HAARPの代わり

現在、大規模な磁気嵐が発生しているようです。

※HAARPは見れなくなりましたが、京都大学のAE指数が、代用になると思います。↓
http://wdc.kugi.kyoto-u.ac.jp/ae_realtime/index-j.html

ae指数0630

HAARPにも、大きな反応が出ていたハズです。

人は死なない

※「人は死なない」↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4862381782
の著者、矢作直樹さんの、インタビュー動画がありました。



本の内容は、大した事なかったと思いますが、
上の動画は、なかなか良かったですよ。

※追記:
それと、動画の中で、
「医者は、なんのために存在するのか」という“問い”がありましたが、

要は、医者は「肉体の修理屋」です。

矢作直樹

ジブリ・フラグ?

※7月に、「金曜ロードSHOW!」で、ジブリ作品が放送されます。↓
http://news.ameba.jp/20130623-227/

7月5日:「耳をすませば」
7月12日:「平成狸合戦ぽんぽこ」
7月19日:「猫の恩返し」


ジブリ・フラグ(ジブリの法則)は、よく知られています。
(主に、金融・経済の混乱 )

※ところで、昨年の7月前半には、下の地震が起きていました。
2012年7月3日 東京湾(相模トラフ)の地震(M5.4・震度4)
2012年7月10日 長野県北部地震(M5.2・震度5弱)


やはり、「7月前半には、大き目の地震が起きる」という印象があります。

じゃあのさんの地震予言

※「じゃあのさんの地震予言」というのが、あるそうです。↓
http://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-3499.html

486:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/02(火) 04:35:02.30 ID:RJwMvroQ0
じゃぁのって言ってて忘れてたわ。www

俺の知り合いに、ちょっと特殊な地震学者が居るんだわ。3.11を当てた?ってか、あの年の5月までに
M8~8.5が宮城県沖に来るって半年前に言われたのなwwwww

まさか、あの規模とは思わなかったがwww 当たりといえば当たりだわなwwww

そいつがな、この8月(前後一ヶ月)を中心に、相模湾でM8.0以上の地震が起きる可能性があると言い出したwwww
M5前後の前震が来てから1ケ月が勝負だそうだわwwww

俺は専門じゃないんで分からねぇが、そういう情報も入ってる。だから、もしもの時の準備だけは怠るなよ?
これで来なかったら、あいつ、しばき倒すwwww  そういうわけで じゃあのwww 』


この「じゃあの」さん、政治に関する発言で、ネットでは知られた人物らしいです。

7月前半の地震

7月前半の地震で、私の印象に残っている、地震(および火山噴火)を紹介しておきます。

(869年7月13日 貞観三陸地震)
1989年7月13日 伊豆・伊東沖の海底火山噴火
1993年7月12日 北海道南西沖地震(M7.8)

2007年7月16日 新潟県中越沖地震(M6.8)
2009年7月15日 ニュージーランドの地震(M7.8)
2010年7月5日 岩手県沖地震(M6.3)


※ちなみに、2011年「6月~8月」の地震は、下のとおりでした。
6月23日 岩手県沖 M6.7 震度5弱
6月30日 長野県中部 M5.4 震度5強
7月05日 和歌山県北部 M5.5 震度5強
7月07日 ニュージーランド沖の地震(M7.8)
7月10日 三陸沖 M7.3 震度4
7月15日 茨城県南部 M5.5 震度5弱
7月23日 宮城県沖 M6.5 震度5強
7月25日 福島県沖 M6.2 震度5弱
7月31日 福島県沖 M6.4 震度5強
8月01日 駿河湾 M6.1 震度5弱
8月12日 福島県沖 M6.0 震度5弱
8月19日 福島県沖 M6.5 震度5弱

都議選の結果

昨日の、都議選の結果が出ました。

『 東京都議会議員選挙(定数127)は23日投開票され、自民党が都議会第1党を奪還した。公明党とともに全員当選し、両党で過半数を確保した。

都議選

投票率は前回(54.49%)を大きく下回り、過去2番目に低い43.50%となった。』

これで、来るべき参院選の結果が、ほぼ分かりました。
(「与党勝利だが、投票率は非常に低い」)

7月に参院選があれば、私は抗議の意味を込めて、投票しません。
(「投票先がない」という意思表示 )

「地球核力激震10年」

7月以降の「次の地震」が視野に入ったなと思い、
「地球核力激震10年」の、2013年・予言を改めて見てみました。

すると、ビックリ!!
もう、すでに、かなり当たっていました。

■2013年の予測
・超大型地震の大脅威
・【5】型10年期(2004~)の終年で激しい“締めくくり”がある一年。
・10月から次の10年期の灯が灯る。
・この年は近代史上に残る社会激動、天変地異の1年となるだろう。

「3月4日~4月4日」
 伝染病の脅威

「7月7日~10月7日」
 超大型地震、極めて重大な政治経済局面、天変地異、カタストロフィー、テロ、暴動警戒
  ☆5月10月はテロ、暴動に注意。

「9月7日~11月6日」
 この年の前後動向を指し示す重要なサインと結論がある。
 政治経済の政策変換、株、レートに明らかな変化がおきる。』


「3月4日~4月4日」頃は、中国の鳥インフルエンザが“騒ぎ”になった時期ですし、

「5月(正確には6月5日まで)の暴動」は、トルコで大規模なデモがありました。

地球核力激震10年

5月18日の地震でリセットの可能性

このところ、地震活動は穏やかです。

さて、5月18日の“福島県沖地震(M6.0・震度5強)”で、
地震は、一旦、リセットされたのかもしれません。

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(47日後)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
2013年4月17日 宮城県沖地震(M5.9)
2013年4月19日 ウルップ島沖の地震(M7.0)
2013年4月21日 鳥島近海の地震(M6.4・深発)
↓(27日後)
2013年5月18日 福島県沖地震(M6.0)
↓(36日後)
2013年6月23日


そうすると、まだ期間に余裕がある事になります。

私は、「6月の地震」に、こだわり過ぎたのかもしれません。

いろいろと騒がしくなってきた

いろいろと騒がしくなってきました。

※「死者1000人超の可能性=インド北部豪雨 」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130620-00000168-jij-asia

※「中国、処理できない裏勘定が29兆元(464兆円)!中銀が助けない宣言し金利30%へ暴騰 ★」↓
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1371764353/l50

ここで、ノストラダムスの予言詩を二つ紹介しておきます。

「諸世紀」第1巻69番
大きな山々が七つのエスタードを取りまいている
戦争、平和、食糧不足、水害 のあとで
大きな道路が崩れ その大きなコンタードは沈んでゆく
巨大なメスムと その基盤さえもが

エスタード=スタジアム(スポーツ用の競技場)
コンタード=地域、メスム=古い神殿型の建築物


闇が降りる 大いなる蝕(大恐慌) 北と南が入れ替わる
戦争と自然が手を結んで 平和に敵する
天の大虐殺が血を岩に雨と降らせ われらの顔は切り裂かれる
(ナンバー不明)


インド洪水
(ガンジス川の洪水に飲み込まれた、ヒンズー教の破壊を司る神「シバ」の像:6月18日)

6月23日は「スーパームーン」

※6月23日に、「スーパームーン(月が大きく見える現象)」
があるようです。↓

http://hottrendsnews01.com/2123.html

地震との関係は微妙ですが、台風4号の通過も重なりますし、
やはり気になります。

※ちなみに、6月下旬の地震で、
私の印象に残っているのは下の地震です。

2011年6月23日 岩手県沖地震(M6.7)
2011年6月24日 アリューシャン列島の地震(M7.2)


上の6月23日“岩手県沖地震(M6.7)”から、8月19日“福島県沖地震(M6.5)”まで、数多くの地震が続きました。

ラドン濃度が終息

ラドン濃度0619
※ラドン濃度が、終息しているようです。↓
http://lll.physics.gifu-u.ac.jp/~radon/cgi-bin/select.cgi?type=hei

※5月にも記事にしましたが、↓
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-date-20130510.html

今回の方が、本格的に終息しているように見えます。

なお、5月のときにも書きましたが、
阪神大震災(M7.3)発生も、2011.3.11.東日本大震災(M9.0)発生も、終息、直後だったようです。

静かだ

昨日から、地震活動は静かになっています。

さて私は、「次の地震」は、その直前の地震から、「2ヶ月程度まで」と考えています。

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(47日後)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
2013年4月19日 ウルップ島沖の地震(M7.0)
2013年4月21日 鳥島近海の地震(M6.4・深発)
↓(58日後)
2013年6月18日


したがって、6月25日頃までに「次の地震」が起きなければ、私の予想はハズレです。

※参考:
2003年5月26日 三陸南地震(M7.0)
↓(61日後)
2003年7月26日 宮城県北部地震(M6.2)
↓(62日後)
2003年9月26日 十勝沖地震(M8.0)


2006年11月15日 千島列島の地震(M8.3)
↓(59日後)
2007年1月13日 千島列島の地震(M8.2)

M6超、三発

昨夜から本日未明にかけて、
海外で、M6超の地震が三つありました。

2013年6月15日 ニュージーランド北方沖(M6.0)
2013年6月16日 ギリシャ沖(M6.2)
2013年6月16日 中米ニカラグア沖(M6.5)


やはり、地震活動は活発です。

そして、もちろん、近いうちに、
日本に回ってくる可能性は高いです。

このところ、日本周辺の地震は静か過ぎます。

ジャワ島沖でM6.7の地震

ジャワ島地震
※本日未明、インドネシア・ジャワ島沖で、M6.7の地震が発生しました。↓
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usc000hpsd#summary

※また、昨夜は、沖縄近海でM5.7の地震も起きています。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20130613223027495-132224.html

地震活動が活発になってきました。
もう、これで、日本で大きな地震が起きても不思議ではありません。

※参考:
1896年6月15日 明治三陸地震(M8.5)
1964年6月16日 新潟地震(M7.5)
1978年6月12日 宮城県沖地震(M7.4)
2006年6月12日 大分県西部地震(M6.2)
2008年6月14日 岩手・宮城内陸地震(M7.2)


2013年5月24日 南太平洋の地震(M7.4・深さ210㎞)
2013年5月24日 オホーツク海の地震(M8.4・深さ590㎞)

2013年6月14日 ジャワ島沖の地震(M6.7)
2013年6月1?日 ???

東京株、843円下落=終値1万2445円

※本日の日経平均株価は、843円下落=終値1万2445円と、
大幅下落となりました。

※5月23日からの株価の推移は、次のとおり。
5/23(木)-1143
5/24(金)+128
5/27(月)-469
5/28(火)+169
5/30(木)-737
5/31(金)+185
6/3(月) -512
6/4(火) +271
6/5(水) -518
6/6(木) -110
6/7(金) -26
6/10(月)+637
6/11(火)-197
6/12(水)-28
6/13(木)-843 』


いろいろと、何が起きても不思議ではない雰囲気になってきました。
そして地震に関しては、世界的に、あまりにも静か過ぎます。

木村藤子さんの地震予言

※「(霊能者)木村藤子さんの地震予言」というのがあるそうです。↓
http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20130117/kimura

『 16日の日曜日に、津波を伴う大きな地震が来るとも予言しているという。

※具体的な日付は、以下のとおり。
2013年6月16日
2014年2月16日
2014年3月16日
2014年11月16日
2015年8月16日 』


私としては、木村藤子さんが、そんな予言をするとは思えません。

しかし、話題にはなっているようです。
しかも、かなり以前から。

(上の記事は、今年の1月のものです。)

「次の地震」は

このところ、地震活動は世界的に穏やかです。

さて、日本の「次の地震」が起きるのは、
前の地震から、「約2ヶ月後」になるのかもしれません。

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(47日後)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
2013年4月19日 ウルップ島沖の地震(M7.0)
2013年4月21日 鳥島近海の地震(M6.4・深発)
↓(52日後)
2013年6月12日


※参考:
1855年9月13日 陸前(ほぼ今の宮城県)で地震 - M 7.2。
↓(55日後)
1855年11月7日 遠州灘で地震 - M 7.0〜7.5。
↓(4日後)
1855年11月11日 安政江戸地震 - M 7.0〜7.1。


1948年4月18日 和歌山県南方沖の地震(M7.0)
↓(58日後)
1948年6月15日 紀伊水道の地震(M6.7)
↓(13日後)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)

北海道・十勝岳山頂付近の火口、青白く発光

※「北海道・十勝岳山頂付近の火口、青白く発光 」という記事がありました。↓
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130610-OYT1T00004.htm

『 北海道中央部の十勝岳(2077メートル)で9日夜、山頂付近の大正火口が、青白く光っているのを札幌管区気象台が確認した。

噴火の兆候を示す火山性地震の増加や、火山性微動は確認されていない。

同気象台によると、十勝岳で発光が確認されるのは、昨年8月13日以来。』


十勝岳の噴火は「時間の問題」、という感じになってきました。

台風3号発生

台風3号
※昨夜、台風3号が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/typh/13035.html

日本に接近、上陸の可能性があるようです。

地震との関連でも気になります。
(台風は、地震を誘発すると考えられている。)

※また、昨日は、和歌山県で群発地震がありました。
平成25年06月08日20時47分頃 和歌山県北部 M2.4 震度2
平成25年06月08日20時39分頃 和歌山県北部 M4.0 震度4
平成25年06月08日18時38分頃 和歌山県北部 M2.0 震度1
平成25年06月08日16時58分頃 和歌山県北部 M2.3 震度2
平成25年06月08日16時47分頃 和歌山県北部 M3.7 震度3
平成25年06月08日16時17分頃 和歌山県北部 M3.9 震度4
平成25年06月08日16時10分頃 和歌山県北部 M3.3 震度3


※やはり、「6月中旬」は要警戒でしょう。
1896年6月15日 明治三陸地震(M8.5)
1964年6月16日 新潟地震(M7.5)
1978年6月12日 宮城県沖地震(M7.4)
2006年6月12日 大分県西部地震(M6.2)
2008年6月14日 岩手・宮城内陸地震(M7.2)


2013年5月24日 南太平洋の地震(M7.4・深さ210㎞)
2013年5月24日 オホーツク海の地震(M8.4・深さ590㎞)

2013年6月中旬頃?

小林朝夫氏、淫行で逮捕

※「小林朝夫氏、ネットで知り合った女子高生と淫行 」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130608-00000065-spnannex-ent

笑ってしまいました。

※ということで、私が考える「新十戒」を紹介しておきます。
1.傲慢       2.嫉妬
3.憤怒       4.怠惰

5.虚栄       6.強欲
7.大食       8.色欲

9.殺人      10.窃盗
(赤字は、キリスト教「七つの大罪」)

※それと、仏教の「五戒」には、
・不妄語戒(ふもうごかい) - 嘘をついてはいけない。
というのも、あります。

HAARPに反応

haarp0608
※HAARPに反応が出ています(出ていたハズです)。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/magchain.cgi

近藤千雄氏が他界

※「シルバーバーチの霊訓」の翻訳者、近藤千雄氏が亡くなられていました。↓
http://www5a.biglobe.ne.jp/%257Espk/sp_information/spinfo2013/spinfo130220-005.htm

『 「シルバーバーチの霊訓」をはじめとする、スピリチュアリズム関連の本を多数翻訳してこられた近藤千雄氏が、昨年の12月、77年の地上人生を終え他界されました。

2年ほど前、近藤氏から、娘さんが住むアメリカで余生を過ごすことになりましたとのお手紙をいただきました。
手紙には「霊界から、すでに使命は終わったと言われました。サークルの皆さんともこれでお別れです」とあり、近藤氏がアメリカで骨を埋めるつもりでおられることを知りました。

その後、連絡はありませんでしたが、昨年ある方を通して、近藤氏が亡くなられたことを知りました。』


1984年、私は「シルバーバーチの霊言」を手にしました。
そこから、スピリチュアリズムとの付き合いが始まりました。

スポーツと地震のジンクス

昨日の、サッカー「日本vs.オーストラリア」は、1-1で引き分け、
5大会連続のワールドカップ出場を決めました。』


いゃ~、しびれる試合でした。
ただ、日本で、ああいう“しびれる試合”をしたら、「スポーツと地震のジンクス」が発動しそうです。

2007年3月に東京で開催された「世界フィギュア」では、
3月24日に女子フリーが行われ、結果は、優勝 安藤美姫、2位 浅田真央、3位 キム・ヨナでした。
そして、その翌日3月25日に、能登半島沖地震(M6.9)が発生しました。


また、2008年に日本で開催された「北京オリンピック・バレーボール世界最終予選」では、
6月8日に、バーレーボール男子が北京五輪出場を決めました(決定の瞬間、植田監督が床に倒れこんだ)。

そして、その翌日6月9日に、例の「加藤智大による秋葉の事件」が起き、6月14日の岩手・宮城内陸地震(M7.2)と続いたのです。


このように、「日本で開催された国際的なスポーツ大会で、日本が活躍した直後、大きな地震が起きている」という印象があります。

自民・西川対策委員長、山形県農政連を恫喝

※「自民・西川対策委員長、山形県農政連に怒り 」という記事がありました。↓
http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20130602ddlk06020027000c.html

『 5月30日に山形県農協政治連盟が、反TPP参加を掲げる現職でみどりの風政調会長の舟山康江氏(47)の推薦を決めると、自民党TPP対策委員長の西川公也衆院議員が31日に来県。米沢市内で農業関係者や地元議員ら約50人を前に、「いま自民党を敵にして農業が大丈夫だと思っているのか」と、県農政連の対応に怒りをあらわにした。』

※2010年2月「民主党・石井一氏の恫喝」を思い出します。
石井一

あっという間に、かつての、傲慢な自民党に逆戻りです。

大震災後の首都圏、地震頻度高止まり

※「大震災後の首都圏 地震頻度高止まり 巨大地震確率を押し上げ 」という記事がありました。↓
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/659279/

『 東京都や神奈川県など首都圏を震源とする「首都直下地震」が起きると想定される地域で、マグニチュード(M)3以上の地震の発生頻度は東日本大震災後2年近くたった昨年末でも大震災前より高い状態であることが遠田晋次・東北大教授らの分析で分かった。

大震災を受けて頻度は上がり、その後下がっていくと予想されたが、元に戻るペースが遅く、将来の巨大地震発生の確率も押し上げているという。地震の数は大震災前は1週間に1回程度(1日当たり0・15回)だったが、2012年12月の段階でも2~3日に1回程度(同0・43回)と約3倍起きている。

将来の地震の発生確率を出すのに、直近の一定期間内に発生した地震の数を基にする計算方法があり、これによると、M3以上が頻繁に起きると将来M7級が発生する確率も上がると考えられる。計算では、東京や千葉を中心とした地域で今後5年間にM7級地震が起きる確率は約17%。大震災前の約2・5倍という。』


それと、昨日の“台湾の地震(M6.3)”は、被害地震になっています。
※「台湾中部でM6.3の地震 2人死亡1人不明に」↓
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130602/chn13060215520001-n1.htm
台湾中部地震

HAARPに反応

haarp0602
※HAARPに、反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

※なお、6月中旬には、過去に大きな地震が起きています。
1896年6月15日 明治三陸地震(M8.5)
1964年6月16日 新潟地震(M7.5)
1978年6月12日 宮城県沖地震(M7.4)
2006年6月12日 大分県西部地震(M6.2)
2008年6月14日 岩手・宮城内陸地震(M7.2)

6月になった

6月になりました。
そして私は、6月中に「次の地震」が起きると思っています。

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(47日後)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
2013年4月19日 ウルップ島沖の地震(M7.0)
2013年4月21日 鳥島近海の地震(M6.4・深発)
↓(41日後)
2013年6月1日


私が知り得るかぎり、「地震の山場」は約4ヶ月が最長です。
なので「6ヶ月間」というのは、未知の領域です。

その意味でも、私は、この6月の地震が、
当面、最後の地震だと思っています。

※参考:(深発後の地震)
2013年5月24日 南太平洋の地震(M7.4・深さ210㎞)
2013年5月24日 オホーツク海の地震(M8.4・深さ590㎞)

2013年6月中旬頃?
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR