チリ沖でM6.9の地震

※今朝チリ沖でM6.9の地震が発生しました。
チリ2017年4月25日


約3ヶ月間、世界的に地震活動は穏やかでしたが、この地震をキッカケに活発になるのではないかと思います。

なお「チリ,ペルーの地震」は意外と日本の地震と関係が深い。
2011年1月3日 チリ沖の地震(M7.1)
2011年2月12日 チリ沖の地震(M6.8)

2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)


それと「チリで巨大地震が起きた約一年後に日本でも巨大地震が起きるという法則?」は、まだ未成就です。

2010年2月27日 チリ沖の地震(M8.8)

2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2014年4月1日 チリ沖の地震(M8.2)

2015年5月30日 小笠原西方沖の地震(M8.1)

2015年9月16日 チリ沖の地震(M8.3)

2017年6月○日 糸魚川-静岡構造線+相模トラフ連動地震(M9.2)?

「2035年9月~2036年3月」のホロスコープ

前に紹介した太陽黒点数の予測ですが、
黒点数推移ダルトン極小期との比較

これを見ると2030年代中盤で黒点数が底になることが分かります。

※それで思い浮かぶのは2035年9月2日の皆既日食です。
http://eclipse-navi.com/ichiran/nendai/2030to2039/2035.html
(日本で見られる非常に条件のよい皆既日食)

その上【2035年9月~2036年3月】の期間、「木星と土星のスクエア(90度)」が成立します。

つまり「この期間のどこかで大震災が起きるのではないか」という事です。

そして、それは先日紹介した2022年より可能性が高いように思えます。

日食帯
(2035年9月2日の日食帯)

ファティマの聖母②

今年の5月13日でファティマに聖母が現われて、ちょうど100年になることを紹介しましたが、

この日に「第三次世界大戦」が始まると予言している人がいるようです。

※自称「神のメッセンジャー」は、「ファティマの聖母出現のちょうど100年後に第三次世界大戦が始まる」と述べた ……
それは2017年5月13日」

http://indeep.jp/13-may-2017-is-the-day-of-100-th-anniversary-of-our-lady-fatima/

『 ドナルド・トランプ氏がアメリカの大統領になることを正確に予言したと主張するひとりの神秘主義者が、第三次世界大戦が始まる正確な日付けを予測している。

「神のメッセンジャー」と自称するホラシオ・ヴィレガス(Horacio Villegas)氏は、ファティマの聖母が最初に現れた日の 100周年の日に核戦争が勃発すると確信している。

英国デイリースターによれば、この自称予言者は、アメリカ大統領選でトランプ氏が優位に立つ見通しを 2015年に立てていたという。

伝えられるところでは、第三次世界大戦は、億万長者のビジネスマンで「イルミナティの王」になるであろう人物により導かれると、この人物は語ったという。

それ以前に、彼の預言の一つはすでに実現したように見える。ヴィレガス氏は、アメリカの指導者がシリアを攻撃すると警告していたのだ。そして、アメリカは今月、シリアに対して、ホムスの空軍基地に大規模な攻撃を行った。

この人物はまた、ロシア、北朝鮮、中国は、致命的な世界紛争に導かれるだろうと予言している。

そして、それが起きるとすれば、その時期は、あと数週間後に迫っているというのだ。』


とにかく今年の5月は何かありそうです。

これまでの地震

2017年に起きた地震をまとめておきますと、、、

日本では、
2016年12月28日 茨城県北部の地震(M6.3・震度6弱)
以降、大した地震は起きていません。

これは「大きな地震は【5月~6月上旬】に集中する」とする私の予想どおりの展開です。

また世界的には、
2017年1月22日 ソロモン諸島の地震(M7.9)
以降、M7超はもちろんM6後半でさえ、
2017年3月29日 カムチャッカ半島沿岸(M6.6)
しか起きていません。

つまり現在、地球規模の静穏期であることが分かります。

しかし、この静けさが、
逆に不気味だと考えるのは私だけではないでしょう。

2017年の星占い

2017年は10月まで、ゆるい「木星と天王星の衝(180度)」で推移します。

2017年10月に凶座相がピークを迎えたあと、11月以降急速に吉座相に変化します。
(「木星と海王星のトライン(120度)」「土星と天王星のトライン」)

それは「今年の10月まで嵐で、その後急速に晴れ間が広がる」といった印象です。

2017年10月1日
(2017年10月1日のホロスコープ)

そして、そのあと2018年は落ち着いた座相が続きます。

2016年~2018年のホロスコープ

前にも紹介しましたが、
2016年~2017年のホロスコープ(凶座相)です。

■2016年3月~6月:「木星と土星のスクエア(90度)」
■2016年4月~6月:「木星と海王星の衝(180度)」
■2016年5月~10月:「土星と海王星のスクエア」
■2016年12月~2017年3月:「木星と天王星の衝」


ただし、これは【誤差±5度】とした場合で、条件を緩めると「木星と天王星の衝」は2017年10月まで続きます。

それで一連の凶座相は一段落です。

そして2018年のホロスコープは吉座相が支配的になります。
■2018年5月~9月:「木星と海王星のトライン(120度)」
■2018年6月~11月:「土星と天王星のトライン」


したがって2018年は落ち着いた年になることが予想されます。

2018年6月1日
(2018年6月1日のチャート)

2022年を考える

昨日紹介した太陽黒点数の予測です。
黒点数推移ダルトン極小期との比較

これを見ると2022年頃、黒点数が底になることが分かります。
(2022年は五黄土星の年、
「2022年8月~11月」の期間、土星と天王星のスクエア(90度)


つまり2022年は大震災の可能性があります。

ただし2022年に大地震が起きたとしても、2011.3.11東日本大震災(M9.0)のペアとなる地震とは別です。

一対となる地震の間隔が11年もあく事はないからです。

太陽黒点数と地震の関係

太陽黒点数のグラフが更新されていました。
http://swnews.jp/2017/swnews_1704111242.html

黒点数2017年3月

太陽黒点数の極小期が近づいてきたのが分かります。

また、
2004年12月26日 スマトラ沖地震(M9.1)
が起きたタイミングと、ほぼ同じです。

それと現在の黒点数の推移は1800年前後の推移と似ているのだそうです。
http://pixy10.org/archives/605799.html
黒点数推移ダルトン極小期との比較

※参考:「太陽黒点数と地震の関係」
■ 極大期には、大地震が起こりやすい。
■ 減少期と極小期には、巨大地震が起こりやすい。
■ 増加期は比較的穏やか。

■ おそらく桁外れの巨大地震は「減少期」に起こりやすい。

映画「デッドゾーン」

スティーブンキング原作の1983年の映画にデッドゾーンがあります。

主人公が交通事故のあと人の未来が見えるようになるという話です。

この映画の中で「あるアメリカ大統領候補が大統領就任後、核ミサイルのボタンを押す」という未来を見てしまう場面があります。

その大統領候補、ちょっとトランプ大統領に似ているのです。


(my destiny)

今のキナ臭さを見て思い出しました。

「ガス臭い」東京、千葉の広範囲で通報

※「ガス臭い」東京、千葉の広範囲で通報 ガス漏れは確認されず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000540-san-soci

『 4月8日午後4時半から5時半ごろにかけて、東京都江戸川区や千葉県の市川市、松戸市の消防当局などに「ガスの臭いがする」という内容の通報が相次いだ。

江戸川区内の通報は東京消防庁に十数件、東京ガスに100件以上あり、臨海部の葛西地区周辺に集中していた。市川市消防局には同市西部の住民から十数件、松戸市消防局には同市南部の住民から5件の通報があったという。

各消防当局が現場を調査したが、ガス検知器の数値に異常は確認されなかった。東京ガスの調査でも、午後6時時点でガス漏れは確認できておらず「一過性の臭気」とみており、詳しい原因は調査中としている。』


ちょっと不気味です。

桜島噴火と昨日のイランの地震

※「桜島で今年3回目の噴火 鹿児島市街地で降灰(4月4日)」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00022454-mbcnewsv-l46

※「イランでM6・1地震、2人死亡…米地質調査所(4月5日)」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00050081-yom-int

2017年4月4日 桜島噴火
2017年4月5日 イラン北東部の地震(M6.1)


海外の被害地震と桜島噴火のセットは過去にもありました。
2009年4月6日 イタリア中部の地震(M6.3)
2009年4月9日 桜島噴火

2016年2月5日 桜島噴火
2016年2月6日 台湾南部地震(M6.6)


いずれも日本の地下活動が活発になる前兆でもありました。

焼山の活発な噴気活動が一区切り

※焼山の活発な噴気活動が一区切り 火山学者が「小規模な水蒸気噴火だった」と結論
https://www.joetsutj.com/articles/81363862

『 2016年に小規模な噴火が確認された新潟焼山(2400m)を継続的に観測している新潟県妙高市渋江町の火山地質学者、早津賢二氏(72)は、この冬も目立った活動がなかったことから、上越タウンジャーナルの取材に「活発な噴気活動は、一応一区切りついたとみられる」と話した。また、2016年9月に山頂一帯の調査を行い、火山灰を分析した結果、「噴火は小規模な水蒸気噴火であり、噴石を伴う顕著な爆発はなかった」と結論づけた。』

焼山の火山活動が最も注目されたのは「2016年の夏」でしたが、
結局あの時がピークだったようです。

そうなると今一番怪しい火山は、やはり「浅間山」です。

浅間山
(浅間山の位置)

4月になった

4月になりました。

2月~3月は予想どおり大した地震は起きませんでした。

やはり「第13ステージ」は、
後半に大きな地震が集中すると考えられます。

※第13ステージ:
2017年1月28日 秋田県内陸南部(M5.0・震度3)
2017年2月28日 福島県沖地震(M5.7・震度5弱)

2017年5月28日
計:4ヶ月


4月ですが、
前ぶれ的な群発地震が起きるのではないかと思います。