桜島の火山活動

桜島の火山活動が、活発になっているようです。

※「昨夜の噴火」の動画


※また、下の火山情報も出されています。↓
http://www.jma.go.jp/jp/volcano/info_05_20130530133028.html

『 火山名 桜島 火山の状況に関する解説情報 第43号
平成25年5月30日13時30分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台

1.火山活動の状況
大隅河川国道事務所の有村観測坑道および、京都大学防災研究所のハルタ山観測総合坑道に設置している、傾斜計および伸縮計で、5月27日頃から山体の膨張と考えられる、わずかな変化が継続しています。

昨年(2012年)7月24日の南岳山頂火口の噴火の前にも、同様の変化が見られており、今回も同程度の規模の、多量の噴煙を噴出する噴火が発生する可能性があります。

今後の火山活動に注意して下さい。』


警戒の6月に向けて、様々な条件が整いつつあるように思えます。

日経平均、大幅安

本日の日経平均株価は、大幅安となりました。

※「東京株、終値は737円安の1万3589円」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000554-san-bus_all

『 5月30日の東京株式市場は大幅反落した。日経平均株価の終値は、前日比737円43銭安の1万3589円03銭。終値としては、4月23日以来、5週間ぶりの安値水準となった。』

アベノミクス(笑)
二の矢、三の矢(笑)

安倍内閣の支持率も、下降に転じたようですし、
5月23日の株価大暴落から、潮目が変わったようです。

地震予知情報

※下のサイトで、地震予知情報が出されています。↓
http://jp.earthquake.weblike.jp/?day=20130529

『 【九州地方 警戒情報】
2013.5.29 追記
九州の強電磁波が収束したと判断します。
警戒のピークは5月29日から6月8日あたりと考えられます。
但し、6月中旬頃までは警戒しておきたい。

警戒区域:旧州全域
想定規模:M7.1±0.5
警戒期間:6/15まで 』

ロシア人から見た北方領土問題

※「ロシア人から見た北方領土問題(日本語訳あり)」
という動画を見ました。




解説者の、「力こそ正義」の主張や、
上から目線の説明には、反発を覚えますが、

「北方領土問題解決には、日本が、アメリカの影響下から脱することが不可欠」というのは、よく分かりました。

HAARPに反応

haarp0526
※HAARPに反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

前回、反応があったのは「5月20日」でした。
一応、報告しておきます。

深発地震と、その後の地震

昨日、大きな深発地震が2発ありましたが、
前に、「深発地震と、その後の地震との関係」を検証したことがあります。

2009年12月24日 日本海北部の地震(M6.2・深さ410㎞)

2010年1月13日 ハイチ大地震(M7.0)


2010年2月18日 ウラジオストク付近の地震(M6.9・深さ590㎞)

2010年2月27日 チリ大地震(M8.8)


2010年7月24日 フィリピン近海の地震(M7超三連発・深さ590㎞)

2010年8月5日 パプアニューギニアの地震(M7.0)
2010年8月10日 南太平洋・バヌアツの地震(M7.5)
2010年8月12日 南米エクアドルの地震(M7.2)
2010年8月14日 グアム島付近の地震(M7.2)


2010年11月30日 小笠原諸島西方沖の地震(M6.9・深さ480㎞)

2010年12月21日 イラン地震(M6.5)
2010年12月22日 父島近海の地震(M7.4)


昨日紹介した、
2012年8月14日 オホーツク海南部の地震(M7.7・深さ590㎞)
の後も“そう”ですが、

深発地震のあと、20日程度以内に、大きな地震が起きているように見えます。

※つまり、下のことが考えられます。
2013年5月24日 南太平洋の地震(M7.4・深さ210㎞)
2013年5月24日 オホーツク海の地震(M8.2・深さ590㎞)

2013年6月中旬?  ???

オホーツク海でM8.2の地震

オホーツク地震
※本日午後、オホーツク海で、M8.2(590kmの超深発)が発生しました。↓
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usb000h4jh#summary
(震源はカムチャツカ半島の西側、先日の群発の反対側です。)

深発地震は、後の地震に影響すると考えられています。

実際、昨年8月14日に、
同じくオホーツク海で、M7.7(590kmの深発)が発生しましたが、
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

その後、下の地震が続いたのです。
2012年8月27日未明 インドネシア・モルッカ海(M6.6)
2012年8月27日昼 エルサルバドルの地震(M7.3)
2012年8月30日 グリーンランド沖の地震(M6.8)
2012年8月31日 フィリピン付近の地震(M7.6)
2012年9月4日 インドネシア・ジャワ島南方沖の地震(M6.4)
2012年9月5日 中米コスタリカの地震(M7.6)
2012年9月7日 中国・雲南省の地震(M5.7,M5.6)
2012年9月8日 中米ニカラグアの火山噴火

南太平洋でM7.4の地震

南太平洋地震
※本日未明、南太平洋で、M7.4の地震が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20130524025457394-240219.html
(震源の深さ、約210kmの深発)

じわじわ来ている感じです。

なお、(前にも書いたとおり、)
私は、日本に地震が回ってくるのは、「6月」だと考えています。

群馬の地震の前に、赤城山で発光現象?

※「群馬に地震が来る前に、赤城山で発光現象が起こるらしい 」
という記事がありました。↓
http://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-3681.html

※ふと、「ねろてばさん(じいじの予言)」を思い出しました。↓
http://www.occult.so/2007/10/post_6a6b.html

じいじが言うには
「ご先祖様が東で大きか地震が4つあった後の2年後に日本全土ば揺らすやつがくる」と
これは、じいじのじいじが言った言葉でその後に防空壕を作ったらしい
そのうちの3つが関東大震災・福井地震・阪神らしくて
どうやら死者が大勢出た地震のことらしい

根拠はこの3つの地震が起こる前日の夜にうちの裏山が薄い緑に光るらしいから
山全体が緑に光るんだけどこれは集落の人達はみんな知ってて
「ねろてばさん」って言われてる
ねろてばさんとは「寝なさい」の方言で、山が光ると
ねろてばさんのこらした(寝なさいというお告げがきた)とみんな言う 』

日経平均が大暴落 1143円安

※「日経平均が大暴落 1143円安 」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000552-san-bus_all

『 23日の東京株式市場は、日経平均株価の終値が前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅反落した。終値ベースでの下げ幅の大きさは東日本大震災後に福島第一原発事故の状況が危機的となった2011年3月15日の1015円安を上回った。』

異次元の景気回復が始まった。(笑)

※一日の下げ幅としては、歴代11位だそうです。
1 1987/10/20 21910.08 -3836.48
2 1990/04/02 28002.07 -1978.38
3 1990/02/26 33321.87 -1569.10
4 1990/08/23 23737.63 -1473.28
5 2000/04/17 19008.64 -1426.04
6 1991/08/19 21456.76 -1357.61
7 1990/03/19 31263.24 -1353.20
8 1987/10/23 23201.22 -1203.23
9 1990/02/21 35734.33 -1161.19
10 1990/08/13 26176.43 -1153.12
暫定11位 2013/05/23 -1143.28 ←New
11 1990/09/26 22250.62 -1108.70
12 1987/10/26 22202.56 -1096.22
13 2008/10/16 8458.45 -1089.02
14 1990/08/22 25210.91 -1086.93
15 1995/01/23 17785.49 -1054.73
16 1990/03/30 29980.45 -1045.71
17 2011/03/15 8605.15 -1015.34
18 1990/03/22 29843.34 -963.85
19 1994/01/24 18353.24 -954.19
20 2008/10/08 9203.32 -952.58

コイやフナが川で“渋滞”鳥取市

※「なぜ?コイやフナが川で“渋滞”鳥取市 」という記事がありました。
http://www.news24.jp/articles/2013/05/21/07229005.html#
(動画あり)

『 鳥取市を流れる福井川で、無数のコイやフナがひしめき合っているのが確認された。川の水が少なく、段差が障害になって、前に進めなくなっている。

鳥取県は、卵を産みつけるための水草が近くの池で減っているため、大量のコイがこの池を離れ、川を遡上(そじょう)したのではないかとみている。』


似たようなニュースが、今年の1月26日にもありました。
※「岡山県備前市(岡山県東部)の大ケ池に大量のフナ、1万匹以上」
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013012520475160
(動画は今でも見れます。)

実は私は、上の現象は、
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
の前兆だったのではないか、と考えています。

チリでM6.5の地震

※昨日、チリで、M6.5の地震が発生しました。↓
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usb000gzlm#summary

※それと、USGSのページを見ると、↓
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/

カムチャツカの地震は、かなり激しい群発になっています。

これらも、また、じわじわ来ている感じです。

矢追純一 UFOスペシャル ポポ山噴火予言

※メキシコのポポ山が先日、噴火しました。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130516-00000034-jij-int

『 メキシコ市の南東約55キロにあるポポカテペトル火山が5月14日夜、噴火を始め、当局によると、灰は約4キロ上空まで舞い上がった。灰は周辺の三つの町に到達し、溶岩が山の斜面を流れ落ちた。』 

※このことで、「矢追純一 UFOスペシャル ポポカテペトル火山噴火予言」が話題になっているようです。


上の番組は、1980年代の放送だと思いますが、
内容は、「ポポ山の噴火が『終末の合図』であることを宇宙人に教えられた」というものです。


実は、この番組、私はリアルタイムで見ました。
それにより、その後、ポポ山に注目するようになりました。
(ポポ山は頻繁に噴火している。)

桜島の火山活動も活発になっているようです。
※「山肌赤く染める爆発的噴火 鹿児島・桜島、1日5回も」↓
http://www.asahi.com/national/update/0518/SEB201305180018.html

『 活発な噴火活動が続く桜島(鹿児島市)。5月18日未明から朝にかけて5回の爆発的噴火があり、昭和火口から噴石が噴き出し、山肌を赤く染めた。火山灰の粒子などの摩擦で「火山雷」も発生した。』

じわじわ来ている感じです。

桜島噴火

HAARPに反応

haarp0519
haarp0520
※昨日、一昨日と、HAARPに反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

一応、報告しておきます。

福島県沖でM6.0の地震(震度5強)

※本日午後、福島県沖を震源とする、M6.0(震度5強)が発生しました。
福島県沖地震0518

とりあえず、単発型だと思いますが、
「次の地震」は、いつ起きても不思議ではないタイミングに、入ってはいます。

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(47日後)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
2013年4月17日 宮城県沖地震(M5.9)
2013年4月19日 ウルップ島沖の地震(M7.0)
2013年4月21日 鳥島近海の地震(M6.4・深発)
↓(27日後)
2013年5月18日 福島県沖地震(M6.0)

太陽黒点と地震との関係

※昨日、太陽の黒点数が、212個になりました。↓
http://swc.nict.go.jp/sunspot/

太陽黒点数は、2013年中に、極大期を迎えると考えられています。
太陽黒点数の推移

つまり、「再び、大きな地震が起きやすい時期になった」という事です。
(太陽黒点の極大期と極小期で、大きな地震が起きやすい。
ちなみに、2011.3.11東日本大震災(M9.0)は、極小期で起きた。)

下の画像は、「太陽黒点と地震との関係」を図にしたものです。
大いに参考になると思います。
太陽黒点と地震

日露同盟=薩長同盟?

昨日、「日本は、アメリカとの関係を断ち切り、ロシアと手を組むべきだ」と書きましたが、

これは正しく、幕府(アメリカ)に対抗するための、薩長(日露)同盟です。

北方領土問題は、まだまだ解決しない

※田中宇さんのページに、下の記事がありました。↓
http://www.tanakanews.com/

『 ≪北方領土問題は、まだまだ解決しない≫
【2013年5月2日】 今の日本政府は、自国民の生活維持よりも、日米同盟の維持を優先している。TPPや、日銀による円の増刷と国債買い支えは、日本国内を犠牲にして日米同盟(対米従属)を維持する策だ。

米国はロシアを敵視しており、今後、米露対立が高まるおそれもある。そんな中で日本がロシアと関係改善すると、日米同盟を損なうことになりかねない。日本はロシアとの関係を、短期的に改善するとしても、長期的、根本的に改善する気がない。日本政府は、北方領土問題を解決する訳にはいかない。』


私は、「日本は、アメリカとの関係を断ち切り、ロシアにつくべきだ」と考えています。

HAARPに反応

haarp0515
※HAARPに、反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

ここ数日、大き目の太陽フレアが発生していたので、
その影響でしょう。

それと、(先日の、群馬南部の地震も“そう”ですが、)
このところ、関東北部で地震が多くなっています。

平成25年05月15日06時21分頃 栃木県南部 M3.7 震度2
平成25年05月15日02時46分頃 栃木県北部 M2.8 震度1
平成25年05月15日00時51分頃 栃木県北部 M2.5 震度1
平成25年05月15日00時49分頃 栃木県北部 M3.6 震度2

「次の地震」は

「5月10日前後」は、大きな“山”になりませんでした。

さて、日本の「次の地震」が起きる時期として、
まずは、「5月下旬」が考えられます。

1960年5月23日 チリ地震(M9.5)

1983年5月26日 日本海中部地震(M7.7)
1995年5月27日 北樺太(カラフト)北部地震(M7.6)
2003年5月26日 三陸南地震(M7.0)
2006年5月27日 ジャワ島の地震(M6.3)

2010年5月26日 沖縄県・南大東島近海の地震(M6.1)
2010年5月28日 南太平洋・バヌアツの地震(M7.2)


しかし今回、日本での大きな地震は、「12月,2月,4月」と偶数月に起きています。

なので「次の地震」が起きるのも、5月はスルーして、6月になりそうな気がします。
(去年の12月から、世界的に、偶数月に地震活動が活発化 )

マリアナ諸島でM6.8の地震

※本日午前、マリアナ諸島で、M6.8の地震が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20130514094559395-140935.html

震源の深さ約590kmの、超深発です。
一応、報告まで。

私の地震予想

4月21日の、鳥島近海の地震(M6.4)の「次の地震」は、まだ起きていません。
そこで、改めて、私の地震予想を考え直してみました。

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)

2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)

2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)

2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
2013年4月17日 宮城県沖地震(M5.9)
2013年4月19日 ウルップ島沖の地震(M7.0)
2013年4月21日 鳥島近海の地震(M6.4・深発)

2013年6月21日


上に書いたとおり、最終的な有効期限は、「6月21日頃」としておきます。

ところで、4月の地震で、「3番目の地震の山場」は終わったと見なすことも可能です。

しかし、やはり、中途半端な印象は否めない。
7:3で、「次の地震(本命地震?)」あり、です。

4月の地震

※なお、今年の「4月の地震」は、2011年11月の地震と似ています。
2011年11月20日 茨城県北部の地震(M5.5)
2011年11月21日 広島県北部の地震(M5.5)
2001年11月24日未明 福島県沖地震(M6.0)
2011年11月24日夜 浦河沖地震(M6.1)

2012年1月1日 鳥島近海の地震(M7.0)

トンガでM6.5の地震

※今朝、トンガで、M6.5の地震が起きています。↓
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usc000gudx#summary

また昨日の、イランの地震(M6.0)は、被害地震になっているようです。
※「イラン南部でM6の地震、1人死亡・18人負傷」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130511-00000858-yom-int

地震活動が活発になってきました。

そして、「このところ日本周辺の地震が静かすぎる」と感じているのは、私だけではないでしょう。

ラドン濃度が終息

ラドン濃度
※ラドン濃度が、終息しています。↓
http://lll.physics.gifu-u.ac.jp/~radon/cgi-bin/select.cgi?type=hei

阪神大震災(M7.3)発生も、2011.3.11.東日本大震災(M9.0)発生も、終息、直後だったようです。

(下のページが詳しい)↓
http://www.geocities.jp/beans8055/earthquake_radon.html

大いに気になります。

井戸の水が、お湯に(群馬)

※「比マヨン火山が噴火」スレに、下のような投稿がありました。↓
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1367910468/

6 :名無しさん@13周年:2013/05/07(火) 16:10:16.50 ID:EHOCkwzk0
>登山中の観光客5人が岩に当たるなどして死亡

怖すぎる
先日実家の井戸の水がお湯だったことが関係するのか!?

13 :名無しさん@13周年:2013/05/07(火) 16:11:59.78 ID:mM9QnQB/0
>>6
実家ってどこ?

17 :名無しさん@13周年:2013/05/07(火) 16:13:09.72 ID:EHOCkwzk0
>>13グンマー

でもこれまで数十年
そんなことは一度もなかったんだ

25 :名無しさん@13周年:2013/05/07(火) 16:14:38.94 ID:zqtPk2f30
>>6
群馬のどこ?

30 :名無しさん@13周年:2013/05/07(火) 16:15:41.52 ID:EHOCkwzk0
>>25
南部。

27 :名無しさん@13周年:2013/05/07(火) 16:15:16.64 ID:AwqzuE/60
>>17
温泉入り放題じゃん

41 :名無しさん@13周年:2013/05/07(火) 16:18:03.22 ID:EHOCkwzk0
>>27
いや、でも翌日は平常運転だった。

>>29
邑楽郡てとこだから浅間も遠い
とにかくその時は焦ったよ。

88 :名無しさん@13周年:2013/05/07(火) 17:08:53.37 ID:25nmMOUs0
>>41
五月初めに震度4の地震があったんだね>群馬県南部
グンマーさん実家の井戸水異変と何か関係あるのかな

95 :名無しさん@13周年:2013/05/07(火) 17:25:02.41 ID:EHOCkwzk0
>>88
ぐぐったら地震とかが原因で温泉が混ざる説もあるらしいのだが
せめてペットボトルにためときゃよかったと今は思ってる。白濁したお湯だったし。』


一昨日、818年に起きた「北関東地震(M7.5~)」を紹介したばかりなので、ちょっと気になりました。

フィリピン・マヨン火山が噴火

※「比マヨン火山が噴火、外国人観光客ら5人死亡」↓
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130507/asi13050714130003-n1.htm

『 フィリピン北部ルソン島のアルバイ州にあるマヨン火山(2462メートル)が7日午前8時(日本時間同9時)ごろ、噴火した。

地元自治体によると、登山中の観光客5人が岩に当たるなどして死亡、うち4人は外国人だった。けが人は少なくとも3人で、死者、負傷者いずれも国籍は不明。在フィリピン日本大使館が、日本人が巻き込まれていないか確認している。

地元自治体によると、噴煙は一時、高さ500メートル以上に達し、自治体は火山から6キロ以内を立ち入り禁止にするとともに周辺住民にも避難を呼び掛けた。』


このところ、穏やかだった地下活動ですが、
再び、活発化してきたようです。

マヨン山

貞観の地震と火山噴火

※以前、貞観前後の、地震と火山噴火を紹介しました。
863年(6年前) 今の富山県から新潟県にかけ大地震
864年(5年前) 富士山が噴火(貞観噴火)、阿蘇山が噴火
868年(前年)  いまの兵庫県で大地震(M7以上)
869年       貞観三陸地震
871年(2年後) 鳥海山が噴火
878年(9年後) 関東地方で大地震
887年(18年後) 東南海・南海地震(M8.0~8.5)


この時期の地震と、現在の地震は、似ていると言われています。

ところが、上の「兵庫県の地震」に対応する1995.阪神大震災(M7.3)は、少し時期が離れているなと感じていました。

そこに起きたのが、4月13日の淡路島の地震(M6.3)だったのです。

※つまり、(南海トラフ地震は、まだ先として、)
とりあえず、まだ起きていないのは、「関東の地震」と「東日本の火山噴火」です。

9世紀の地震分布

(818年)北関東大地震

平安時代に関東で起きた地震といえば、(878年)相模・武蔵地震(M7.4)が、よく知られていますが、

※818年にも、大きな地震があったようです。↓
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120314/dst12031408090004-n1.htm

『 平安時代初期の弘仁(こうにん)9(818)年、記録に残る関東最古の大地震が起きた。マグニチュード(M)は推定で7.5以上。学問の神様、菅原道真が編纂(へんさん)した歴史書「類聚(るいじゅう)国史」に、すさまじい被害の様子が記されている。

「山が崩れ数里の谷が埋まり、数え切れないほどの人々が圧死した。上野国(こうずけのくに)などの境では地震で潦(にわたずみ)ができた」

「潦」は水たまりのことだ。上野国は内陸の群馬県なので津波ではない。激しい揺れで地盤が液状化し、地下の水と砂が地表に噴き出す「噴砂」が起きたらしい。被害は武蔵(東京都・埼玉県ほか)、相模(神奈川県)など関東諸国に及んだが、震源地は分かっていない。

この謎の“首都直下地震”を裏付ける痕跡が2年前、初めて発見された。群馬県境に近い埼玉県深谷市の皿沼西遺跡。住居の床などが噴砂で切り裂かれ、いたるところで壊れているのが見つかった。』


北関東地震

群馬県南部の地震

群馬県南部地震
※群馬県南部で、地震が続いています。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_local_index.html

平成25年05月03日03時24分頃 群馬県南部 M2.8 震度1
平成25年05月02日22時04分頃 群馬県南部 M4.3 震度4

平成25年05月01日04時40分頃 群馬県南部 M3.5 震度2
平成25年04月30日22時21分頃 群馬県南部 M2.5 震度1
平成25年04月30日22時09分頃 群馬県南部 M4.3 震度3


何気に気になります。

HAARPに強い反応

haarp0502
※HAARPに、強い反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

地震との関係では、
「擬似相関の疑惑」を拭いきれないHAARPですが、

一応、紹介しておきます。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR