3月のホロスコープ

※2016年のホロスコープに注目している方は、私以外にもいます。
https://twitter.com/sawakikasumi/status/702764373673009153

『 年頭でも予言しましたが 3月は大地震があると見込んでおります。 3/9,15~6の座相は既に述べましたが 3/2は月&土星の合で、それに対し 太陽海王星、木星が矩でTスクェア。 とにかく3月は星回りが悪いと。』

とにかく「3月」です。

2016年3月9日
(2016年3月9日のチャート)

ニュージーランドでM5.8の地震

昨日、NZのクライストチャーチでM5.8の地震があり、意外と話題になっています。

2011年
・年明け早々おせちで大騒ぎ(飲食)
・与党(民主党)原因で政治混乱
・NZで地震 (2月)
・九州新幹線開通
3.11は金曜日

2016年
・年明け早々みのりフーズで大騒ぎ(飲食)
・与党(自民党)原因で政治混乱
・NZで地震 (2月)
・北海道新幹線が開通
3.11は金曜日


なので、3月1日にupするつもりだった記事を前倒しで紹介します。

まずは、「ペアとなる地震」の間隔には偏(かたよ)りがあり、同月発生が4例と一番多い。
1495年9月12日 明応の関東地震(相模トラフ地震)
1498年9月20日 明応地震(南海トラフ地震)
(3年)

1854年12月23日 安政東海・東南海地震 - M 8.4、
1854年12月24日 安政南海地震 - M 8.4、
(1日)

1918年9月8日 択捉島沖地震 - M 8.0(Ms 8.2、Mt 8.5)、
1923年9月1日 大正・関東大震災 - M 7.9(Ms 8.2、Mt 8.0)
(5年)

1944年12月7日 昭和・東南海地震 Mj 7.9(Mw 8.2)、
1946年12月21日 昭和・南海地震、Mj 8.0(Mw 8.4)、
(2年)


よって、
2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
2016年3月○○日 ペアとなる地震(M9.0±0.2)?
(5年)


また「明治三陸地震」以降、日本で千人以上の犠牲者が出た地震は、3の倍数の月(3月,6月,9月,12月)と1月しか起きていない。

【3月】
1927年3月7日 北丹後地震(M7.3)犠牲者:2,925人
1933年3月3日 昭和三陸地震(M8.1)同:3,064人
2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)同:1万9000人

【6月】
1896年6月15日 明治三陸地震(M8.2)同:2万1,959人
1948年6月28日 福井地震(M7.1)同:3,769人

【9月】
1923年9月1日 関東大震災(M7.9)同:10万5,385人
1943年9月10日 鳥取地震(M7.2)同:1,083人

【12月】
1944年12月7日 昭和東南海地震(M7.9)同:1,223人
1946年12月21日 昭和南海地震(M8.0)同:1,443人

【1月】
1945年1月13日 三河地震(M6.8)同:2,306人
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)同:6,437人


そして木星と土星のスクエア(90度)は、すでに(3月1日時点で)始まっています。(これは6月まで続く)
2016年3月1日
(2016年3月1日のホロスコープ)

アスペクトの説明

今さらですが、
アスペクト(惑星同士の特別な角度)について説明します。

コンジャンクション(合)0度 : 吉凶混合
オポジション(衝)180度 : やや凶
トライン(三分)120度 : 大吉
スクエア(矩)90度 : 凶
セクスタイル(六分)60度 : 中吉


それと、うろ覚えで記憶も曖昧ですが、
「地球から見て二つの惑星が120度の角度を取るとき電波の状態が一番良好で、90度のとき電波に障害が生じる。だから星占いには根拠がある」
というのをずっと前に聞くか見るかした記憶があります。

つまり、惑星として飛び抜けて大きい木星と土星の影響力は大きい、ということ。


惑星

阪神大震災のときのホロスコープ

※阪神大震災のときのホロスコープを調べてみました。
1995年1月17日
(1995年1月17日のチャート)

見てのとおり木星と土星がスクエア(90度)であることが分かります。
(スクエアの期間は「1994年12月下旬~1995年4月」)

やはり今年の「3月~6月」は危険ではないかと思います。

ちなみに2011.3.11東日本大震災のときは、「3月中旬~4月中旬」が木星と土星の衝(180度)でした。


今年は大転換の年になるかもしれません。

「諸世紀」第5巻41番
暗い日陰の身に生まれ
卓越した統治力と寛大さを持っている
いにしえの王国の、彼の血筋をよみがえらせ
青銅の世紀を 黄金の世紀に変えるであろう

二つめの千年紀、王の息子が世紀の変わり目に
雷鳴とどろくなか、万人の前に姿を現わす
怒り、戦争と疫病のガレキ、罪
魚は長き眠りののち、再び力を取り戻す
(ナンバー不明)


※注:四行目の解釈は、“魚”で象徴される「原始キリスト教」を復活させるということ。

3月9日の皆既日食

※3月9日に皆既日食があり、
日本でも全国的に部分日食が見れます。

http://homepage2.nifty.com/turupura/nissyoku/201603/menu.html

日食と地震が関係があるとは思いませんが、
象徴的な感じがします。

昨日は台湾で大きな地震があったりと、
「2011年に似てきた」と思うのは私だけではないでしょう。

なお3月から、曜日の並びが2011年と同じになります。

(2016年3月9日のホロスコープもキツイです。)
2016年3月9日

2016年のホロスコープ

一昨日、2016年のホロスコープについて次のように書きました。

2016年「3月~6月」の期間、
木星と土星のスクエア(90度)、木星と海王星の衝(180度)、土星と海王星のスクエア(90度)』


これに加えて、土星と海王星のスクエア(90度)は10月まで続きます。

つまり2016年は「激動と変革の年」になることが予想されるのです。

もし平穏に過ぎれは星占いは意味のない事になります。

2016年6月5日
(2016年6月5日のホロスコープ)

神奈川県東部でM4.6の地震

※本日午前、神奈川県東部でM4.6(震度4)の地震が発生しました。
神奈川県東部

このところ印象に残る地震が続いています。
今の「第10ステージ」の地震活動は活発のようです。

※第10ステージ:
2016年1月14日 北海道・浦河沖の地震(M6.7・震度5弱)
2016年2月2日 岩手県沖地震(M5.7・震度4)
2016年2月3日 トカラ列島近海の群発地震
2016年2月5日 神奈川県東部の地震(M4.6・震度4)

2016年5月14日
計:4ヶ月


やはり「3月」は要警戒でしょう。

「3月~6月」のホロスコープ

※「3月~6月」のホロスコープが、なかなかタイトです。
http://www.moonlabo.com/cafe/moon/?OpDv=p11151600

【土星】
3月には木星土星矩(スクエア)の配置となり、これは6月ぐらいまで続きます。木星と土星のアスペクトは景気を判断するサイクルをあらわすとされていますが、木星土星矩(スクエア)は不況の配置とされるため、景気の回復はないとみます。

【海王星】
海王星と乙女座の木星は6月ぐらいまで緩い衝(オポジション)をとっており、海王星と土星は矩(スクエア)の配置となります。海王星と木星の衝(オポジション)は、理想を求めますが、海王星と土星の矩(スクエア)は、理想と現実のバランスを取るのは困難な状況と考えられます。 』


要は「3月~6月」の期間、木星と土星のスクエア(90度)、木星と海王星の衝(180度)、土星と海王星のスクエア(90度)です。

6月上旬には「太陽,木星,土星,海王星」でグランドクロスが完成しますが、

まずは3月中旬のホロスコープがキツイです。

2016年3月15日
(2016年3月15日のホロスコープ)

2月になった

2月になりました。

※第10ステージ:
2016年1月14日 北海道・浦河沖の地震(M6.7・震度5弱)

2016年5月14日
計:4ヶ月


2月の「上旬~中旬」は、日本周辺で大した地震は起きないと思います。
ただ「下旬」は、本震の前ぶれがあるかもしれません。

※「1月の地震」を整理しておくと、
2016年1月4日 インド北東部の地震(M6.7)
2016年1月14日 北海道・浦河沖の地震(M6.7)
2016年1月24日 アラスカの地震(M7.1・深発)
2016年1月30日 カムチャツカ半島の地震(M7.2・深発)


やはり昨年から大きな地震が多いと思います。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR