私の地震予想(改めて)

改めて、私の地震予想を書いておきます。

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(47日後)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
↓(4日後)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
↓(2日後)
2013年4月19日 ウルップ島沖の地震(M7.0)
↓(2日後)
2013年4月21日 鳥島近海の地震(M6.7・深発)


2013年5月10日前後? 都市・直下型地震?(M7.4前後?)


4月13日の、淡路島の地震(M6.3)の“流れ”のままなら、
「5月10日前後」に、日本で何かあると思います。

何もなかったら、、、、そのとき考えます。

クッシー情報(4月28日号)

※クッシー(串田氏)の情報が、4月28日に更新されていました。↓
http://www.jishin-yohou.com/99_blank003.html

「4月29日±地震予測」は、ずっと先に延期になりました。

正直いって私は、「串田氏は、地震と無関係なノイズを拾っているのではないか」という、疑いさえ持っています。

もう一つの「五月に大地震」の詩

先日、「太陽が牡牛座の二十番目に来るとき」の詩を紹介しましたが、

ノストラダムスの予言には、
もう一つ、「五月に大地震」の詩があります。

「諸世紀」第10巻67番
五月に大地震が起きるだろう
土星、カペル、木星、水星はブーフに、金星も同じように
かに座、火星はノンネエに
卵より大きな雹(ひょう)が降るだろう


意味は、よく分からないのですが、
「五月に大地震」の詩が、“二つも”ある事になります。

「諸世紀」第9巻83番
太陽が牡牛座の二十番目に来るとき、大地は激しく揺らぐ
巨大な劇場が崩壊する
大気も空も地も 暗く濁り
不信心な者たちも 神や聖者の名を唱える


なお、この詩の三行目、「大気も空も地も 暗く濁り」の部分は、
火山噴火をイメージさせます。

5月10日前後の地震

私の地震予想の有効期限を、「太陽が牡牛座の二十番目に来るとき」としましたが、

「5月10日前後」は、大きな地震が起こりやすい時期です。

2008年5月8日 茨城県沖地震(M7.0)
2008年5月12日 中国・四川大地震(M8.0)

2010年5月9日 スマトラ沖地震(M7.2)

2011年5月10日 南太平洋・バヌアツの地震(M7.1)
2011年5月11日 スペイン南部の地震(M5.3)


なので私は、次の地震の「山」として、「5月10日前後」を考えています。

それを過ぎると「5月下旬」という事になりますが、さすがに、そこまで引っ張るのは“どうかな”と思います。

「スローペース」だった

このところ、地震活動は比較的は穏やかです。

さて、先日の“地震の連発”で、この「3番目の地震の山場」がスローペースである事を忘れていました。

そこで、私の地震予想の有効期限ですが、
最初は【ゴールデンウィーク中まで】とも考えたのですが、

ここまで来ると、例の「ノストラダムスの予言」が気になります。
なので、【そのあたりまで】としておきたいと思います。

「諸世紀」第9巻83番
太陽が牡牛座の二十番目に来るとき、大地は激しく揺らぐ
巨大な劇場が崩壊する
大気も空も地も 暗く濁り
不信心な者たちも 神や聖者の名を唱える
(注:巨大な劇場 =今の世の中の雰囲気 )


※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(47日後)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
↓(28日後)
2013年5月11日

宏観いろいろ

haarp0427
※一昨日に続き、今日も、HAARPに反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

※昨日、ニュージーランド北方沖で、M6.2の地震が起きています。↓
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsww/Quakes/quakes_big.php

※昨日、鹿児島県南さつま市で、イルカ31頭が打ち上げられました。
http://news.ktstv.net/e40251.html

クッシー情報(4月25日号)

※クッシー(串田氏)の情報が、更新されていました。↓
http://www.jishin-yohou.com/99_blank003.html

それによると、「前兆は、ほぼ終息していて、4月29日±発生の可能性がある」とのことです。
(ただし5月1日までに起きなかったら、延長の場合もある。)

推定地域:近畿、北陸
推定規模:M7.9±0.5
推定期間:4月29日±


※ちなみに今日は、タイミング的には、“福井地震(M7.1)”が起きた日です。
1948年4月18日 和歌山県南方沖の地震(M7.0)
↓(58日後)
1948年6月15日 紀伊水道の地震(M6.7)
↓(13日後)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)


2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
↓(13日後)
2013年4月26日

HAARPに反応

haarp0425
※久々に、HAARPに反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

3月30日、以来です。

地震との関係では、信用を失いかけているHAARPですが、
一応、紹介しておきます。

※それと、昨日のアフガニスタンの地震は、被害地震になっています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130424-00000186-jij-asia

『 【アフガンで地震、7人死亡】
米地質調査所によれば、アフガニスタン東部で24日午後1時55分(日本時間午後6時25分)ごろ、マグニチュード(M)5.6の地震があった。震源に近いナンガルハル、クナール両州当局者によると、地震で計7人が死亡、81人が負傷した。

両州では多くの家屋が倒壊し人々が下敷きになったとの情報もあり、当局が確認を急いでいる。震源地はナンガルハル州の州都ジャララバードの西方約25キロ、震源の深さは約62キロ。揺れは隣国パキスタンやインドでも感じられた。』


※何気に、2011年3月10日に起きた、雲南省の地震と似ています。
『 中国雲南省盈江県で2011年3月10日昼すぎ、マグニチュード(M)5.8の地震が発生し、14人が死亡、135人が負傷した。』

まだ火山噴火は起こっていない

※今朝は、パプアニューギニアで、M6.5の地震が発生しました。↓
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsww/Quakes/quakes_big.php

そして、まだ、世界的に注目される「火山噴火」が起こってないので、
今の“地震シリーズ”は、まだ終わっていないと思います。

※ちなみに、下のような地震のパターンもありました。
2008年7月19日 福島県沖地震(M6.6)
2008年7月21日 福島県沖地震(M6.1)
2008年7月24日 岩手県沿岸北部地震(M6.8)


※それと、「浜松市天竜区の地滑り」、気になりますね。
天竜地滑り

もともと、“地滑り”が起きやすい場所らしいですが、
なぜ今なのか?

日本周辺の地震

このところ毎日、「大きな地震」が起きている印象ですが、
日本周辺だけを見ると、もちろん“そう”ではありません。

2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
2013年4月19日 千島ウルップ島沖の地震(M7.0)
2013年4月21日 鳥島近海の地震(M6.7・深発)


ただ、『 この先、しばらく間を置いて「本命地震」が起きる 』
というのは違うと思います。

私は、今年起こるべき「日本の大地震」は、
このまま、4月中に起きてしまうのではないか、と思っています。

鳥島近海でM6.7の地震

鳥島近海地震
※本日、昼すぎ、鳥島近海でM6.7の地震が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20130421122824395-211223.html
(震源の深さ,約450kmの、深発地震 )

2013年4月6日 パプアニューギニアの地震(M7.2)
3013年4月9日 イラン南部の地震(M6.3)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
2013年4月16日 イラン・パキスタン国境付近の地震(M7.8)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
2013年4月19日 千島ウルップ島沖の地震(M7.0)
2013年4月20日 中国・四川省の地震(M7.0)
2013年4月21日 鳥島近海の地震(M6.7・深発)


これは、もう完全に、異常事態です!!!

締めくくりは「火山噴火」?

4月から、大きな地震が続いていますが、

(過去の場合も、“そう”だったように、)
締めくくりは、「火山噴火」になるのだろうと思います。

※すなわち、
2013年4月6日 パプアニューギニアの地震(M7.2)
3013年4月9日 イラン南部の地震(M6.3)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
2013年4月16日 イラン・パキスタン国境付近の地震(M7.8)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
2013年4月19日 千島ウルップ島沖の地震(M7.0)
2013年4月20日 中国・四川省の地震(M7.0)


2013年4月?日 日本の都市・直下型地震?(M7.4前後?)

2013年4月?日 ○○火山噴火?


※参考:
2010年4月5日 メキシコの地震(M7.2)
2910年4月7日 スマトラ島近海の地震(M7.5)
2010年4月11日 南太平洋の地震(M7.0)
2010年4月14日 中国・チベットの地震(M7.1)
2010年4月14日 エイヤフィヤトラ・ヨークトル火山の大規模噴火


2012年8月27日未明 インドネシア・モルッカ海(M6.6)
2012年8月27日昼 エルサルバドルの地震(M7.3)
2012年8月30日 グリーンランド沖の地震(M6.8)
2012年8月31日 フィリピン付近の地震(M7.6)
2012年9月4日 インドネシア・ジャワ島南方沖の地震(M6.4)
2012年9月5日 中米コスタリカの地震(M7.6)
2012年9月7日 中国・雲南省の地震(M5.7,M5.6)
2012年9月8日 中米ニカラグアの火山噴火

中国・四川省でM7.0の地震

四川地震
※「中国・四川省でM7.0の地震」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130420-00000036-jij-cn

『 【北京時事】中国国営新華社通信によると、四川省雅安市芦山県で20日午前8時2分(日本時間同9時2分)、マグニチュード(M)7.0の地震が起きた。被害状況は明らかではない。』

なんか、スゴイですね。

まるで「花火大会」の最後に、ありったけの花火を打ちまくっている印象です。

千島列島でM7.0の地震(北海道で震度4)

※本日、昼すぎ、千島列島でM7.0の地震が発生しました。
ウルップ地震
地図で見ると、ウルップ島沖です。

いずれにしても、
これは、もう、“スゴイ”としか言いようがありません。

正しく、“阪神大震災(M7.3)”直前と、ソックリです。
( いや、それ以上です。)

都市・直下型地震(地震の規模)

1855年9月13日 陸前(ほぼ今の宮城県)で地震 - M 7.2。
↓(55日後)
1855年11月7日 遠州灘で地震 - M 7.0〜7.5。
↓(4日後)
1855年11月11日 安政江戸地震 - M 7.0〜7.1。


1948年4月18日 和歌山県南方沖の地震(M7.0)
↓(58日後)
1948年6月15日 紀伊水道の地震(M6.7)
↓(13日後)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)


これらを見ると、「最初の地震」と「締めくくりの地震」が、
ほぼ同規模であることが分かります。

※つまり、下のことが考えられます。
2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(47日後)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
↓(4日後)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
↓(2日後)
2013年4月19日 ウルップ島沖の地震(M7.0)new
↓(?日後)
2013年4月?日 
都市・直下型地震?(M7.4前後?)

なお「都市・直下型地震」は、こういう回りくどい段階を踏まないと、起こせないのだと思います。(並の大地震は、もっと単純。)

米で肥料工場が爆発、死者70人の可能性も

※「米で肥料工場が爆発、2人の死亡確認 死者70人の可能性も」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130418-35031014-cnn-int

※その動画らしいです。


29秒に大爆発があります。
想像以上です。注意して下さい。

私は驚きました。

「本命地震」は数日中か?

今の状態は、“阪神大震災(M7.3)”直前と、そっくりです。

1994年12月28日 三陸はるか沖地震(M7.6)
↓(10日後)
1995年1月7日 三陸はるか沖地震・最大余震(M7.2)
↓(10日後)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)


2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3・震度6弱)
↓(4日後)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2・震度5強)
2013年4月17日 宮城沖地震(M5.8・震度5弱)
↓(?日後)
2013年4月?日 ???


あの時も、こういう雰囲気でした。

「このところ、やけに地震が多いなぁ」と思っていたら、
阪神大震災(M7.3)が起きたのです。

三宅島近海でM6.2(震度5強)の地震

三宅島地震
※本日夕方、三宅島近海で、M6.2(震度5強)の地震が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/4/20130417180206395-171757.html

※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(47日後)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
↓(4日後)
2013年4月17日 三宅島近海の地震(M6.2)
↓(?日後)


さすがに、次が「本命地震」でしょう。

イラン・パキスタン国境でM7.8の地震

※昨夜、イラン・パキスタン国境で、M7.8の地震が発生しました。
イランパキスタン地震

地震活動は、本格的になってきました。
2013年4月6日 パプアニューギニアの地震(M7.2)
3013年4月9日 イラン南部の地震(M6.3)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
2013年4月16日 イラン・パキスタン国境付近の地震(M7.8)
2013年4月17日 パプアニューギニアの地震(M6.6)


まだ続くと思います。

※なお、昨年「8月末~9月上旬」と、似てきました。
2012年8月27日未明 インドネシア・モルッカ海(M6.6)
2012年8月27日昼 エルサルバドルの地震(M7.3)
2012年8月30日 グリーンランド沖の地震(M6.8)
2012年8月31日 フィリピン付近の地震(M7.6)
2012年9月4日 インドネシア・ジャワ島南方沖の地震(M6.4)
2012年9月5日 中米コスタリカの地震(M7.6)
2012年9月7日 中国・雲南省の地震(M5.7,M5.6)
2012年9月8日 中米ニカラグアの火山噴火

地震の噂

※今現在、若者の間で、「地震の噂」が広まっているようです。↓
http://www.j-cast.com/2013/04/15173149.html

「みなさん 油断しないでください 4月13日の朝に起きた地震を あの地震は余震です 4月17日にマグネチュード7.5の大地震がおきると確定しています 昨日から阿部総理がロシアに行ったのも地震の避難だと言われています」

さて私は、「地震の噂」が広まること自体が、「地震の宏観」だと思っています。
なぜなら、「地震の噂」か広まったとき、それなりの地震が起きることが多いからです。

※例えば、
2008年6月14日 岩手・宮城内陸地震(M7.2)が起きたのは、
「2008年6月25日に、山形県で大地震が起きる 」という噂が広まっている最中でした。


※また、2011.3.11直前、
2011年3月6日夜、ツイッターで、下の文章が投稿されました。
「【拡散希望】今夜、正確には明日の0~1時に大地震=200年に一度の地震が来るみたいです 関東地方の人は注意してください 」


さて、一番上の文章についてですが、
【M7.5】というのは、現実離れした規模ではありません。

そして、文章には誤りが“いくつか”ありますが、私は「故意」ではないかと思っています。

ボストン・マラソンのゴール付近で爆弾テロ

※「ボストン・マラソンのゴール付近で爆弾テロ 」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130416-00000012-jij-n_ame

『 米東部マサチューセッツ州ボストンで15日午後2時50分(日本時間16日午前3時50分)ごろ、開催中のボストン・マラソンのゴール付近で、ほぼ同時に2件の爆発があり、ボストン警察によると2人が死亡し、多数が負傷した。ホワイトハウス当局者は「複数の爆発物によるテロ行為」と言明した。米メディアによると、負傷者は少なくとも110人に上った。米国で大規模テロの発生は、2001年9月11日の同時多発テロ以来初めて。』

その他、北朝鮮のミサイルやら、中国の「鳥インフルエンザ」やら、いろいろと騒がしくなってきました。

※ところで、今年は、
大事件や大災害があると言われている、「五黄土星」の年です。
しかも、90年に一度の、特別な「五黄土星」の年です。

『 2004年~2013年は[5]型十年期、90年に一度、地球の大自然と民意の歪が大調整される10年間である。

2013年:
2004年からの[5]型十年期の締めくくりの年。2004年以来、動かなかった事も一挙に激動変化して、この十年を終結する。

(※「地球核力激震10年」より、)』

2003年の地震特番より(再)

年明け早々に書いた、「2003年の地震特番」の内容を、再び紹介しておきます。

※さて、2003年11月に、テレ朝で地震特番がありました。↓
http://www.h5.dion.ne.jp/~hirorin/esp-quake.htm

その番組の中で、「超能力で、これからの地震予想をする」というコーナーがありました。

二つの予想を紹介したのですが、一つは、例のエド・デームスの、
『 アメリカのインディ500(カーレース)、日本のインターナショナルカイトフェスティバル、そしてチューリップの花が咲いている時期に起こる。』 というやつです。

そして、その番組で、
もう一つ、ダウジングによる予想を紹介したのですが、

その発生年は、今年2013年なのです。

(1)震源地
東京の北、埼玉との県境あたり(荒川の上)
(綾瀬川断層(元荒川断層)についても、定説より長く伸びていると主張する東洋大学社会学部活断層研究会の渡辺満久教授を紹介していた。)

(2)被害
東京北部エリアで犠牲者480名、負傷者1300名、火災80件、倒壊家屋260棟、マグニチュードは7~8という予知を行っています。
番組では、震源地は地盤が弱く、液状化も考えられ被害は計り知れないのだそうです。

(3)発生時期
2004年から2009年の間に予兆の地震が起こるそうです。その後の本命は、2013年にやってくるのだ、と予知しています。』


なお、何気に今は、「チューリップが咲く時期」でもあります。

都市・直下型地震(再)

※以前、次のように書きました。(少し編集)

「都市・直下型地震」は、「起きた地震が、たまたま『都市・直下型』だった」というのではなく、一定のパターンがあるようです。

※1854年12月23日・24日 安政地震(東南海地震+南海地震)

1855年9月13日 陸前(ほぼ今の宮城県)で地震 - M 7.2。
↓(55日後)
1855年11月7日 遠州灘で地震 - M 7.0〜7.5。
↓(4日後)
1855年11月11日 安政江戸地震 - M 7.0〜7.1。


※1946年12月21日 昭和南海地震 - M 8.0(Mw 8.4)

1948年4月18日 和歌山県南方沖の地震(M7.0)
↓(58日後)
1948年6月15日 紀伊水道の地震(M6.7)
↓(13日後)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)


※1993年7月12日 北海道南西沖地震(M7.8)

1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.2)
↓(2ヶ月24日後)
1994年12月28日 三陸はるか沖地震(M7.6)
↓(10日後)
1995年1月7日 三陸はるか沖地震・最大余震(M7.2)
↓(10日後)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)
(変則型)


約2ヶ月前の「大きな地震」というのが、カギになるようです。』

考えてみると、今回、このパターンは、
遅れてはいますが、まだ壊れていません。

※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(47日後)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)
↓(?日後)
2013年4月?日 
都市・直下型地震?

淡路島でM6.3の地震②

今朝の淡路島の地震は、M6.0から、M6.3に修正されました。
2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.3)


それでも、やはり、中途半端な印象は変わりません。
過去の例を見ても、“シメ”の地震は、もっと大きいハズです。

2003年5月26日 三陸南地震(M7.0)
2003年7月26日 宮城県北部地震(M6.2)
2003年9月26日 十勝沖地震(M8.0)


1968年2月21日 えびの地震 - Mj 6.1、
1968年4月1日 日向灘地震 - Mj 7.5、
1968年5月16日 十勝沖地震 - Mj 7.9(Mw 8.3)
1968年6月12日 三陸沖で地震 - Mj 7.2。


2008年5月8日 茨城県沖地震(M7.0)
2008年6月14日 岩手・宮城内陸地震(M7.2)
2008年7月24日 岩手県沿岸北部地震(M6.8)
2008年9月11日 十勝沖地震(M7.1)


2011年11月20日 茨城県北部の地震(M5.5)
2011年11月21日 広島県北部の地震(M5.5)
2011年11月24日 浦河沖地震(M6.1)

2012年1月1日 鳥島近海の地震(M7.0)

2012年1月28日 山梨県東部地震(M5.4)
2012年2月8日 佐渡付近の地震(M5.7)

2012年3月14日 三陸沖地震(M6.8)
2012年3月14日 千葉県東方沖地震(M6.1)


なお、(「地震の山場」は、最長で【約4ヶ月間】のようなので、)
「次の地震」が起きるのなら、4月中だと思います。

淡路島でM6.0の地震(震度6弱)

※本日未明、淡路島を震源とする、M6.0(震度6弱)の地震が発生しました。
淡路島の地震

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(47日後)
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.0)


それでも、まだ、中途半端な印象は否めません。

つまり、「この“淡路島の地震(M6.0)”の、「次」があるかもしれない」という事です。

※参考:
1855年11月7日 遠州灘で地震 - M 7.0〜7.5。
↓(4日後)
1855年11月11日 安政江戸地震 - M 7.0〜7.1。


1948年6月15日 紀伊水道の地震(M6.7)
↓(13日後)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)


1995年1月7日 三陸はるか沖地震・最大余震(M7.2)
↓(10日後)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)


2003年5月26日 三陸南地震(M7.0)
2003年7月26日 宮城県北部地震(M6.2)

2003年9月20日 千葉県南部地震(M5.7)
↓(6日後)
2003年9月26日 十勝沖地震(M8.0)


※したがって、
2013年4月13日 淡路島の地震(M6.0)
↓(13日後・最大?)
2013年4月26日


つまり、「次の地震」は、4月中に起きるのではないでしょうか。

スローペース

2月25日の、栃木県北部地震(M6.3)の「次の地震」は、
まだ起きていません。

※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
↓(46日後)
2013年4月12日


ふと、この「3番目の地震の山場」は、
スローペースだった事を思い出しました。

ただ、4月中に「次の地震」が起きなければ、
さすがに、私の「地震の山場」説は厳しいでしょう。

イラン南部でM6.3の地震

※昨夜、イラン南部で、M6.3の地震が発生しました。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000022-reut-m_est

『 4月9日午後4時半(日本時間同午後9時)頃、イラン南部ブシェール近郊でマグニチュード(M)6.3の地震が発生した。
少なくとも37人が死亡、850人が負傷した。2つの村が壊滅したほか、家屋倒壊などの被害が出ている。』


やはり、4月6日の“パプアニューギニアの地震(M7.2)”から、
地震活動は活発です。

2013年4月6日 パプアニューギニアの地震(M7.2)
3013年4月9日 イラン南部の地震(M6.3)


次あたり、日本の番ではないでしょうか。

※ちなみに、「イラン→ 日本」と続いた地震に、下のものがあります。
2010年12月21日 イラン地震(M6.5)
2010年12月22日 父島近海の地震(M7.4)

富士山滝沢林道の地割れ

※地震掲示板に紹介されていましたが、「富士山滝沢林道の地割れ」だそうです。


まるで“地震のあと”のようですが、説明によると、
『 2013年3月31日 五合目から下った標高1980mの付近です。大きく地面が動いた感じ。』

世の中も、北朝鮮のミサイルやら、中国の「鳥インフルエンザ」やらで、いろいろと騒がしくなってきました。

パプアニューギニアでM7.2の地震

パプアニューギニア地震
※本日午後、パプアニューギニアで、M7.2の地震が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20130406140935394-061343.html

予想どおりに、地震が始まりました。
問題は、「日本に回ってくるか?」です。

おそらく今回は、回って来るでしょう。

なぜなら、この【4月上旬~4月中旬】の地震は、
「約4ヶ月後(約4ヶ月間)の地震」に当たる、からです。

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.3)
2013年「4月上旬~4月中旬」 ???

今日は「清明」

本日4月5日は、二十四節気の一つ「清明」です。
「清明」は、『本格的な新年度の始まり』という印象がありますが、

※そういえば、【4月上旬~4月中旬】の地震も、
この「清明」の直後から始まっています。

2009年4月6日 イタリア中部の地震(M6.3)
2009年4月9日 鹿児島・桜島の本格的な噴火開始

2010年4月5日 メキシコの地震(M7.2)
2910年4月7日 スマトラ島近海の地震(M7.5)
2010年4月11日 南太平洋の地震(M7.0)
2010年4月14日 中国・チベットの地震(M7.1)
2010年4月14日 エイヤフィヤトラ・ヨークトル火山の大規模噴火

2011年4月7日 宮城県沖地震(M7.1)
2011年4月11日 福島県浜通りの地震(M7.0)

2012年4月11日 スマトラ島沖地震(M8.6,M8.2)
2012年4月12日 メキシコ沖の地震(M7.0)


今年も、“そうなる”のかもしれません。