新潟県魚沼市で蛾(ガ)大量発生

※「新潟県魚沼市で蛾(ガ)大量発生」
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498729455/l50

『 魚沼市内で、ガが大量発生している。夜間の照明に多く集まるため、近隣の住宅への影響を懸念して一部のスポーツ施設がナイター利用を中止するなど影響が出ている。

市によると、ガは17日ごろに確認されるようになった。柏崎市立博物館によると、ガはオビカレハとみられる。』


地震との関係は「あるような、ないような」感じですが、

調べると、
2013年と2014年に北海道道央
2014年に長野県


そして私が強く印象に残っているのは、
2008年の岩手県宮古市の大量発生です。

ドラマ「mother」

※ドラマ「mother」に夢中になっていました。


2010年のドラマです。

「虐待を受けていた女の子(芦田愛菜)を誘拐してしまう」というストーリーです。

私は映画やドラマを見て感動することはあっても、涙を流すことはまずありません。

しかし、このドラマでは何度も涙がこぼれました。

ただ、ぬるいラストにガッカリでした。
養女にしなきゃ!



(ドラマ「mother」挿入歌)

長野県南部でM5.6の地震

※今朝、長野県南部でM5.6(震度5強)の地震が発生し余震も続いています。
長野県南部


「第14ステージ」は、やはり地震活動が活発のようです。
※第14ステージ:
2017年5月27日 福井県沖地震(M5.0・震度2)
2017年6月20日 豊後水道の地震(M5.0・震度5強)
2017年6月25日 長野県南部の地震(M5.6・震度5強)

2017年9月27日
計:4ヶ月


近いうちに、さらに大きな地震が起きるかもしれません。

ただ「ペアとなる地震」は9月でよいと思います。
2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
2017年9月2?日 糸魚川-静岡構造線+相模トラフ連動地震(M9.2)?

2017年~2018年のホロスコープ

大惑星による、「2017年~2018年」の詳しいアスペクト(座相)を紹介しておきます。

■2016年11月~2017年2月:「木星と土星の六分(60度)」

■2016年12月~2017年3月:「木星と天王星の衝(180度)」
■2016年12月~2017年6月:「土星と天王星のトライン(120度)」

■2017年8月~9月中旬:「木星と土星の六分」
■2017年9月中旬~10月中旬:「木星と天王星の衝

■2017年11月~12月:「土星と天王星のトライン」
■2017年11月~12月:「木星と海王星のトライン」

■2018年5月~9月:「木星と海王星のトライン」
■2018年7月~11月:「土星と天王星のトライン」


注:赤=凶座相青=吉座相

見てのとおり、2017年前半は吉凶混合です。
(とはいえ吉座相の方が強い。)

唯一凶座相が支配的になるのは【2017年9月中旬~10月中旬】です。

そして2017年11月以降、吉座相が支配的になります。

なお2018年は皆既日食も金環日食もありません。

8月21日の皆既日食

※今年は8月21日にアメリカを中心とした皆既日食があります。
http://www.magarisugi.net/travel/post-1446/

この日食は、ある意味特別な日食です。
■ この日食の1サロス前が1999年8月11日の皆既日食
■ この日食の1サロス後が2035年9月2日の日本で見れる皆既日食


※参考:「サロス周期
『 サロス周期とは、日食や月食が起こる日を予測するのに用いられる周期である。1サロス周期は約18年11日8時間である。1サロスごとに太陽と地球と月が相対的にほぼ同じ位置に来るため、ある日食または月食から1サロス後には、ほぼ同じ条件の日食または月食が起こる。』

1999年8月11日の皆既日食の後には次の地震が起きました。
1999年8月17日 トルコ大地震(M7.6)
1999年9月21日 台湾大地震(M7.6)


地震と皆既日食が直接関係しているとは思いませんが、
象徴的な出来事ではあります。

ちなみに、
2016年4月16日 熊本地震(M7.3・震度7)
の約1ヶ月前、3月9日に皆既日食がありました。

豊後水道でM5.0の地震

※昨夜、豊後水道でM5.0(震度5強)の地震が発生しました。
豊後水道


あの辺りでは下の報告がありました。
6月1日 山口県光市の海岸に大量のイワシ
6月10日 宮崎市で「ユメゴンドウ」7頭打ち上げ


「第14ステージ」は地震活動が活発になりそうです。
※第14ステージ:
2017年5月27日 福井県沖地震(M5.0・震度2)
2017年6月20日 豊後水道の地震(M5.0・震度5強)

2017年9月27日
計:4ヶ月

ステージの規則性(検証)

「ステージの規則性」を紹介してきました。
第「0,3,6,9,12」ステージ: 大き目あり(9月~1月)
第「1,4,7,10,13」ステージ: より大きな地震(1月~5月)
第「2,5,8,11,14」ステージ: 全体的に小粒(5月~9月)


パターンに気づくと予想どおりに行きません。

※第13ステージ:(比較的静穏)
2017年1月28日 秋田県内陸南部(M5.0・震度3)
2017年2月28日 福島県沖地震(M5.7・震度5弱)
2017年5月27日 福井県沖地震(M5.0・震度2)
計:3ヶ月29日


ただ、例えば楽曲でもエンディングは変化するものです。

※第14ステージ:
2017年5月27日 福井県沖地震(M5.0・震度2)

2017年9月27日
計:4ヶ月

次は9月下旬

おそらく「第13ステージ」は、
先月の福井県沖地震(M5.0)で終りです。

※第13ステージ:
2017年1月28日 秋田県内陸南部(M5.0・震度3)
2017年2月28日 福島県沖地震(M5.7・震度5弱)
2017年5月27日 福井県沖地震(M5.0・震度2)
計:3ヶ月29日


「ステージの規則性」は使えない事が分かったので、
次に3.11東日本大震災(M9.0)の「ペアとなる地震」が起きる可能性があるのは【9月下旬】です。

※第14ステージ:
2017年5月27日 福井県沖地震(M5.0・震度2)

2017年9月27日
計:4ヶ月


「結局9月かよ!」という気持ちがあることも確かです。

※参考:9月の地震(と火山噴火)
2013年9月4日 鳥島近海の地震(M6.9・震度4深発)
2013年9月20日 福島県浜通りの地震(M5.9・震度5強)
2014年9月16日 茨城県南部の地震(M5.6・震度5弱)
(2014年9月27日 御嶽山噴火)
2015年9月12日 東京湾の地震(M5.2・震度5弱)
2016年9月23日 関東東方沖の地震(M6.5・震度1)
2016年9月26日 北海道・浦河沖の地震(M5.5・震度4)
2016年9月26日 沖縄本島近海の地震(M5.6・震度5弱)

2017年9月下旬のホロスコープ

期間としては短いですが、【2017年9月中旬~10月中旬】に「木星と天王星の衝(180度)」が完成します。

2017年9月27日
(2017年9月27日のホロスコープ)

ちなみに【2011年3月中旬~4月中旬】は「木星と土星の衝」でした。
(これも期間としては比較的短かった。)

中米でM6.9の地震

※本日午後、中米(メキシコ沿岸)でM6.9の地震が発生しました。
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20170614165501394-141629.html

メキシコ地震

地震活動が活発になってきました。
2017年5月29日 インドネシアの地震(M6.6)
2017年6月3日 アラスカの地震(M6.8)
2017年6月12日 ギリシャ沖の地震(M6.3)
2017年6月14日 メキシコ沿岸の地震(M6.9)


次は日本の番でしょう。

※第13ステージ:
2017年1月28日 秋田県内陸南部(M5.0・震度3)
2017年2月28日 福島県沖地震(M5.7・震度5弱)

2017年6月14日
(4ヶ月17日経過)

伊豆大島近海で群発地震

伊豆大島近海の群発地震はNHKニュースになっています。

※伊豆大島近海で地震相次ぐ「火山活動変化なし」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170613/k10011015521000.html

『 伊豆大島近海では12日、体に感じないものを含めると1日で350回余りの地震が発生し、島では震度2の揺れを2回、震度1の揺れを3回観測しました。この周辺では今年4月にも一時的に地震が増加し、この時は体に感じないものを含め1日に600回以上の地震が観測されました。』

伊豆大島近海

推移を見守りたいと思います。

ギリシャ沖でM6.3の地震

※「ギリシャ沖でM6.3、1人死亡」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000005-jij-eurp

『 エーゲ海で12日午後(日本時間同日夜)、マグニチュード(M)6.3の強い地震があった。

報道によると、ギリシャ東部のレスボス島で強い揺れが観測され、同島のブリサ村では建物の倒壊に伴い、がれきの中に閉じ込められた女性1人が死亡、10人が負傷した。

欧州地中海地震学センターによると、震源地はレスボス島南方約15キロの沖合で、震源の深さは約9キロ。揺れはトルコでも観測された。

ブリサ村では多くの住民が家を失い、救援部隊が持ち込んだテントの中で一夜を明かした。ギリシャ政府は専門家を現地に派遣し、被害状況の確認を急ぐ。』


また地震活動が活発になってきました。

「ユメゴンドウ」7頭 宮崎市で打ち上げ

※「砂浜に小型のクジラ「ユメゴンドウ」7頭 宮崎市で打ち上げ」
http://www.sankei.com/west/news/170610/wst1706100079-n1.html

『 宮崎市の宮崎空港に近い海岸で6月10日、小型のクジラ「ユメゴンドウ」7頭が砂浜に打ち上げられているのを海洋生物保護活動に携わるNPO法人メンバーが見つけた。体長はいずれも2メートルほどで、発見時に一部は生きていたものの、その後全て死んだのが確認された。』

6月1日には山口県光市(瀬戸内海側)の海岸に、大量のイワシが打ち上げられています。

それとの関連も気になります。

今のところ静かだが

地震は今のところ静かです。

しかし、6月1日に書いた内容に変更はありません。

『 6月20日頃までに、昨年の秋と冬に起きた3つの地震
2016年10月21日 鳥取県中部の地震(M6.6・震度6弱)
2016年11月22日 福島県沖地震(M7.4・震度5弱)
2016年12月28日 茨城県北部の地震(M6.3・震度6弱)

が束になってもかなわない程の地震(今年一番大きな地震)が起きると考えられる。』

※第13ステージ:
2017年1月28日 秋田県内陸南部(M5.0・震度3)
2017年2月28日 福島県沖地震(M5.7・震度5弱)

2017年6月20日
計:4ヶ月23日


起きなかったら私の予測は破綻です。

太陽黒点数情報

※太陽黒点数の情報が更新されていました。
http://swnews.jp/2017/swnews_1706051306.html

『 5月の黒点相対数は、18.8 でした。

4月の黒点数は、半年ぶりに30台に高まったのですが、
太陽活動の高まりは一時的で、その後は前と同じ状態に戻り、
グラフの中の5月のデータは、長期的な変化の線上に戻っています。

黒点が見えなかった黒点相対数 0 の日も7日と、
この1年間の平均的な日数に達しています。』


太陽黒点2017年5月


上のグラフを見ると、今が、
2004年12月26日 スマトラ沖地震(M9.1)
が起きたタイミングと、ほぼ同じである事が分かります。

前ぶれは数日前の可能性も

今のところ比較的静かです。

※第13ステージ:
2017年1月28日 秋田県内陸南部(M5.0・震度3)
2017年2月28日 福島県沖地震(M5.7・震度5弱)

2017年6月3日
(4ヶ月6日経過)


さて本震の前ぶれ地震ですが、
数日前に「ちょっとした地震」があるだけの可能性があります。

※参考:
1855年11月7日 遠州灘で地震 - M 7.0〜7.5。
1855年11月11日 安政江戸地震 - M 7.0〜7.1。
(4日)

2003年9月20日 千葉県南部地震(M5.8・震度4)
2003年9月26日 十勝沖地震(M8.0・震度6弱)
(6日)

2015年5月25日 埼玉県北部の地震(M5.5・震度5弱)
2015年5月30日 小笠原西方沖の地震(M8.1・震度5強)
(5日)

6月になった

6月になりました。

6月は上旬に前ぶれ地震、中旬に本震(今年一番大きな地震)があると考えています。

例えば、
※第13ステージ:
2017年1月28日 秋田県内陸南部(M5.0・震度3)
2017年2月28日 福島県沖地震(M5.7・震度5弱)

2017年6月上旬 前ぶれ地震
2017年6月15日 本震(今年一番大きな地震)
計:4ヶ月18日


なお本震では、
「第12ステージ」で起きた3つの地震が束になってもかなわない程の地震が起きると考えられます。

※第12ステージ:
2016年10月21日 鳥取県中部の地震(M6.6・震度6弱)
2016年11月22日 福島県沖地震(M7.4・震度5弱)
2016年12月28日 茨城県北部の地震(M6.3・震度6弱)

※「ステージの規則性」
第「0,3,6,9,12」ステージ: 大き目あり(9月~1月)
第「1,4,7,10,13」ステージ: より大きな地震(1月~5月)
第「2,5,8,11,14」ステージ: 全体的に小粒(5月~9月)


※参考:
※第3ステージ:
2013年10月26日 福島県沖地震(M7.1・震度4)
※第4ステージ:
2014年3月14日 伊予灘の地震(M6.2・震度5強)
2014年5月5日 伊豆大島近海の地震(M6.0・震度5弱)

※第6ステージ:
2014年11月22日 長野県北部の地震(M6.7・震度6弱)
※第7ステージ:
2015年5月30日 小笠原西方沖の地震(M8.1・震度5強)

※第9ステージ:
2015年11月14日 薩摩半島西方沖の地震(M7.1・震度4)
2016年1月14日 北海道・浦河沖の地震(M6.7・震度5弱)

※第10ステージ:
2016年4月16日 熊本地震(M7.3・震度7)
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR