日向灘でM6.1の地震

日向灘
※本日未明、日向灘でM6.1(震度4)の地震が発生しました。↓
http://www3.nhk.or.jp/sokuho/jishin/index.html?id=JSA0140829041445_20140829043024

8月10日の、青森県東方沖の地震(M6.1)以来の、
大き目の地震です。

ただ、「4ヶ月の区切り」の地震としては不十分です。
もっと、分かりやすい地震が起きるでしょう。

※「第5ステージ」
2014年5月5日 伊豆大島近海の地震(M6.0・震度5弱)

2014年6月8日 岩手県沿岸南部(M5.2・震度4)
2014年6月15日 岩手県内陸南部(M5.5・震度4)
2014年6月16日 茨城県沖(M5.6・震度3)
2014年6月16日 福島県沖(M5.8・震度4)
2014年6月17日 房総半島南方沖(M5.3・震度3)

2014年6月29日 硫黄島近海の地震(M6.2・震度3)
2014年7月1日 小笠原の地震(M6.1・深発)
2014年7月5日 岩手県沖地震(M5.9・震度5弱)
2014年7月8日 北海道石狩地方南部(M5.8・震度5弱)

2014年7月12日 福島県沖地震(M6.8・震度4)
2014年7月21日 択捉島沖の地震(M6.2・震度3)
2014年8月3日 口永良部島・新岳の噴火
2014年8月10日 青森県東方沖の地震(M6.1・震度5弱)
2014年8月29日 日向灘の地震(M6.1・震度4)

2014年9月5日
計:4ヶ月


それと磁気嵐は、まだ続いています。
haarp0829

HAARPに反応

HAARP0828
※HAARP(の代わり)に反応が出ています。↓
http://www.irf.se//Observatory/?link=Magnetometers

太陽風も、地震と火山噴火の「必要条件の一つ」と考えられているので、一応紹介しておきます。

ちなみに、8月20日にも反応がありましたが、
haarp0820

一応、下の地震が起きています。
2014年8月24日 チリの地震(M6.4)
2014年8月24日 サンフランシスコ近郊の地震(M6.0)
2014年8月25日 ペルーの地震(M7.0)

雑誌「ニュートン」に地震の記事

※今月号の雑誌「ニュートン」の巻頭特集は、
「首都圏巨大地震」です。↓

http://www.newtonpress.co.jp/newton.html

必ずやってくる
首都圏巨大地震
「発生可能性は低い」とされているM8級も見すごせない

政府は,M8級の関東地震について,当面発生する可能性は低いとしている。しかし,次のM8級の関東地震が,何の前ぶれもなくやってくるかもしれない。首都圏で発生する巨大地震を検証する。』


立ち読みしてきましたが、
「相模トラフM8級」発生の可能性をにじませる内容でした。

(半年前までは、「元禄関東地震と大正関東大震災が起きているので、M8級は当分大丈夫」というのが専門家の見解だった。)

そもそも、3千年に一度と言われている「相模トラフ巨大地震」は、ずっと起きていないのです。

首都圏巨大地震

ヒトラーの予言

※「ヒトラーの予言」によると、2014年は重要な年のようです。↓
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

『 2014年にはヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。アフリカと中東も完全に荒廃する。結局、いまの文明は砂漠しか残さない。
しかし人類はそれでも滅びない。わがドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。』


結構、当たっています。

それにしても、
1月の「小保方STAP論文“ドヤ顔”会見」から始まり、
今年ほど、ニュースに事欠かない年はなかったと思います。

海外で大きな地震

海外で、大きな地震が続いています。
2014年8月24日 チリの地震(M6.4)
2014年8月24日 サンフランシスコ近郊の地震(M6.0)
2014年8月25日 ペルーの地震(M7.0)


地震活動が活発になってきました。
これから、しばらくは、活発な状態が続くでしょう。

アイスランド、大規模噴火の恐れ高まる

※「アイスランド、大規模噴火の恐れ高まる」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140824-00000028-jij_afp-int

『 アイスランド当局は23日、同国最大規模の火山、バルダルブンガ山が大規模な噴火を起こす恐れが高まったとして航空警戒レベルを最も高い「赤」に引き上げ、周辺空域の飛行を禁止した。

※アイスランド南東部にあるバルダルブンガ山が大規模な噴火を起こせば、2010年4月に同国のエイヤフィヨットル山が噴火して欧州全域が巨大な火山灰の雲に覆われ、空の交通が世界的に混乱した事態が繰り返される可能性がある。』


アイスランド火山の噴火は、「他の地域の地震」を引き起こす可能性があります。

私が注目していた【8月末~9月上旬】に、タイミングを合わせてきたように思えます。

安倍総理の広島土砂災害での行動

安倍総理の広島土砂災害での行動が、批判されています。

20日未明、土砂災害で緊急事態発生
→ 朝、ゴルフ出発
→ 官房長官から注意される
→ ゴルフ中止
→ しぶしぶ、東京へ
→ 20日夜、再び山梨の別荘へ戻る
→ 21日、「陛下の静養全日程お取りやめ」の知らせが入る
→ 東京へトンボ返り


2月の山梨豪雪での「天ぷら騒動」の時もそうでしたが、
安倍総理は、総理に“ふさわしく”ないですね!

アイスランドで火山噴火の可能性

※「火山噴火を警戒、住民の避難開始 アイスランド」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140820-00000023-jij_afp-int

『 アイスランドで8月19日、国内最大規模の火山の1つ、バルダルブンガ火山に噴火の恐れがあるとして、周辺地域の住民が避難を開始した。

標高2000メートルを超えるバルダルブンガ山は同国で2番目に高い山で、地球上で地震活動が最も活発な地域の1つにある。アイスランド気象庁 は18日、4日間にわたって地震活動が続き噴火の危険性が高まったとして、航空警戒レベルを上から2番目に高い「オレンジ」に引き上げていた。』


「アイスランドでプレートが生まれ、日本で沈む」と考えられています。

おそらく、アイスランドの火山噴火は、世界中の地震と関係があります。

2010年4月5日 メキシコの地震(M7.2)
2910年4月7日 スマトラ島近海の地震(M7.5)
2010年4月11日 南太平洋の地震(M7.0)
2010年4月14日 中国・チベットの地震(M7.1)
2010年4月14日 エイヤフィヤトラヨークトル火山の大規模噴火


「3.11東日本大震災(M9.0)のペアとなる地震」発生に向けて、条件が整いつつあるように思えます。

地震(中間報告)

※「第5ステージ」
2014年5月5日 伊豆大島近海の地震(M6.0・震度5弱)

2014年6月8日 岩手県沿岸南部(M5.2・震度4)
2014年6月15日 岩手県内陸南部(M5.5・震度4)
2014年6月16日 茨城県沖(M5.6・震度3)
2014年6月16日 福島県沖(M5.8・震度4)
2014年6月17日 房総半島南方沖(M5.3・震度3)

2014年6月29日 硫黄島近海の地震(M6.2・震度3)
2014年7月1日 小笠原の地震(M6.1・深発)
2014年7月5日 岩手県沖地震(M5.9・震度5弱)
2014年7月8日 北海道石狩地方南部(M5.8・震度5弱)

2014年7月12日 福島県沖地震(M6.8・震度4)
2014年7月21日 択捉島沖の地震(M6.2・震度3)
2014年8月3日 口永良部島・新岳の噴火
2014年8月10日 青森県東方沖の地震(M6.1・震度5弱)

2014年9月5日
計:4ヶ月


8月10日の「青森県東方沖の地震(M6.1)」のあと、日本周辺で、
大き目の地震は起きていませんが、

とりあえず、「4ヶ月の区切り(8月下旬~9月中旬)」で、印象に残る地震は起きると思います。

もちろん、3.11東日本大震災(M9.0)の「ペアとなる地震」の可能性もあります。

被害地震は4年以内に収まる

「海溝型大地震」を起点とした場合、
被害地震は、4年以内に収まるように思えます。

1703年12月31日 元禄関東地震(M 8.1〜8.2)
1707年10月28日 宝永地震(M 8.4〜8.6)
(3年9ヶ月28日)

1854年12月23日 安政東海・東南海地震 - M 8.4、
1858年4月9日 飛越地震 - M 7.0〜7.1。
(3年3ヶ月17日)

1923年9月1日 大正・関東大震災(M7.9)
1927年3月7日 北丹後地震 - Mj 7.3(Mw 7.1)、死者2,925人。
(3年6ヶ月6日)

1944年12月7日 昭和・東南海地震(M7.9)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)
(3年6ヶ月21日)


したがって、3.11東日本大震災(M9.0)のペアとなる地震は、
2015年3月11日までには起きそうな気がします。

2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
2014年9月11日
(3年6ヶ月)

永仁鎌倉地震

大正・関東大震災(M7.9)と似ていると考えられている
「永仁鎌倉地震」を調べてみました。

すると、時系列が興味深い。

1274年 文永の役(元寇)
1281年 弘安の役(元寇)
1285年 霜月騒動(政変)
1293年 永仁鎌倉地震(死者2万3千人)
1293年 平禅門の乱(地震直後の政変)
1297年 永仁の徳政令
1333年 鎌倉幕府滅亡


やはり時代の変わり目には、大地震が絡んでいます。

3.11東日本大震災(M9.0)については、少なくとも表面上は克服しているように見えますが、

もう一発、大地震が起きれば、今の体制は持たないでしょう。

伊勢女初夢予言

※『8月7日、神奈川県二宮町沖で深海魚「ウスエイ」捕獲』↓
http://macroanomaly.blogspot.jp/2014/08/blog-post_13.html

という記事を見て、「伊勢女初夢予言」を思い出しました。↓
http://matome.naver.jp/odai/2138198761354037801

冬・春・夏・秋の四部形式でみた初夢のうち、本当に恐ろしいのは夏のような気がする。

サーファーや海沿いの民家や道路、電車、ビルまでが津波に飲み込まれるような悪夢を初夢で見た。地域は関東地方で最大震度7。

ニノマエ町というところ。TBSのSPECみていた関係か、
地名ニノマエ?だったような感じ。』


今改めて読み直すと、当時ノーマークだった「相模トラフ巨大地震」を予言していて、意外と侮れない印象です。

そして、ちょっと懐かしい。

ウスエイ
(ウスエイ)

青森県東方沖でM6.1の地震

青森県東方沖
※本日昼すぎ、青森県東方沖で、M6.1(震度5弱)の地震が発生しました。↓
http://www3.nhk.or.jp/sokuho/jishin/index.html?id=JSA0140810124335_20140810145108

今の「第5ステージ」では、ずっと中(大)規模地震が続いています。

※「第5ステージ」
2014年5月5日 伊豆大島近海の地震(M6.0)
↓(中略)
2014年7月12日 福島県沖地震(M6.8)
2014年7月21日 択捉島沖の地震(M6.2)
2014年8月3日 口永良部島・新岳の噴火
2014年8月10日 青森県東方沖の地震(M6.1)

2014年9月5日
計:4ヶ月


問題は、「4ヶ月の区切り(8月下旬~9月中旬)」で、どんな地震が起きるかです。

ねろてばさんの予言

※すっかり忘れ去られた「ねろてばさんの予言」ですが、↓
http://www.occult.so/2007/10/post_6a6b.html

私は、ずっと気になっています。

『 じいじが言うには
ご先祖様が「東で大きか地震が4つあった後の2年後に日本全土ば揺らすやつがくる」と

これは、じいじのじいじが言った言葉でその後に防空壕を作ったらしい
そのうちの3つが関東大震災・福井地震・阪神らしくて
どうやら死者が大勢出た地震のことらしい 』


この「ご先祖様」は、地震の法則性を知っていたのではないかと思うのです。
つまり、「巨大地震はペアで起きる」という法則性を。

もしかしたら、下のが正しいかもしれません。
「東で大きか地震が4つあった後の2年後以降に日本全土ば揺らすやつがくる」

※参考:
1096年12月17日 永長地震(東海・東南海地震) - M 8〜8.5、
1099年2月22日 康和地震(南海地震) - M 8〜8.5、

1495年9月12日 明応の関東地震(相模トラフ)
1498年9月20日 明応地震(南海トラフ地震)

1703年12月31日 元禄関東地震(M 8.1〜8.2)
1707年10月28日 宝永地震(M 8.4〜8.6)

ロシア、日米欧に報復措置

※「ロシア、日米欧に報復措置 農産品の輸入を禁止・制限 」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140807-00000008-asahi-int

『 ロシアのプーチン大統領は8月6日、ウクライナ危機を巡ってロシアに制裁を科している欧米や日本を対象に、今後1年間農産品の輸入を禁止または制限するための大統領令に署名した。ロシアが経済面で本格的な報復措置に踏み切るのは初めて。』

これで完全に、安倍総理とプーチンの関係が切れてしまいました。
やはり、安倍内閣は「ジリ貧内閣」です。

※そして、前に紹介した記事どおりになってきました。↓
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-269.html

『 安倍内閣は、所詮「対米従属の保守」であり、多国籍化した大企業の利益優先の政治でしかない。
彼には、「最初は良いが後で段々悪くなる。悪くなって○○の毛まで抜かれる」という『日月神示』の言葉を与えておきたい。』

「8月末~9月上旬」の地震

「8月末~9月上旬」は、ここ数年、印象に残る地震が起きていて、
私が注目している時期の一つです。

2004年9月5日 紀伊半島南東沖地震(M7.1とM7.4)
2010年9月4日 クライストチャーチの地震(M7.0)

2012年8月27日 エルサルバドルの地震(M7.3)
2012年8月31日 フィリピン付近の地震(M7.6)
2012年9月5日 中米コスタリカの地震(M7.6)

2013年9月4日 鳥島近海の地震(M6.9・深発)


それと、
■ 中国内陸の地震は、日本の地震と関係が深い。
■ 大きな被害地震は、二つ続く傾向がある。

1999年8月17日 トルコ大地震(M7.8)
1999年9月21日 台湾大地震(M7.6)

2001年1月13日 エルサルバドルの地震(M7.6)
2001年1月26日 インド西部地震(M7.9)

2008年5月12日 中国・四川大地震(M8.0)
2008年6月14日 岩手・宮城内陸地震(M7.2)

2010年1月13日 ハイチ大地震(M7.0)
2010年2月27日 チリ大地震(M8.8)


なので、「8月末~9月上旬」は、結構ヤバそうな気がします。
2014年8月3日 中国・雲南省の地震(M6.5)
2014年「8月末~9月上旬」 ???

中国・雲南省でM6.5の地震

※昨日、中国・雲南省でM6.5の地震が発生し、大きな被害が出ています。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140804-00000001-jij_afp-int

※また昨日は、「口永良部島・新岳の、34年ぶりの噴火」もあり、


今回、日本は、かなりヤバそうです。

ただ私は、日本で大きな地震が起きるタイミングは、【8月下旬~9月中旬】と考えています。

※第5ステージ:
2014年5月5日 伊豆大島近海の地震(M6.0)

2014年7月12日 福島県沖地震(M6.8)
2014年7月21日 択捉島沖の地震(M6.2)
2014年8月3日 口永良部島・新岳の噴火

2014年9月5日
計:4ヶ月

口永良部島の新岳、34年ぶりに噴火

※「口永良部島の新岳、34年ぶりに噴火…住民避難 」↓
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140803-OYT1T50063.html

『 8月3日午後0時24分頃、鹿児島県屋久島町・口永良部くちのえらぶ島の新岳しんだけが噴火し、噴煙が800メートル以上に達した。

新岳の噴火は1980年9月以来、約34年ぶり。気象庁は「噴火活動がさらに活発になる可能性がある」として、噴火警戒レベルを「1」(平常)から「3」(入山規制)に引き上げ、火口から半径2キロの範囲に立ち入らないよう呼びかけている。

口永良部島は屋久島の北西約12キロに位置し、火口から約3キロの二つの集落に77世帯135人が暮らしている。町によると、住民らは火口から約4キロ離れた高台へ自主的に避難している。今のところ、被害は確認されていないという。』


本当に、じわじわ来ています。

それと、「新岳」は、屋久島の西隣の島なので、
本日起きた、下の地震とは関係ないようです。

平成26年08月03日13時06分頃 奄美大島北西沖 M5.7 震度3
平成26年08月03日02時35分頃 奄美大島北西沖 M5.2 震度2
平成26年08月02日23時18分頃 奄美大島北西沖 M4.8 震度2


奄美大島

なお「新岳」という名前は、3.11東日本大震災(M9.0)の前に噴火した、「新燃岳」を思い出させます。

シドニーのオカマの予言

※前に紹介した「シドニーのオカマの予言」ですが、
私の地震予測の時期と重なるので、再び紹介しておきます。↓

http://yogen-blog.com/767
(2010年4月の記事)

『 オカマは数年前、日本に旅行したそうで、東京を知ってますた。で、近い将来、東京に人がおらん、と言うのです。ァキィハブァラーにも、シンジィクーにも、ハネィダァにも、なんでだか、板橋三丁目だかにも、人がおらんというのです。東京は、車もあまり走ってない。人がパラッパラしかおらん。お店も閉まってる。さびれた町だというのですた。

理由はわかりません。大災害があったのか、と訊くと、わからない、と答えますた。
では、地震は起きるか?と訊いたら、夏の終わりに、日本の真ん中の方の山の中と、日本の、どこかの小さな島で起きる、というのですた。 』


さて、このところの「戦争やら、エボラやら」のニュースに接するにつけ、終末に向かって急加速しているように思えます。

近いうちに、「どえらい事」が起きそうな雰囲気になってきました。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR