阿蘇山の噴火はマグマ噴火

※昨日の記事の評判が良くないのは、前に下の記事を書いたからでしょうか?
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-771.html

『 なお、火山噴火について私は、
「水蒸気噴火は、いつ起きても不思議ではないが、
マグマ噴火は、本命地震(すなわち.3.11東日本大震災(M9.0)と同規模の地震)が起きてから」
だと思っています。』


確かに、マグマ噴火が起きたので、上の予想は外れましたが、
私がイメージしていたのは、少なくとも「2011年の新燃岳の噴火」ほどの、大規模なものです。

雑誌「ニュートン別冊」

※雑誌「ニュートン別冊」に、新刊が出ています。↓
http://www.newtonpress.co.jp/separate/back_astronomy/mook_141215_a.html

富士山噴火と
日本列島をも壊滅させるケタ外れの
巨大カルデラ噴火 』


さて、先日から始まった「阿蘇山の噴火」は、マグマ噴火だそうです。
(つまり、マグマの通り道ができた。)

ただ、「今は準備段階で、本格的な噴火は[本命地震]が起きてから」ではないか思います。

ニュートン別冊

阿蘇山噴火

※11月25日から始まった阿蘇山の噴火ですが、今日も続いています。


この噴火は、
2014年11月22日 長野県北部地震(M6.7)
が影響したものだと思いますが、、、

このように、大きな地震のあと、火山噴火が伴うようになりました。

つまり、2011.3.11東日本大震災(M9.0)から、
事態が進んでいることが分かるのです。

さらにいうと、
次に3.11東日本大震災(M9.0)と同規模の地震が起きれば、
(阿蘇とは限らないが、)大噴火があることは容易に想像できます。

占星術で地震予想

※占星術で地震予想をされている方のブログより、↓
http://blog.goo.ne.jp/pneuma_2007/e/a1ef8392b8ea7cc79a41a61a67137b65

『 ◆次の大型地震が迫っている◆
長野北部地震のタイミングは新月であったが、前回も述べたように10月から1月に成立する新月は、それぞれサインの0度上で成立する。この期間の新月は普段より一層強烈なエネルギーを地球に刻印するのである。日取りは以下の通り。

2014年10月24日 06:56 さそり0度
2014年11月22日 21:32 いて0度
2014年12月22日 10:35 やぎ0度
2015年01月20日 22:13 みずがめ0度

特にやぎ座、みずがめ座は大型地震に特化する傾向があるサインで、これらの期間は いつ地震が起きてもおかしくない。』


私が考えるタイミングと近いので、紹介しました。

ピンクのライン

※「新りんごあめ☆不思議日記」ブログより↓
http://ameblo.jp/yukiusagi-ringo/entry-11951833733.html

りんごあめ

『 11月13日 「地図」
ブルーが去年から気になる場所。
123ラインは夢みた場所。
黒い矢印は、頭の中での動き。
放射線?ピンクは動きの分散です。
これはあくまでも、素人個人的な見方です。』


ピンクのラインの中心が、長野県北部を指し示しています。

「りんごあめ」さんは、御嶽山の噴火も当てていて、
やはり、なかなか鋭い印象です。

長野県北部でM6.7の地震

長野県北部
※昨夜、長野県北部で、M6.7(震度6弱)の地震が発生しました。↓
http://www3.nhk.or.jp/sokuho/jishin/index.html?id=JSA0141122220819_20141123080028

昨夜の地震には驚きました。
突然だったからです。

そして、現在の「第6ステージ」は、
これまでより、活動が活発のようです。

※第6ステージ:
2014年9月16日 茨城県南部の地震(M5.6・震度5弱)
2014年9月27日 御嶽山噴火
2014年11月22日 長野県北部の地震(M6.7・震度6弱)
2014年12月○日 ○○○○○○
2015年1月16日
計:4ヶ月


なお、本命地震予測は【2015年1月】でよいと思いますが、
12月に「もう一山」ありそうです。

それにしても、タイミングがタイミング(衆議院解散の翌日)だけに、
まるで、悪政に対する天の警告のようです。

衆議院解散

本日午後、正式に衆議院が解散されました。

自民党政権の2年間で分かったのは、「やはり自民党も、ひどかった」という事です。

そして私は、今回の選挙では、「選挙区」も「比例」も民主党に投票するつもりです。

それと一応、期待も込めて、
自民党・獲得議席数【180~190】と予想しておきます。

波乱を期待しています!

2017年4月に消費税を上げます

昨夜の安倍総理の会見には、耳を疑いました。

「2017年4月に、確実に消費税を上げますので、
自民党に投票してください」


やはり安倍さんは、国民の生活を理解していない。
墓穴を掘りましたね。

これで、与党(自公)の過半数割れが見えてきました。
できれば、「自民200議席割れ」を期待したい!

「金正恩の特使」崔竜海、来週ロシア訪問

※「金正恩の特使」崔竜海、来週ロシア訪問↓
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20141116/Xinhua_01540.html

『 韓国・聯合ニュースは、このほど、
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の特使としてロシアを訪問する崔竜海(チェ・リョンヘ)・労働党中央政治局常務委員(兼書記)が、訪問中にプーチン大統領と会談する可能性が高いと報じた。

崔竜海氏は、最近になって北朝鮮の「ナンバー2」として、再び表舞台に現れた。

このところの金正恩氏の国内視察などの報道では、常に崔竜海氏が随行している様子が見える。』


おそらく、この人が、前に紹介した今川義元の家臣
太原雪斎」の生まれ変わりです。

崔竜海
崔竜海(チェ・リョンヘ)

陰陽自然学(政変?)

※前に紹介した、「陰陽自然学FB」の記事です。↓
https://ja-jp.facebook.com/inyoshizengaku

2013年12月30日の記事より、
『 これの意味するものは、
2014年の世界政治経済激震と天変地異(大火山、疫病蔓延を含む)の発生は、二月、六月、十月、そしてラストの十二月に集約される、という事なのです。すでに日本では東京都知事やり直し選挙が「二月」に決定したようですね。不思議な巡り合わせを感じます。
私は年末の、十月と十二月に注意の目を光らせています。

特に十二月は、「オバマ、金正恩、習近平、プーチン、パク・クネ、安倍」(敬称略)が一線横並びの世界政治の大難所に遭遇するので、警戒が必要ですね、とくにオバマさんは自分自身の人生難関期と重複していますよ。』


12月は、日本での“天変地異”はないと思っていますが、“政変”はあるかもしれません。

なお「陰陽自然学」では、【癸,甲】と【戊,己】の年、すなわち西暦の一桁が【3,4】と【8,9】の年に、世界的な激変が集中する、とされています。( もちろん2015年2月の節分までが「甲」の年 )

これも気になるところです。

年内解散総選挙

年内の解散総選挙が、ほぼ決まったようです。

今回の選挙は、「2005年の郵政選挙」「2009年の政権交代選挙」「2012年の自民党・返り咲き選挙」より面白い。

なぜなら、結果が見えないからです。

そして今回の選挙では、「消費税」より、与党(自公)を過半数割れに追い込むことが重要です。

政治を混乱させ、国会を動かなくさせるのです。

年内?衆議院解散総選挙

年内の衆議院解散総選挙が話題になっています。
当初私は懐疑的でしたが、日に日に可能性が高まっています。

しかしながら、「消費税増税・先送りの是非を国民に問う」とか意味が分かりません。

ただし投票に関しては、参議院は与党が過半数を握っているので、
(多少の抵抗はありますが、)安心して民主党に投票できます。

つまり、与党を「過半数割れ」に追い込むチャンスです。

※ところで、(中身は大分違いますが、)昨年7月に書いた私の予想が、当たりそうな雰囲気になってきました。↓
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-388.html

さて次の衆議院選挙は、自民党内で、
【消費税増税・容認+TPP参加・容認】派と、
【消費税増税・反対+TPP参加・反対】派が対立し、

自民党が分裂して、
来年2014年に、衆議院選挙がありそうな気がします。』

2件のダイオウイカ捕獲

※「福井でダイオウイカ水揚げ 2メートル88センチ、漁師驚き 」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141023-00010000-fukui-l18

『 世界最大級の無脊椎動物、ダイオウイカが10月22日、福井県越前町米ノの漁港で水揚げされた。全長2メートル88センチ。「何十年も前に浜に打ち上げられたと聞いたが、実際に見たのは初めて」と漁師らを驚かせた。』

※「ダイオウイカ、また来た 佐渡島沖の定置網にかかる 」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141111-00000008-asahi-soci

『 立冬を過ぎて朝夜の寒さが増す佐渡島に、ダイオウイカが来た。昨冬は1月から次々と捕獲され、全国的にも注目された。珍しいイカだけに、この冬は来ないだろうと思いきや、11月8日に佐渡市和木沖の定置網にかかった。』

11月7日には、佐渡で原因不明の「大きな音」もあり、
やはり気になります。

佐渡ダイオウイカ

<佐渡市>「大きな音した」通報続々

※<佐渡市>「大きな音した」通報続々 原因は不明/新潟
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi_region/region/mainichi_region-20141108ddlk15040061000c.html

『 11月7日午後4時ごろ、佐渡市千種の同市役所に「ドンという大きな音がした」「建物が揺れた」などという通報が約20件、相次いで寄せられた。同様の通報は市消防本部や佐渡西、佐渡東の両署などにも計十数件あった。

市総務課防災危機管理室によると、市役所第二庁舎でも同4時前、職員約20人が大きな音を聞き、建物の揺れを感じたという。その後、相川地区や小木地区など、広い範囲から通報や問い合わせが寄せられたという。消防や警察などがパトロールをしたが、人や建物への被害は無かったといい、原因も確認できなかった。同市役所に勤続20年の男性(42)は「初めての経験」と驚いていた。

一方、新潟地方気象台も「同市周辺では火山噴火や、地震などは観測していない」としており、原因は分からないという。』


これもまた、地震の前ぶれ的なものを感じます。

※参考:
2012年2月8日 佐渡付近の地震(M5.7・震度5強)

北海道・浦河町の漁港に大量のイワシ

※北海道・浦河町の漁港に大量のイワシが打ち寄せられる(2014/11/06)


北海道では3日前にも、同町から約80キロ離れたむかわ町で、大量の死んだイワシが漂着しているのが見つかったばかり。』

これは、本物の前兆ポイです。

村井氏の地震予測(私の予測との比較)

※今朝、紹介したツイッターです。↓
https://twitter.com/oka1029ri2/status/529221650835718144/photo/1

『 村井氏は地震学者ではないが世界的に知られた測量学者。大地震の前兆現象として地面の隆起があると言う。10年9月5日地面の上下があり、約半年後「東日本大震災」今年の7月12日にご覧の通り、この予測からすると来年1月頃が要注意。スーパーJ 』

これを、そのまま当てはめると、次のようになります。
2010年9月5日 異常変動
↓(6ヶ月6日後)
2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2014年7月12日 異常変動
↓(6ヶ月6日後)
2015年1月18日 東日本大震災(M9.0)のペアとなる地震?


したがって、「2015年1月頃」に、
予測した地震が起きる可能性が高いようです。

そして言うまでもなく、これは私の予測と重なります。
※第6ステージ:
2014年9月16日 茨城県南部の地震(M5.6・震度5弱)
↓(4ヶ月後)
2015年1月16日

いろいろ

※約4kmにわたり大量のイワシ打ち上げられる 北海道・むかわ町(14/11/03)


※西日本で隕石の目撃情報相次ぐ


どちらも、何気に不気味です。

※それと昨夕の、テレ朝系のニュース番組「Jチャンネル」で地震予測の特集があり、例の村井氏が出ていました。↓
https://twitter.com/oka1029ri2/status/529221650835718144/photo/1

新たな情報はありませんでしたが、「2015年1月までに大きな地震が起きる」という予測には、相当「自信ありげ」でした。

地震の「4ヶ月の“くくり”」

地震の「4月の“くくり”」は、やはり、あると思います。

1707年10月28日 宝永地震
1707年10月29日 富士宮で地震 - M 7.0、
1707年12月16日 宝永噴火
1708年2月13日 紀伊半島沖で地震 - M7クラス
計:3ヶ月16日


1923年9月1日 大正・関東大震災(M7.9)

1924年1月15日 丹沢地震 - Mj 7.3、
計:4ヶ月14日


2010年11月30日 小笠原諸島西方沖の地震(M7.1・深さ480㎞)
2010年12月22日 父島近海の地震(M7.4)
2011年1月26日 新燃岳・噴火
2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
2011年4月11日 福島県浜通りの地震(M7.0)
計:4ヶ月11日

2011年4月11日 福島県浜通りの地震(M7.0)

2011年8月19日 福島県沖地震(M6.5)
計:4月8日


つまり、次に「巨大地震」が起きたら、
その後、「4ヶ月間」は要注意だという事です。

ゲリー・ボーネルの地震予言

※「ゲリー・ボーネルの地震予言」というのがあります。↓
http://eien33.eshizuoka.jp/e1321109.html

『 地震がもっとも活発なエリアは東海地方で、マグニチュード9の地震が、2015年の初期に起きるでしょう。震源地は本州沖の、伊豆半島の南方のトラフ(海溝)付近です。もっとも激しい揺れは、静岡県伊東市の海岸線あたりで感じられます。この地震は、本州の内部に向かうように、マグニチュード7程度の、一連の4つの群発地震を引き起こします。伊東市の地震の1週間後、東京に直下型のマグニチュード8の余震が起きるでしょう。』

これは現実に、可能性がなくはありません。

『 私は今まで10回くらい、地震の予知をしています。そのうち日付まで合っていたのは、10回のうち2回だけです。どこの辺りで起きるかは正確に予知していますが、日付はなかなか分からないのです。
(中略)
今思っていることを言えば、2015年4月12日に東海大地震が起きます。そして早まる可能性もあり、あるいは前兆があるかもしれません。』


したがって、「2015年4月12日」という日付は、
あまり意味がないようです。

それと、記事では「東海大地震」となっていますが、
明らかに、「駿河トラフ地震」ではなく、「相模トラフ地震」です。

地震予言

11月になった

11月になりました。

10月は、日本周辺で、あまり大きな地震は起きませんでした。

ただ私としては、2015年1月が重要で、
正直、それまでの地震は“どうでも”よいです。

※第6ステージ:
2014年9月16日 茨城県南部の地震(M5.6・震度5弱)

2014年9月24日 福島県沖 M5.2 震度4
2014年9月24日 福島県沖 M5.0 震度4
2014年9月27日 御嶽山噴火
2014年10月3日 岩手県沖 M5.5 震度4
2014年10月22日 沖縄本島近海M5.5震度4

2015年1月16日
計:4ヶ月
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR