太陽黒点数と地震の関係

太陽黒点数のグラフが更新されていました。
http://swnews.jp/2017/swnews_1704111242.html

黒点数2017年3月

太陽黒点数の極小期が近づいてきたのが分かります。

また、
2004年12月26日 スマトラ沖地震(M9.1)
が起きたタイミングと、ほぼ同じです。

それと現在の黒点数の推移は1800年前後の推移と似ているのだそうです。
http://pixy10.org/archives/605799.html
黒点数推移ダルトン極小期との比較

※参考:「太陽黒点数と地震の関係」
■ 極大期には、大地震が起こりやすい。
■ 減少期と極小期には、巨大地震が起こりやすい。
■ 増加期は比較的穏やか。

■ おそらく桁外れの巨大地震は「減少期」に起こりやすい。