大地震の前は暑い(今年の5月)

このところ過ごしやすい日が続いていますが、

※今年の5月が、記録的な暑さだったことを覚えているでしょうか。
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/y_fukamizu/2015/05/18/24381.html

『 【2015年5月の東京 歴史的な気温の高さ】
どのくらい今年の気温が高いかというと、今年は、なんと1876年以降の140年間と比べても断トツの気温の高さだったのです。』


これは、「3月11日より早い時期に地震のピークが来る」ことを意味しているのかもしれません。

2015年5月

最高気温の平均

5年が目安②

一昨日、『「ペアの地震」にしろ「被害地震」にしろ、その間隔は5年以内が一応の目安』と書きました。

1854年 7月9日 伊賀上野地震 - M 7 1⁄4±1⁄4、
1854年12月23日 安政東海地震 - M 8.4、
1854年12月24日 安政南海地震 - M 8.4、
1855年 3月18日 飛騨地震 - M 6.8、
1855年11月11日 安政江戸地震 - M 7.0〜7.1、
1858年 4月9日 飛越地震 - M 7.0〜7.1、
(3年8ヶ月)


1943年9月10日 鳥取地震(M7.2)
1944年12月7日 昭和東南海地震(M7.9)
1946年12月21日 昭和南海地震(M8.0)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)
(4年9ヶ月)


このように、震災は続く傾向があります。
そして、その期間の目安は「5年」です。

つまり、
2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
という、海溝型の巨大地震が起きてしまったのだから、

その5年以内(2016年3月11日まで)に、最低でも「百人以上の犠牲が出る地震」が起きない方が不自然だと思います。

5年が目安

「ペアの地震」にしろ「被害地震」にしろ、その間隔は5年以内が一応の目安のように思えます。

1918年9月8日 択捉島沖地震 - M 8.0(Ms 8.2、Mt 8.5)、
1923年9月1日 大正・関東大震災 - M 7.9(Ms 8.2、Mt 8.0)
(4年11ヶ月24日)

1891年10月28日 濃尾地震 - M 8.0、
(1894年3月22日 根室半島沖地震 - M 7.9(Mt 8.2)、)
(1894年6月20日 明治東京地震 - M 7.0、)
(1894年10月22日 山形県庄内地震 - M 7.0、)
1896年6月15日 明治三陸地震 - M 8.2〜8.5、
(4年8ヶ月)


そして5年を過ぎると、「6年後」以降になるよう思えます。

1605年2月3日 慶長地震
1611年12月2日 慶長・根室沖地震
(6年10ヶ月)

1952年3月4日 十勝沖地震 - Mj 8.2(Mw 8.2)、
1958年11月7日 択捉島沖地震 - Mj 8.1(Mw 8.3)、
(6年8ヶ月)

1847年 5月8日 善光寺地震 - M 7.4、
1854年 7月9日 伊賀上野地震 - M 7 1⁄4±1⁄4、
(7年2ヶ月)


したがって当面この冬が、本震が起きる最後のタイミングで、

2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
2015年12月○○日 本震?
(4年9ヶ月)


この冬でなかったら、しばらく大した地震は起きないんじゃないかと思います。

日向灘でM5.2の地震

※今朝、日向灘でM5.2(震度4)の地震が発生しました。
日向灘0826

2014年3月14日 伊予灘の地震(M6.2)
以降、九州・四国で地震が多くなっているような気がします。

※第8ステージ:
2015年5月30日 小笠原西方沖の地震(M8.1)
2015年6月16日 浅間山の小規模噴火
2015年6月23日 小笠原西方沖の地震(M6.9・余震)
2015年6月29日 箱根山の小規模噴火(約800年ぶり)
2015年7月7日 北海道東方沖地震(M6.2)
2015年7月10日 岩手県沿岸北部の地震(M5.7・震度5弱)
2015年7月13日 大分県南部の地震(M5.7・震度5強)
2015年8月26日 日向灘の地震(M5.2・震度4)

2015年9月30日
計:4ヶ月
(地震と火山活動は活発だが小粒)


ただ、地震や火山噴火が注目されるようになるのは、
「9月後半から」ではないかと思います。

10月の火山噴火

一昨日「10月に桜島の大噴火があるかも」と書きました。

その根拠ですが、
それは「区切りの地震」に誘発された「火山噴火」です。

つまり、
※第9ステージ:
2015年10月上旬 「区切りの地震」(第9ステージの始まり)
2015年10月中旬or下旬 「桜島の噴火?」


ただし、10月中にそれなりの規模の火山噴火があるのは間違いないと思いますが、桜島とは限りません。

なお、偶数ステージである現在の「第8ステージ」は穏やかですが、

奇数ステージである、次の「第9ステージ」は激しいものになりそうです。

桜島の火口の底に「ふた」

※「桜島の火口の底に「ふた」 爆発力増すおそれ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000016-asahi-soci

『 8月15日に噴火警戒レベルが3(入山規制)から4(避難準備)に引き上げられた鹿児島市の桜島では、昭和火口の底に噴出物がたまり、「ふた」のように火口をふさいでいることが確認されている。朝日新聞が15日午後に上空から撮影したところ、ふたの周囲から白いガスが噴き出していた。専門家は、ふたによって内部の圧力が高まり、より爆発的な噴火につながる可能性があると指摘している。』

「ふた」を吹き飛ばすには相当の爆発力が必要です。
やはり噴火は、10月の可能性が高いのではないかと思います。

「りんごあめ」さんの予知夢

※昨年の「御嶽山の噴火」を当てた、「りんごあめ」さんの地震の夢は寒い時期でした。
http://425.teacup.com/tm5193/bbs/3378

地震速報の夢 投稿者:もも(このあと「りんごあめ」に変更) 投稿日:2014年 9月 3日(水)03時50分29秒
今まで観た夢を書き残します。
次に来る大地震は、まず千葉県、房総半島から揺れ次に東京直下。夢の中では、もう周りは焼野原。空襲で焼けた後並の被害。ぼろぼろになった服を着た人達がうなだれて歩いてる。東京駅?も破壊。次に西日本が地震。季節は秋から冬。避難した人は焚き火をしてる。

最近、観た新しい夢はニュースキャスターが画用紙に[関]の漢字が書かれてるのを見せて「震度6です」って叫んでる夢です。』


そして、その後次のような発言が、
http://425.teacup.com/tm5193/bbs/3490

予知夢 投稿者:りんごあめ 投稿日:2014年 9月28日(日)04時59分12秒
予知夢になる時期は、早くて夢を観て次の日もあるし10年後、夢と同じ光景になる時も有ります。リアル過ぎて鮮明に覚えているのと、夢のキーワードにカレンダーの日付やテレビの中のニュースの夢は正夢になりやすいです。』

本震予想(時期の絞り込み)

「12月の本震・予想」の時期を絞り込めそうなので紹介します。

※第3ステージ:
2013年9月4日 鳥島近海の地震(M6.9・深発)
2013年9月20日 福島県浜通りの地震(M5.9)
↓(36日後)
2013年10月26日 福島県沖地震(M7.1)

※第6ステージ:
2014年9月16日 茨城県南部の地震(M5.6・震度5弱)
2014年9月27日 御嶽山噴火
↓(56日後)
2014年11月22日 長野県北部の地震(M6.7・震度6弱)


このようにステージが始まって、最初の大き目の地震(火山噴火)のあと、1ヶ月以上2ヶ月未満で大きな地震が起きているのが分かります。

すなわち、
※第9ステージ:
2015年10月上旬 区切りの地震
2015年10月中旬or下旬 桜島の噴火?
↓(1ヶ月以上2ヶ月未満)
2015年11月下旬~12月下旬 本震?


いずれにしても、10月の火山噴火が鍵になりそうです。

桜島噴火の予想

桜島の噴火は埒(らち)が明かなくなったようなので、
一応、私の予想を書いておきます。

さて、
※第6ステージ:
2014年9月16日 茨城県南部の地震(M5.6・震度5弱)
2014年9月27日 御嶽山噴火


このように9月16日の「区切りの地震」が引き金になって、9月27日の「御嶽山の噴火」が起きたと見ることが出来ます。

したがって、次のように予想しされます。
※第9ステージ:
2015年10月上旬 「区切りの地震」
2015年10月中旬or下旬 「桜島の噴火」

桜島「噴火警戒レベル4」に引き上げ

※桜島で大規模噴火の可能性があるとして、
本日、「噴火警戒レベル4(避難準備)」に引き上げられました。


報じられている情報によると切迫しているように思えます。

ただ私の予想では、「まだ大規模な噴火はない」という事になっています。

さて、どちらに転ぶのでしょうか。

今日の地震

今日は中規模地震が続きます。
8月14日13時43分頃 十勝地方中部 M5.1 震度4
8月14日05時13分頃 福島県沖 M5.0 震度4
(「第8ステージ」)


しかし昨年夏の地震と比較すると、今年の方が一回り小さい。

やはり「偶数ステージ」と「奇数ステージ」の違いではないかと思います。
(「奇数ステージ」は活動が激しく、「偶数ステージ」は穏やか)

※昨年夏の地震:(「第5ステージ」)
2014年6月8日 岩手県沿岸南部(M5.2・震度4)
2014年6月15日 岩手県内陸南部(M5.5・震度4)
2014年6月16日 茨城県沖(M5.6・震度3)
2014年6月16日 福島県沖(M5.8・震度4)
2014年6月17日 房総半島南方沖(M5.3・震度3)

2014年6月29日 硫黄島近海の地震(M6.2・震度3)
2014年7月1日 小笠原の地震(M6.1・深発)
2014年7月5日 岩手県沖地震(M5.9・震度5弱)
2014年7月8日 北海道石狩地方南部(M5.8・震度5弱)

2014年7月12日 福島県沖地震(M6.8・震度4)
2014年7月21日 択捉島沖の地震(M6.2・震度3)
2014年8月3日 口永良部島・新岳の噴火
2014年8月10日 青森県東方沖の地震(M6.1・震度5弱)
2014年8月29日 日向灘の地震(M6.1・震度4)
2014年9月3日 栃木県北部の地震(M5.1・震度5弱)

村井氏の地震予測

村井氏の地震予測が話題になっています。

「MEGA地震予測創設以来初 南関東警戒レベルを最大に引き上げ」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150810-00000022-pseven-soci

以前は私のブログでも取り上げていましたが、
警戒範囲が広いのと、
あまり当たっているとは思えないこと、

そして「変動と呼ばれるものは、ただのノイズではないか」という指摘もあり、興味を失いました。

ついでに言うと、クッシー(串田氏)の予測
推定規模:M7.8±0.5
推定時期:8月14日~17日

というのもありますが

これも、どうでもよいです。

8月11日大地震説

明日8月11日に大地震が起きると噂になっています。
http://matome.naver.jp/odai/2143675037776004101

92: 本当にあった怖い名無し:2011/08/31(水)14:42:34.37ID:J+G26Ffvi
昨日の深夜の話なんだけどさ、ラジオ聞いてた。
んでちょうど日付変わる頃にさ、いきなり混線し始めた。古いタイプのラジオだからすぐチューニングがズレる。
たまに韓国だか北朝鮮だかの電波捉えたりすることもある。でも昨日は違った。
「8月31日月曜日になりました。引き続き11日に起こった関東東海大地震の情報をお伝えします」
ん?まだ東北の地震の事言ってんのかと思ったら違った。
「関東東海大地震?」
だけどものの1分くらいで放送は途切れ、通常の放送に戻った。おんなじ放送聞いた人いないかな?
夢だといいんだけど...

95:本当にあった怖い名無し:2011/08/31(水)16:29:19.20ID:0ajdbpNk0
8月31日が月曜日になるのは次は2015年だね

96:本当にあった怖い名無し:2011/08/31(水)16:56:31.38ID:b71HF8Dk0
じゃあ4年後か 』


色々と見つけてくるものです。

冬の予言は今のところ「妹の予言」くらいしかないですが、
時期が来たら出てくるのでしょうか。

TPP 閣僚会合、月内開催を断念

※「TPP 閣僚会合、月内開催を断念 政府、日程調整つかず」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150806-00000005-fsi-bus_all

『 政府は6日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉について、月内の閣僚会合開催を断念する方針を固めた。7月末の米ハワイでの閣僚会合後、8月中の再度開催を目指すとしていたものの、

新薬のデータ保護期間や乳製品の市場開放をめぐる各国の利害対立を限られた時間で乗り越えるのは困難だと判断したもようだ。9月以降の開催を目指して各国と調整を図るが、先行きは見通せない。

「TPP交渉参加国のうち複数が夏休みに入っており、連絡が取れない。月内の大筋合意にはとても間に合わないだろう」

政府高官は、ため息交じりにうなだれた。』


予想どおりですが、
それにしても、TPPに日本が一番積極的というのは、どういう事?

tpp1

映画「クロムウェル 英国王への挑戦」

※映画「クロムウェル 英国王への挑戦」


例の「ピューリタン革命・クロムウェル」の生涯を描いた映画です。
とても良かったです。

権力には溺れなかったものの、国王以上の恐怖政治を敷くとは。

大地震の前は暑い(+)

猛暑が話題になっています。
そして「大地震の前は暑い」とよく言われます。

それで、ふと思って注目したのが、その前年の夏の天候です。

すなわち、
1993年 冷夏
1994年 猛暑

2009年 雨が多く過ごしやすい夏
2010年 猛暑

2014年 雨が多く過ごしやすい夏
2015年 猛暑


このように、「猛暑だけ」が大地震の前兆ではなく、
「過ごしやすい夏と猛暑」のセットが大地震の前兆なのかもしれません。

猛暑熱帯夜
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4350.html

<奈良公園>真っ赤な水草大量発生

※「<奈良公園>真っ赤な水草大量発生 周辺の池、猛暑影響か」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150804-00000035-mai-soci

『 奈良市の奈良公園周辺の池で今月に入り、真っ赤な水草が大量発生し観光客らを驚かせている。最高気温が連日35度以上のため、公園を管理する県は「高温の影響なのか……」と困惑し、景観などへの影響を考慮して除去を始めた。』

真っ赤な水草


※そういえば2010年5月に、「高知県土佐清水市の大岐浜の海水が赤く染まる」という現象がありました。↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/60c801a8a3ab4d2b6923bb9aabf44108

『 高知県土佐清水市の大岐浜で、海水が赤く染まる現象が続いている。
イギスと呼ばれる紅色の海藻が潮の流れで集まったため。赤潮とは違って無害で、刺し身のツマなど食用にもなるが、見た目は血で染まったようにも見える。徳島県から訪れたサーファーは「赤潮かと思った。少し気味が悪い」と話していた。』


赤く染まる

今思うと下の現象は、東日本大震災(M9.0)を暗示していたのかもしれません。

8月になった

8月になりました。

※第8ステージ:
2015年5月30日 小笠原西方沖の地震(M8.1)
2015年6月16日 浅間山の小規模噴火
2015年6月23日 小笠原西方沖の地震(M6.9・余震)
2015年6月29日 箱根山の小規模噴火(約800年ぶり)
2015年7月7日 北海道東方沖地震(M6.2)
2015年7月10日 岩手県沿岸北部の地震(M5.7・震度5弱)
2015年7月13日 大分県南部の地震(M5.7・震度5強)
2015年7月30日 諏訪之瀬島・御岳の小規模噴火

2015年9月30日
計:4ヶ月
(地震と火山活動は活発だが、全体的に小粒


7月の地震と火山噴火は比較的穏やかでしたが、
8月も同じような傾向だと思います。

TPP交渉、大筋合意見送り

TPPの大筋合意が見送られました。

私としては、日本国内で完結している「安保法案」より、
入ったら抜けられないTPPの方が心配でした。

とりあえず良かったと思います。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR