の予言

※「死海文書の予言」というのがあります。
http://www.gibe-on.info/entry/dead-sea-scrolls/

①イスラエルの破滅
死海文書には「イスラエルが国家として立ち上がるも70年にわたって長い混乱に見舞われる」という予言が存在します。さらにその混乱の最後には破滅が待っているとされています。

予言にある70年後の節目の年は来年の2018年に当たります。死海文書による予言のとおりイスラエル国は破滅することになるのでしょうか?


②光と闇の最終戦争
死海文書の中には「光の子と闇の子のあいだに最後の戦いが生じ世界が崩壊する」という予言も存在します。その内容は以下のようなものです。

神に寄り添う者には栄光が訪れ、サタンに寄り添う者には絶え間ない破壊が訪れる
光の子も闇の子も天使と共に戦うが、神は光の子に微笑むだろう


③日本人メシアの誕生
先述した光と闇の戦争において死海文書には「光と闇の両軍にそれぞれのメシア(救世主)が誕生する」という予言も存在します。

そして、このメシアの一人が日本人から誕生するのではないかという噂があるのです。

日本語の語源はヘブライ語であるという研究結果があることから、日本人とユダヤ人は祖先が同じであると考えられています。また、死海文書には「メシアは聖書を知らない東の国から現れる」という記述があり、聖書の影響が少ない日本はこれに一致します。

果たして本当に日本からメシアが誕生するのでしょうか?そして日本は光と闇の戦争において、どのような関わり方をする事になるのでしょうか?』

「ペアとなる地震」は7年以内

※以前から紹介している「ペアとなる地震」ですが、
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-906.html

5年以上間隔が空いたケースは下の2例しかありません。
(7年以上空いた例はない。)

1605年2月3日 慶長地震
1611年12月2日 慶長・根室沖地震
(6年10ヶ月)

1952年3月4日 十勝沖地震 - Mj 8.2(Mw 8.2)、
1958年11月7日 択捉島沖地震 - Mj 8.1(Mw 8.3)、
(6年8ヶ月)


すなわち、
2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
2017年9月2?日 糸魚川-静岡構造線+相模トラフ連動地震(M9.2)?
(6年6ヶ月)


それと「アガスティアの葉の予言」では、2018年1月18日までに関東で大地震が起きる事になっています。

※ビートたけしさんの「アガスティアの葉」
http://ameblo.jp/komiyakoji/entry-11488187328.html

68歳~70歳(2018年1月18日で71歳)
自然災害の被害を受け、資産のいくつかが火災で消失するかもしれない。
倒壊といった被害に見舞われるかもしれない。
またこの時期、彼は水辺に近付くべきではない。』

森谷先生の地震予測(続報)と

※森谷先生の地震予測が更新されていました。
http://www.vhf-news.com/news.php

地震エコーは静穏期ではないそうです。
(私の印象:地震エコーは永遠に収束しない予感が)

それと「GW明け福岡大地震」を外したばかりの高橋教授が新たな地震予想を公表しています。

※「4つの条件ピタリ…夏休み(7月19日~8月2日あたり)は「長野北部」の大地震に要注意」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000017-nkgendai-life

すると、こんなツイートが
https://twitter.com/Yokohama_Geo/status/885665617566613505

「経験則がある以上、事前に警鐘を鳴らすことは必要です」とか言ってますが、経験則から言って高橋学教授の地震・噴火予測は全く当たりません。ですので、「この人の予測は当たりませんから真に受けないでください」と警鐘を鳴らしておきます。』

安倍政権下での自然災害

※2ch地震板に安倍政権下での自然災害が“まとめ”られていました。
http://mao.2ch.net/test/read.cgi/eq/1498910803/809

809 M7.74(やわらか銀行)2017/07/11(火) 17:22:25.15 ID:rrQKxBe20
安倍政権

2013年
・山口・島根豪雨 全半壊121棟 床上・床下浸水2017棟
・台風第18号  死者6名 負傷者143名
・台風第26号(伊豆大島豪雨)  死者40名 負傷者130名

2014年
・平成26年豪雪
・広島豪雨 死者77名 負傷者44名 全半壊255棟 床上・床下浸水4129棟
・御嶽山噴火 死者58名 行方不明5名

2015年
・関東・東北豪雨(鬼怒川決壊) 死者14名 負傷者79名 全半壊3926棟 床上・床下浸水12,145棟

2016年
・熊本地震 死者50名 負傷者2753名
・北海道・東北豪雨 死者23名  負傷者14名 全半壊2793棟 床上・床下浸水2062棟

2017年 
・九州北部豪雨 死者25名 負傷者11名 行方不明25名 』


確かに多過ぎるように思います。
何が起きても不思議ではない感じです。

鹿児島湾でM5.3の地震

※今日昼前、鹿児島湾でM5.3(震度5強)の地震が発生しました。
鹿児島湾


それと森谷先生の「日向灘M7予測」の情報が更新されていました。

地震エコーは収束していないようです。
http://www.vhf-news.com/news.php

『 九州北部の悪天候のためデータ伝送が滞りました。再び地震エコーが観測されていることが判りました。
11日11時56分鹿児島地震M5.3は該当しません。広い意味での前震的な活動と考えられます。』


地震エコー711
(7月10日までの地震エコー)

埼玉県南部で謎の光

※「夜空に“謎の光”、埼玉県南部などで目撃相次ぐ」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3101242.html?from_newsr

『 10日午後8時すぎ、埼玉県桶川市や川越市などを中心に、夜空に輝く「謎の光」が相次いで目撃されました。

「普通に隕石かなと思ったが、今まで見たことがないくらいハッキリしてて驚きました」(「謎の光」を目撃した人)。


日本プラネタリウム協議会の糸賀富美男理事長によりますと、「隕石は早い速度で真っ直ぐ落ちるが、この光は急激に回転しているため、隕石でない可能性が高い」「残念だが正体は分からない」ということです。』

何これ怖い!

9月の最終週

このところ地震は静かです。
森谷先生の日向灘M7予測も不発になりそうです。
http://www.vhf-news.com/news.php

さて、この9月には「ペアとなる地震」が起きる可能性があると考えています。

とりわけ私が注目しているのは最終週です。

2017年9月

※参考:「9月下旬の地震と火山噴火」
2003年9月26日 十勝沖地震(M8.0・震度6弱)
2009年9月29日 サモアの地震(M8.0)
2009年9月30日 インドネシアの地震(M7.6)
2010年9月29日 福島県中通りの地震(M5.8・震度4・群発)
2014年9月27日 御嶽山噴火

宝永地震のタイミングでもある

今の太陽黒点の状態は、
2004年12月26日 スマトラ沖地震(M9.1)
が起きたタイミングと、ほぼ同じであることを紹介してきました。

太陽黒点2017年5月

実は、
宝永地震(南海トラフ巨大地震)が起きたタイミングでもあります。

1703年12月31日 元禄関東地震(M 8.1〜8.2)
1707年10月28日 宝永地震(M 8.4〜8.6)


黒点数1700年代


※参考:「太陽黒点数と地震の関係」
■ 極大期には、大地震が起こりやすい。
■ 減少期と極小期には、巨大地震が起こりやすい。
■ 増加期は比較的穏やか。

■ おそらく桁外れの巨大地震は「減少期」に起こりやすい。

昨日の都議選の結果

昨日の都議選の結果
都民55、公明23、自民23、共産19、民進5、維新1、ネット1

と、自民党の歴史的大敗となりました。』


人々が「安倍長期政権」「自民一強」による害悪に目を向けるようになったという事です。

さて年初に紹介した安倍総理の「天中殺占い」です。

生年月日 : 1954年9月21日(午年)生まれ
天中殺 : 申酉(2016年,2017年)
(六星占術の「大殺界」は【2015年~2017年】)

私の経験上、天中殺の「後の年(安倍総理の酉年)」は12年間で最も厳しい年。

よって2018年までには総理でなくなっているのではないかと思います。』


安倍政権の終りが見えてきました。

北海道胆振地方でM5.1の地震

※昨夜、北海道胆振地方でM5.1(震度5弱)の地震が発生しました。
北海道胆振地方

また深夜には、
熊本県阿蘇地方でM4.5(震度5弱)の地震も起きています。

※第14ステージ:
2017年5月27日 福井県沖地震(M5.0・震度2)
2017年6月20日 豊後水道の地震(M5.0・震度5強)
2017年6月25日 長野県南部の地震(M5.6・震度5強)
2017年7月1日 北海道胆振地方の地震(M5.1・震度5弱)

2017年9月27日
計:4ヶ月


それと「ステージの規則性」についてですが、
第「0,3,6,9,12」ステージ: 大き目あり(9月~1月)
第「1,4,7,10,13」ステージ: より大きな地震(1月~5月)
第「2,5,8,11,14」ステージ: 全体的に小粒(5月~9月)

※第13ステージ:(比較的静穏)
※第14ステージ:(非常に活発


結局、一回飛ばした(溜めた)だけなのだと思います。

森谷先生の地震予測情報

森谷先生の地震予測情報
(日向灘(M7)地震がスタンバイ状態)

※「2017-06-29 島原観測点で観測された地震エコーの変動と予想される地震について」
http://www.vhf-news.com/news2.php?id=2

『 6月24日から地震エコーは不明瞭になり観測されていないと考えられる状況となりました。もしも静穏期であれば前兆現象は最終段階となり、予報の地震は7月2日頃までに発生する可能性が高まります。

緊急地震速報に注意が必要です。予想される震央域は;九州宮崎県・豊後水道・日向灘・四国南部・土佐湾。マグニチュードは7.1-7.5。
再び地震エコーが観測されると、この予知情報は一旦取り消しになります。』


森谷先生というと、2011.3.11東日本大震災(M9.0)のあと注目された、あの北海道大学の森谷先生です。


地震エコー
(地震エコー)

7月になった

7月になりました。

※第14ステージ:
2017年5月27日 福井県沖地震(M5.0・震度2)
2017年6月20日 豊後水道の地震(M5.0・震度5強)
2017年6月25日 長野県南部の地震(M5.6・震度5強)

2017年9月27日
計:4ヶ月


「第14ステージ」は地震活動が活発だと考えられるので、
7月は大き目の地震が起きる可能性が高いように思います。


※参考:2003年の地震
2003年5月26日 三陸南地震(M7.0・震度6弱)
2003年7月26日 宮城県北部地震(M6.2・震度6強)
2003年9月20日 千葉県南部地震(M5.8・震度4)
2003年9月26日 十勝沖地震(M8.0・震度6弱)
計:4ヶ月0日
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR