村井氏の地震予測

村井氏の、新しい地震予測が紹介されています。

※「年明け早々、東北の日本海側が大地震に見舞われる」↓
http://i.imgur.com/JEWGRz5.jpg

※村井氏本人の解説では、↓
https://twitter.com/sh1939murai/status/549669883479216128

『 昨日、日刊ゲンダイの新春特別号で「年明け早々東北の日本海側で大地震に見舞われる」という見出しで記事が掲載されました。
根拠として東北地方累積変位段彩図をカラーで掲載していただきました。奥羽山脈から日本海側が異常に沈降しています。
当たるか否かは不確実ですが異常なことは確かです。』

村井氏の地震予測

「ダイオウイカ」情報

「福井県小浜市で全長3メートルのダイオウイカ水揚げ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141231-00010001-fukui-l18

「富山市で体長およそ6メートルのダイオウイカが定置網にかかる」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00283638.html

どちらも、12月31日のニュースです。

ラブジョイ彗星

※「ラブジョイ彗星」が接近しているそうです。↓
http://www5c.biglobe.ne.jp/~starlit/lovejoy.htm
http://homepage2.nifty.com/turupura/comet/2015/Lovejoy/menu.html

『 2014年8月17日に発見されたラヴジョイ彗星が、12月から1月にかけて地球に接近し、当初の予想よりも明るい4等級の肉眼彗星となりそうです。
急激に増光し、2014年12月20日現在は 5.6等と肉眼でも見えています。
彗星は2015年1月7日に地球に最接近、1月30日に太陽に最接近します。』


『 ラブジョイ彗星(C/2014 Q2 Lovejoy)は、2014年8月17日に、オーストラリアのラブジョイさんが発見した新しい彗星です。ラブジョイ彗星といえば、2011年12月に太陽へ大接近し、南半球で立派な尾が見られたラブジョイ彗星(C/2011 W3)を思い出しますが、これとは別ものです。発見当初は14.8等という暗いものでしたが、2015年1月7日には地球へ0.47AUまで接近し、これを目指して一気に増光していきます。』

こちらは、正真正銘「青い星」です。

ラブジョイ彗星
(ラブジョイ彗星)

クリスマスに“緑色の閃光”

※「クリスマスに隕石墜落!? “緑色の閃光”目撃者殺到、地響きも聞こえたと話題に」↓
http://news.livedoor.com/article/detail/9614855/

『 町がクリスマスに浮き足立つなか、25日午前2時頃、関東を中心に各地で謎の“緑色の閃光”を見たという目撃情報が相次いで続出。隕石の墜落ではないかと疑われる中、静岡県では地鳴のような轟音が聞こえたらしい。』

まるで、(期待はずれだった、)
昨年末の「アイソン彗星」の代わりのようです。

※「ホピの予言」より、
● 第四の時代(現代):
我々の生きているこの時代は第四番目の文明と言われています。この文明は、「物質(物、お金、財産等々)が唯一の価値のあるものである」という価値観に囚われてしまって、やはり創造主によって「リセット」される時期が近づいています。

● 第五の時代(地球の浄化):
「青い星」のカチーナが天界にその姿を現したとき、第五番目の世界が出現する。ホピの予言では、「浄化の日」はそのように始まる事になっている。 ホピの人たちは「犬狼星(ドッグ・スター)シリウス」を「青い星」のカチーナと呼んできた。ホピの言葉で「サクアソフー」とされる「青い星」、そのカチーナが広場で踊って、そして仮面をはずしたとき、浄化の日も訪れるのだ。

そして、この「青い星」カチーナが現れたとき、天界の居住施設が大音響とともに落下して地表に激突する。』


隕石

12月の地震

このところ地震は静かです。

思えば、阿蘇山の噴火活動が活発なことから、

12月の地震は、
2014年12月20日 福島県沖地震(M5.8・震度4)
で十分かもしれません。

正直、12月の地震は分かりません。

※参考:海溝型地震はペアで起きる
1096年12月17日 永長地震(東海・東南海地震) - M 8〜8.5、
1099年2月22日 康和地震(南海地震) - M 8〜8.5、
(2ヶ月あき)

1495年9月12日 明応の関東地震
1498年9月20日 明応地震(南海トラフ地震)
(同月発生)

1605年2月3日 慶長地震
1611年12月2日 慶長・根室沖地震
(2ヶ月あき)

1703年12月31日 元禄関東地震(M 8.1〜8.2)
1707年10月28日 宝永地震(M 8.4〜8.6)
(2ヶ月あき)

1854年12月23日 安政東海・東南海地震 - M 8.4、
1854年12月24日 安政南海地震 - M 8.4、
(同月発生)

1894年3月22日 根室半島沖地震 - M 7.9(Mt 8.2)、
1896年6月15日 明治三陸地震 - M 8.2〜8.5、
(3ヶ月あき)

1918年9月8日 択捉島沖地震 - M 8.0(Ms 8.2、Mt 8.5)、
1923年9月1日 大正・関東大震災 - M 7.9(Ms 8.2、Mt 8.0)
(同月発生)

1944年12月7日 昭和・東南海地震 Mj 7.9(Mw 8.2)、
1946年12月21日 昭和・南海地震、Mj 8.0(Mw 8.4)、
(同月発生)

1952年3月4日 十勝沖地震 - Mj 8.2(Mw 8.2)、
1958年11月7日 択捉島沖地震 - Mj 8.1(Mw 8.3)、
(4ヶ月あき)

1968年5月16日 十勝沖地震 - Mj 7.9(Mw 8.3)、
1969年8月12日 色丹島沖地震 - Mj 7.8(Mw 8.2)、
(3ヶ月あき)

1993年7月12日 北海道南西沖地震(M7.8)
1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.1)
(3ヶ月あき)

2003年9月26日 十勝沖地震(M8.0)
2006年11月15日 千島列島の地震(M8.3)
(2ヶ月あき)


2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
2015年1月○○日 ペアとなる地震?
(2ヶ月あき)

福島県沖でM5.8の地震

福島県沖1220
※昨夕、福島県沖でM5.8(震度4)の地震が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20141220183511395-201830.html

久しぶりの大き目の地震です。
ただし、12月の地震としては不十分です。

もう少し大きな地震が起きると思います。

※第6ステージ:
2014年9月16日 茨城県南部の地震(M5.6・震度5弱)
2014年9月27日 御嶽山噴火
2014年11月22日 長野県北部の地震(M6.7・震度6弱)
2014年12月20日 福島県沖の地震(M5.8・震度4)[暫定]
2015年1月16日
計:4ヶ月

「30年以内に震度6弱以上」予測地図公表

※「30年以内に震度6弱以上」予測地図公表↓
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG19H4E_Z11C14A2I00000/

震度6弱以上の確率、首都圏で上昇 今後30年以内
政府の地震調査委員会が発表

この結果、13年版と比べ、最大20ポイント以上発生確率が上昇した。首都圏では東京・新宿区が46%(13年版は26%)、さいたま市が51%(同30%)、横浜市が78%(同66%)となった。』


2009年の予測地図と比較すると、首都圏が真っ赤になっているのが分かります。

予測地図26
予測地図2009
(2009年版)

ロシア経済危機

ロシア経済危機が話題になっています。

【ルーブル急落】米CEA委員長「ロシア経済は崖っぷち。国際ルールに従わなかったロシアの自業自得だ」★4[12/17] ©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1418826909/133

133 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/12/18(木) 00:15:43.18 ID:TxxNtiBr0
プーチン大統領は、ユダヤとガチンコで戦っているヒーローだからな。
彼はオルガリヒと呼ばれた在露ユダヤ財閥をロシアから追い出すことに成功した。
日本企業の株式も相当、ユダヤ系の金融機関に押さえられていて
早く対処しないと、韓国みたく、いくら輸出で稼いでも国内に金は入らず貧乏人ばかりの国になるぞ。
すでに日本人の年金資産もユダヤに食いつぶされつつある。
目覚めよ、日本国民! 』


「大韓航空,ナッツ・リターン」のニュースを見ていると、韓国が日本以上に病んでいるのが分かります。

それと、もちろん、あくまで私は「プーチン支持」です。

長期予想

昨日の衆院選は、与党の勝利に終わりました。
とりあえず今の政治は、どうでもよいです。

なので、長期予想をしたいと思います。
2015年 天変地異の年
2016年 大政変の年
(2016年には7月に参議院選挙、そして2017年4月には消費税増税が控えている。)


ちなみに、前に書いたとおり、政治の長期予想は何気に当たっていると思います。???

※「2013年7月の参議院選挙・直後に書いた記事」↓
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-388.html

さて次の衆議院選挙は、自民党内で、
【消費税増税・容認+TPP参加・容認】派と、
【消費税増税・反対+TPP参加・反対】派が対立し、

自民党が分裂して、
来年2014年に、衆議院選挙がありそうな気がします。』

深海魚ミツクリザメ、刺し網に一挙8匹…駿河湾

※「深海魚ミツクリザメ、刺し網に一挙8匹…駿河湾」↓
http://www.yomiuri.co.jp/science/20141214-OYT1T50016.html

『 静岡市清水区由比沖の駿河湾で12月13日、深海魚のミツクリザメが一挙に8匹、漁船の刺し網にかかり、沼津市の水族館「あわしまマリンパーク」に運ばれた。』

ミツクリザメ
(ミツクリザメ)

一昨日の記事

一昨日の記事は、分かりにくかったでしょうか?

『 箱根山が大噴火したのは、【約3千年前】だそうです。

【3千年前】といえば、相模トラフで、
桁違いの巨大地震が起きた時期でもあります。

歴史は繰り返す?』


つまり私は、「相模トラフM9クラス地震」と「箱根山の噴火」は、
同時期に起きたのではないかと考えたのです。

火山列島ニッポン緊急検証SP

※「ビートたけしのTVタックル 火山列島ニッポン緊急検証SP 10月13日」

(動画のサイズが小さく、少し見にくい。)

上の番組は、9月27日の「御嶽山の噴火」を受けて放送されました。
なかなか興味深かったです。

特に「24分頃」から、警戒すべき火山として「箱根山」を挙げて解説しています。
それによると、箱根山が大噴火したのは「約3千年前」だそうです。

※「3千年前」といえば、相模トラフで、桁違いの巨大地震が起きた時期でもあります。↓
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG23017_T20C12A9CR8000/

『 一番上の層は関東大震災の津波で、残りの5層は約2千~4千年前に起きた地震の津波で運ばれたと推定された。元禄地震の層は確認できなかった。約3千年前に積もった層は厚さが約20センチあり、大量の土砂を運ぶ津波だったとみられる。』

歴史は繰り返す?

箱根山の異変

箱根山に異変が起きているそうです。

※「スクープ これは大噴火の前兆なのか 箱根山から「不気味な煙」が噴き出した!本誌記者が目撃、専門家も驚いた」↓
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41336

『 しかし今回発見したのは、大涌谷から尾根ひとつ越えた、北西側の斜面だ。しかも、その噴気は大量で、離れた場所からもはっきり目視できるものだった。

この金時山頂上の山小屋で1947年、14歳のときから働いている「金時娘」こと、小見山妙子さん(81歳)に訊ねてみた。

「あの噴気のこと?あれは私も驚いてんのよ。噴気なんか出るようなところじゃないと思ってたから。最初は誰かゴミでも焼いてるのかと思ったの。はじめは細い煙みたいに見えたけど、日が経つにつれてだんだん大きくなってきた」

67年間、日々向かいの箱根山を見つめて生きてきた「金時娘」も、今回の噴気には驚いたというのだ。

「ここには長くいるけど、あんなところから噴気が出たのは初めて。だから心配で(箱根)町役場に知らせたんですよ。そしたら、『噴煙が200mくらいになったら、また知らせてください』って言う。箱根は温泉観光で食べてるから、ちょっとのことで大げさになるのはイヤなんだろうね。それでも、だんだん煙の幅は広がっているし、もう200mくらいになったんじゃないかな。

あんまり噴気があがってくるもんだから、近くにあった老舗の旅館が営業できなくて、閉めたりしているらしいですよ」(小見山さん) 』


私がいつも思うのは、
「南海トラフ地震」と「富士山噴火」は話題になるが、より危険な「相模トラフ地震」と「箱根山噴火」は、あまり話題にならない。

昨日の記事

昨日の、「12月15日に最大M7.0~7.5の地震!?」の記事ですが、

元記事のデータは【昨年2013年】のものだという、
ご指摘がありました。

ここで、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。


したがって、昨日の記事の事は忘れてください。

なお私が考えるのは、「12月後半に、もう一山あるだろう」という事だけです。

12月15日
(2013年のデータ)

12月15日に最大M7.0~7.5の地震!?

下の予測が、話題になっているようです。
【緊急】12月15日に最大M7.0~7.5の地震!? 過去半年で最大の警戒へ ↓
http://matome.naver.jp/odai/2138692339179901201

『 12月15日は北日本から東日本にかけて、地震リスクが100と最大値になっており、北日本では12月15日から16日にかけてM7.0~M7.5の大地震が起きる可能性があるとされています。更に添付されているグラフによれば、12月15日は過去半年で最も危険な日ということです。』

時期的にも、
2014年11月22日 長野県北部の地震(M6.7・震度6弱)
の、「約1ヶ月後の地震」が起きるタイミングでもあり、

上に予測されている地震が起きても、不思議ではありません。

※参考 : 昨年の地震
2013年12月14日(土) 千葉県東方沖の地震(M5.5・震度4)
2013年12月21日(土) 茨城県南部の地震(M5.3・震度4)
2013年12月21日(土) 千葉県東方沖の地震(M5.4・震度4)
2013年12月31日(火) 茨城県北部の地震(M5.4・震度5弱)

金神の艮の文(トドメノフミ)

※「金神の艮の文(トドメノフミ)」という予言があります。↓
http://yusan.sakura.ne.jp/library/todomenofumi/
(ちょっとビックリな予言!!!)

神無し思想の者どもが栄え栄しその裏で、金神眼見開いて見ておる事ともつゆ知らず、やりたい放題、し放題、あたかもこの世は人の世と、はき違いたる主義思想、間かん髪ぱつ容いれず人の世に一厘入ってまる潰つぶれ、神無し思想ぞまる潰れ、神信心は馬鹿なりと人の世界ぞ思う頃、神の仕組みは整うた。

(中略)

まことごころの人々をまず引き上げて建て直し。
狂うた世界ぞ建て直し。

政治、経済、貿易や種々雑多なる政まつりごと、神信心から衣、食、住、何から何までこの度は、一ぺん潰つぶして混まぜ混まぜて一から出直し、やり直し。』


そして、それは、いつから始まるのか?
『 改心いたすは午の秋、ここまでなりぞと申すぞよ。
午の秋ぞと申すぞよ。
未が出たなら皮を剥むき、敷しき物もの変えると申すぞよ。

(中略)

秋にはあちらとこちらでは隔へだての併へいぞ現われて、隔ての線ぞ現われて、目には見えねど現われて、ヘイ、あきまセンとはこの事ぞ。

ギリギリ午の秋までと申して来たるその日まで、改心いたしてくだしゃんせ。』


ところで昨日、衆議院選挙が公示されましたが、政治家の発言を聞くと心が萎えます。

特に安倍総理が、本気で、日本の経済がよくなると信じ込んでいるのには笑えます。

12月になった

12月になりました。

先日書いたとおり、本命地震予測は【2015年1月】でよいが、
12月に「もう一山」あると思います。

※第6ステージ:
2014年9月16日 茨城県南部の地震(M5.6・震度5弱)
2014年9月27日 御嶽山噴火
2014年11月22日 長野県北部の地震(M6.7・震度6弱)
2014年12月○日 ○○○○○○
2015年1月16日
計:4ヶ月


12月の「山場」には、もちろん根拠があります。
2004年10月23日 新潟県中越地震(M6.8)

2004年11月27日 十勝地方南部の地震(M5.6)
2004年11月29日 釧路沖地震(M7.1)
2004年12月6日 釧路沖地震(M6.9)


2007年7月16日 新潟県中越沖地震(M6.8)

2007年8月16日~18日 千葉県東方沖の群発(最大M5.3)


したがって「山場」は、12月14日の衆議院選挙が終わってから、
でしょうか。