「大震災」型(再)

※先日、次のように書きました。(少し編集)

直下型の地震による「大震災」は、「起きた地震が、たまたま『大震災』になった」というのではなく、一定のパターンがあるようです。

※1854年12月23日・24日 安政地震(東南海地震+南海地震)

1855年9月13日 陸前(ほぼ今の宮城県)で地震 - M 7.2。
↓(55日後)
1855年11月7日 遠州灘で地震 - M 7.0〜7.5。
↓(4日後)
1855年11月11日 安政江戸地震 - M 7.0〜7.1。


※1946年12月21日 昭和南海地震 - M 8.0(Mw 8.4)

1948年4月18日 和歌山県南方沖の地震(M7.0)
↓(58日後)
1948年6月15日 紀伊水道の地震(M6.7)
↓(13日後)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)


※1993年7月12日 北海道南西沖地震(M7.8)

1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.2)
↓(2ヶ月24日後)
1994年12月28日 三陸はるか沖地震(M7.6)
↓(10日後)
1995年1月7日 三陸はるか沖地震・最大余震(M7.2)
↓(10日後)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)
(変則型)


つまり、
※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.2)
↓(?日後)
2013年3月?日 直下型地震による「大震災」?

約2ヶ月前の「大きな地震」というのが、カギになるようです。』


直下型地震による「大震災」は、少なくとも我々が知りうる限り、
これらのパターン以外では、
1891年10月28日 濃尾地震(M8.0)
しか、ありません。

北方領土問題

森元総理を特使としてロシアに派遣するなど、安倍内閣は北方領土問題・解決に積極的なのかと思っていたのですが、
そうではないようです。

※青山繁晴さんの説明によると、安倍内閣は北方領土問題を解決する気はないそうです。

130227 青山繁晴2 投稿者 plutoatom

領土問題でロシアと対話することで、ロシアとの良好な関係を演出し、
中国と北朝鮮をけん制するのが“狙い”なのだそうです。

(おそらく、北方領土問題・解決で、アメリカを刺激したくないという“思い”もあるのでしょう。)

やはり、安倍政権は、中途半端な煮え切らない政権です。

TPPの事もあり、
民主党の野田内閣より、少しは“まし”といった程度です。

「地震の山場」群(新たな)

※ウィキペディアの地震年表を見ていたら、新たな「地震の山場」群を見つけました。

※1894年3月22日 根室半島沖地震 - M 7.9(Mt 8.2)、死者1人。

1894年6月20日 明治東京地震 - M 7.0、死者31人。

1894年10月22日 庄内地震 - M 7.0、死者726人。

1895年1月18日 茨城県南部で地震 - M 7.2、死者6人。

1896年1月9日 茨城県沖で地震 - M 7.3。
(「4番目の地震の山場」)


やはり、「3番目の地震の山場」までの“どこか”で、震災クラスの地震が起きていました。

※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2011年7月10日 三陸沖地震(M7.1)

2012年1月1日 鳥島近海の地震(M7.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
(「3番目の地震の山場」の始まり )

阪神大震災に似てきた

昨日から、栃木県北部の余震?は続いています。
02月26日08時19分頃 栃木県北部 M3.5 震度2
02月26日08時12分頃 栃木県北部 M2.7 震度2
02月26日08時11分頃 栃木県北部 M2.0 震度1
02月26日06時08分頃 栃木県北部 M2.4 震度1
02月26日06時00分頃 栃木県北部 M2.9 震度1
02月26日03時22分頃 栃木県北部 M2.6 震度1
02月26日03時19分頃 栃木県北部 M2.3 震度1
02月25日23時37分頃 栃木県北部 M3.0 震度2
02月25日23時32分頃 栃木県北部 M3.4 震度2
02月25日23時11分頃 栃木県北部 M3.5 震度2
02月25日22時10分頃 栃木県北部 M2.2 震度1
02月25日22時00分頃 栃木県北部 M3.4 震度4
02月25日21時25分頃 栃木県北部 M3.4 震度3
02月25日19時58分頃 栃木県北部 M2.9 震度1
02月25日19時35分頃 栃木県北部 M2.8 震度1
02月25日19時33分頃 栃木県北部 M3.0 震度1
02月25日19時10分頃 栃木県北部 M2.1 震度2
02月25日19時06分頃 栃木県北部 M2.2 震度1
02月25日18時55分頃 栃木県北部 M3.8 震度3
02月25日18時46分頃 栃木県北部 M2.6 震度1
02月25日18時37分頃 栃木県北部 M2.7 震度2
02月25日18時38分頃 栃木県北部 M3.0 震度3
02月25日18時19分頃 栃木県北部 M2.7 震度3


さて、今の地震は、阪神大震災(M7.3)の場合と似てきました。

※1993年7月12日 北海道南西沖地震(M7.8)

1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.2)
↓(2ヶ月24日後)
1994年12月28日 三陸はるか沖地震(M7.6)
↓(10日後)
1995年1月7日 三陸はるか沖地震・最大余震(M7.2)
↓(10日後)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)
(変則型)


※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.2)


1995年1月7日の“三陸はるか沖地震・最大余震”のあと、日本中が揺れ始め、
「やけに地震が多いなぁ」と思っていたら、阪神大震災(M7.3)が起きたのです。

栃木県北部でM6.2(震度5強)の地震

※本日午後、栃木県北部を震源とする、M6.2(震度5強)の地震が発生しました。
02月25日18時12分頃 栃木県北部 M3.1 震度2
02月25日18時07分頃 栃木県北部 M2.7 震度3
02月25日18時04分頃 栃木県北部 M2.6 震度1
02月25日17時52分頃 栃木県北部 M2.6 震度1
02月25日17時50分頃 栃木県北部 M2.4 震度1
02月25日17時46分頃 栃木県北部 M2.8 震度1
02月25日17時41分頃 栃木県北部 M3.1 震度2
02月25日17時33分頃 栃木県北部 M3.7 震度2
02月25日17時21分頃 栃木県北部 M2.6 震度1
02月25日17時16分頃 栃木県北部 M2.6 震度2
02月25日17時10分頃 栃木県北部 M2.1 震度1
02月25日17時06分頃 栃木県北部 M2.6 震度2
02月25日16時57分頃 栃木県北部 M2.6 震度1
02月25日16時54分頃 栃木県北部 M2.7 震度1
02月25日16時50分頃 栃木県北部 M2.8 震度1
02月25日16時34分頃 栃木県北部 M4.7 震度4
02月25日16時23分頃 栃木県北部 M6.2 震度5強
02月25日15時43分頃 栃木県北部 M2.8 震度1
02月25日15時41分頃 栃木県北部 M2.3 震度1
02月25日15時35分頃 栃木県北部 M2.5 震度1
02月25日15時26分頃 栃木県北部 M4.1 震度3


内陸で、M6.2は大きい。
しかも、その後の地震活動も活発です。

※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(23日後)
2013年2月25日 栃木県北部の地震(M6.2)


今度こそ、次が「本命地震」でしょう。

栃木県北部の地震

TPP問題

※TPPに関する、分かりやすい記事がありました。↓
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/abe0a49ca1d25a7474dce1e8fcd68b2f

『 【問題は、治外法権だよ】
かつてアメリカの高官は、カナダやメキシコと自由貿易協定を締結したとき、「彼等は、如何なる約束をしたのか理解していなかった」とほくそ笑んだ。

そして、協定締結後に明らかになったのは、カナダやメキシコは、「アメリカのルール」で塗りつぶされた。つまり、アメリカの多国籍企業にとって国境はなくなり、自分のルールで暴れ回ることができるようになった。』


TPPに関しては、もちろん今でも、私は「参加」に大反対です!!!
(怒)

神奈川と静岡で複数の衝撃波報告

今朝、2ch地震板の「神奈川スレ」と「静岡スレ」で、複数の衝撃波の報告がありました。
※「神奈川スレ」↓
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/eq/1361673678/l50
※「静岡スレ」↓
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/eq/1360238125/l50

125 :M7.74(神奈川県):2013/02/25(月) 07:21:49.38 ID:T7sx6QnK0
すげードカンって衝撃波キター@西部

126 :M7.74(空):2013/02/25(月) 07:26:04.73 ID:NQz5ngZB0
>>125
うち藤沢海側だけど、さっき空震みたいの来た。
やっぱ箱根噴火するのかな。
燕のひな大量に殺した祟りだよ。箱根はね。

127 :M7.74(dion軍):2013/02/25(月) 07:48:25.90 ID:ZGye+oaP0
また衝撃波キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!@小田原

128 :M7.74(やわらか銀行):2013/02/25(月) 07:50:11.54 ID:Ap5YMqeq0
なんか窓ガラスが割れたんだけどなんだ?! 平塚

129 :M7.74(神奈川県):2013/02/25(月) 07:50:30.71 ID:CyL90VGA0
南町田もドカンていったよ

130 :M7.74(神奈川県):2013/02/25(月) 07:51:19.39 ID:DDbwXFpH0
なんかドンって大きい音したけど地震? 小田原

131 :M7.74(関東地方):2013/02/25(月) 07:55:44.74 ID:xGE2/RR4O
うちも(゚д゚)ドカーン!!と来て窓揺れた

@稲城に近い調布

134 :M7.74(庭):2013/02/25(月) 08:12:16.18 ID:Ttas4qB60
静岡スレにも報告が、怖いな 』

日本の「次の地震」は

【2月末】からは、
大きな地震が、いつ起きても不思議ではありません。

1933年3月3日 昭和三陸地震(M8.1)
1952年3月4日 十勝沖地震(M8.2)
2001年2月28日 アメリカ・シアトルの地震(M6.8)
2010年2月27日朝 沖縄近海の地震(M6.9)
2010年2月27日夕 チリ大地震(M8.8)
2010年3月4日 台湾南部の地震(M6.4)


平成23年02月27日08時21分頃 岐阜県飛騨地方 M2.4 震度1
平成23年02月27日06時48分頃 岐阜県飛騨地方 M2.2 震度1
平成23年02月27日06時43分頃 岐阜県飛騨地方 M2.6 震度1
平成23年02月27日06時41分頃 岐阜県飛騨地方 M3.1 震度1
平成23年02月27日06時09分頃 岐阜県飛騨地方 M2.3 震度1
平成23年02月27日06時05分頃 岐阜県飛騨地方 M2.7 震度1
平成23年02月27日06時01分頃 岐阜県飛騨地方 M2.3 震度1
平成23年02月27日05時44分頃 岐阜県飛騨地方 M3.6 震度2
平成23年02月27日05時38分頃 岐阜県飛騨地方 M5.4 震度4
平成23年02月27日04時49分頃 岐阜県飛騨地方 M2.7 震度1
平成23年02月27日04時40分頃 岐阜県飛騨地方 M2.8 震度1
平成23年02月27日04時07分頃 岐阜県飛騨地方 M2.9 震度2
平成23年02月27日03時31分頃 岐阜県飛騨地方 M2.7 震度1
平成23年02月27日03時24分頃 岐阜県飛騨地方 M2.8 震度1
平成23年02月27日02時59分頃 岐阜県飛騨地方 M3.2 震度2
平成23年02月27日02時49分頃 岐阜県飛騨地方 M2.8 震度1
平成23年02月27日02時23分頃 岐阜県飛騨地方 M3.4 震度2
平成23年02月27日02時19分頃 岐阜県飛騨地方 M4.9 震度4
平成23年02月27日00時38分頃 福島県沖 M5.2 震度3
平成23年02月26日23時41分頃 三陸沖 M5.1 震度2


2012年2月26日 台湾南部の地震(M6.1)

【2月末】からの、どこかのタイミングで、
日本の、「次の地震」が起きるのでしょう。

昨日のHAARP

※昨日のHAARP。
haarp0224

少しですが、反応が出ていました。

もう少し先か

※先日、次のように書きました。
2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(20日程度以内?)
2013年2月??日


しかしながら、まだ“日にち”が掛かるかもしれません。
(こればかりは、過ぎるまで分からない。)

※そういえば、今の“2011.3.11東日本大震災(M9.0)”の「3番目の地震の山場」は、過去の地震の場合より遅れ気味でした。↓
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-193.html

ただし、現在は、その「3番目の地震の山場」の中にあるので、
2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)

で、終わる事はないと思います。

HAARPに、またまた反応

haarp0223
※HAARPに、またまた反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

2月は、本当に、よく振れます。

HAARPに、また反応

haarp0221
※HAARPに、また反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

2月は、本当に、よく振れます。

千葉県東方沖でM5.8の地震

※昨夜は、千葉県東方沖を震源とする、M5.8の地震が発生しています。
02月19日21時27分頃 千葉県東方沖 M5.8 震度3
日本周辺の地震活動が活発になってきました。

※さらには、トカラの地震は群発になっています。
02月19日20時12分頃 トカラ列島近海 M2.6 震度2
02月19日19時43分頃 トカラ列島近海 M2.3 震度1
02月19日19時31分頃 トカラ列島近海 M2.1 震度1
02月19日19時19分頃 トカラ列島近海 M2.6 震度1
02月19日19時17分頃 トカラ列島近海 M3.6 震度3
02月19日19時15分頃 三重県南部 M3.5 震度1
02月19日19時08分頃 トカラ列島近海 M2.0 震度1
02月19日19時03分頃 トカラ列島近海 M2.8 震度1
02月19日19時02分頃 トカラ列島近海 M3.2 震度2


群発地震が起きるということは、地震活動が活発な証拠です。

※また昨日は、HAARPに、少しですが反応が出ていました。
haarp0220

このところ、よく反応しているので、この程度の反応でも気になります。

そろそろ

そろそろ、阪神大震災(M7.3)のタイミングに入ります。

※1993年7月12日 北海道南西沖地震(M7.8)

1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.2)
↓(2ヶ月24日後)
1994年12月28日 三陸はるか沖地震(M7.6)
↓(20日後)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)
(変則型)


※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(20日後)
2013年2月22日


そして、(前に書いたとおり、)私の考えが正しければ、
起きるのは、直下型・地震による「大震災」だと思います。

ニュージーランドでM6.1の地震

昨夜、ニュージーランド北島はるか沖で、M6.1の地震が起きています。
ニュージーランド
(下側の黄色い四角は、2月16日のM5.7の地震 )

※また、2月16日には、フィリピン沖でM6.2の地震も起きています。
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsww/Quakes/quakes_big.php

2月は、地震活動が落ち着きません。

HAARPに反応

haarp0218
※2月15日に続き、今日も、HAARPに反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

2012年12月~2103年1月にかけて、HAARPに、ほとんど反応は見られませんでしたが、
このところ、よく反応しています。

※さて、下のような予言があるようです。↓
http://matome.naver.jp/odai/2133727491296020101

「2010年11月に韓国の掲示板に書き込まれた未来人からのメッセージ」だそうですが、
何気に当たっている感じです。

※私が気になるのは、下の予言です。
・2013年が終わる前、日本の政治体制は既存のシステムから完全に変更
・2014年10月頃、第三次世界大戦
(未来では2015年に勃発したという見解もある)』

「箱根山で震度5の地震」の真相は

※「2月10日に、箱根山で震度5の地震が起きた」とかで、
その真偽が話題になっていましたが、デマではなかったようです。


HAARPに反応

haarp0215
※HAARPに、反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

昨夜は、ロシアで、M6.6の地震が発生していますし、
日本の地震活動も、活発になっているように思えます。

さて私は、一応、【2月下旬】あたりに注目しています。

※参考:(2月下旬の地震)
2003年2月24日 中国西部の地震(M6.3)
2004年2月24日 モロッコの地震(M6.5)
2005年2月22日 イラン地震(M6.4)
2006年2月22日 モザンビークの地震(M7.2)
2008年2月20日 スマトラ島沖の地震(M7.5)
2011年2月22日 カンタベリー大地震(M6.3)


※そして、これは前に紹介した、占星術師の予想とほぼ一致しています。↓
http://blog.goo.ne.jp/pneuma_2007/e/aa96096012c80e53d39ca1cf5af059aa

『 【特別地震警戒日】2/5±1、2/21±1、

5日の予想は、2日の十勝中部の地震(M6.5)がそれに当たると思われるが、通過してみないと分からないので、念のため警戒して下さい。(2月6日に、ソロモン沖の地震(M8.0)が起きた。)

ここで特に警戒すべきは2/21前後の警戒日である。これは月毎の通常の大型予想と、日蝕ベースの特別警戒日が被っている。ここは最悪M8レベルの津波併発型を視野に入れなければならないかもしれない。』

(ただし私は、日本で地震が起きるなら、直下型だと思っています。)

ローマ法王が退位表明

※「ローマ法王が退位表明 高齢を理由に 3月末までに新法王選出へ 」だそうです。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130211-00000563-san-eurp

『 ローマ法王ベネディクト16世(85)は11日、枢機卿会議で今月28日で法王を退位する意向を表明した。高齢で法王の職務の重責を果たせなくなったことが理由としている。法王は事実上の終身職であり、存命中の退位は極めて異例。「自己の意思による退位」は1415年のグレゴリウス12世以来、約600年ぶりとみられる。』

さて、「聖マラキの予言」によると、次の法王が最後の法王だと考えられています。

※その予言によると、
現法王のベネディクト十六世は、111番目「オリーブの栄光」に当たる法王です。

そして次の法王は、最後の法王だと言われていて、次のように記述されています。

112番目
「ローマ教会の最後の受難の間、ローマのペテロ即位せん。彼は大いなる試練のうちに羊たちを司牧せん。その試練の過ぎたるのち、七つの丘はことごとく破壊され、恐るべき審判が人々に下されん。」
おわり 』


なお、聖マラキは、私の前世であるベルナルドゥスとも親交があり、
そのベルナルドゥスが院長を務める、クレルヴォー修道院で亡くなりました。

神奈川・湘南地域に黒い砂が降る(2010年12月)

※2010年12月に、「神奈川・湘南地域に黒い砂が降る」という出来事が、話題になりました。

『 神奈川・湘南地域を中心に(2010年12月)15日午前、駐車中の車やベンチに積もっている黒い砂状の物質が相次いで見つかった。県が分析したところ、ケイ素が主成分で鉄とアルミニウムが少量含まれていることが確認された。

砂状の物質が確認されたのは、鎌倉市、逗子市、藤沢市、平塚市など5市8町。相模湾に面した自治体が多いが、大井町や山北町など海に面していないところもある。住民から各自治体などに通報があり、県は少なくとも21カ所でこの物質を確認した。』


これは結局、「過去の“富士山の火山噴出物”が、風で巻き上げられたもの」という事で決着しました。

しかし私のブログでは、「富士山で、こっそりと小噴火があったのでないか」と書きました。

そもそも、「過去の“富士山の火山噴出物”が、風で巻き上げられたもの」なら、その後、繰り返し報告があっても不思議ではありません。

2010年12月の報告、一回きりです。

※さらには、下の続報が、
『 湘南地域を中心に広範囲で黒い粉じんが降り積もった現象は、飛散確認エリアが横浜や小田原など9市9町に拡大したことを明らかにした。』

こっそり小噴火したのは、箱根山だったのかもしれません。

黒い砂

コロンビアでM7.0の地震

※昨夜、コロンビアで、M7.0の発生したようです。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130210-00000000-jij_afp-int

『 【コロンビアでM7.0の地震、8人負傷】
米地質調査所によると日本時間9日午後11時16分、コロンビアでマグニチュード(M)7.0の地震が発生した。震源は活火山のガレラス山に近い人口40万人の都市パストの西南西12キロで、震源の深さは約154キロ。』


地震活動は、引き続き活発です。

※なお昨日は、HAARPに反応が出ていました。
haarp0209

「大震災」型

※先日から、断片的に紹介していますが、

直下型の地震による「大震災」は、「起きた地震が、たまたま『大震災』になった」というのではなく、一定のパターンがあるようです。

※1854年12月23日・24日 安政地震(東南海地震+南海地震)

1855年9月13日 陸前(ほぼ今の宮城県)で地震 - M 7.2。
↓(55日後)
1855年11月7日 遠州灘で地震 - M 7.0〜7.5。
↓(4日後)
1855年11月11日 安政江戸地震 - M 7.0〜7.1。


※1946年12月21日 昭和南海地震 - M 8.0(Mw 8.4)

1948年4月18日 和歌山県南方沖の地震(M7.0)
↓(58日後)
1948年6月15日 紀伊水道の地震(M6.7)
↓(13日後)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)


※1993年7月12日 北海道南西沖地震(M7.8)

1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.2)
↓(2ヶ月24日後)
1994年12月28日 三陸はるか沖地震(M7.6)
↓(20日後)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)
(変則型)


つまり、
※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(20日程度以内?)
2013年2月??日 直下型の「大震災」?


約2ヶ月前の「大きな地震」というのが、カギになるようです。

箱根山で地震活動が活発化

※「箱根山で地震活動が活発化 山膨張も 」という記事がありました。
http://www.news24.jp/articles/2013/02/08/07222768.html#

『 神奈川県と静岡県にまたがる箱根山で、先月から地震活動が活発化している。01年以来となる、山が膨張する地殻変動も観測されており、気象庁は「噴火の心配はないものの、注意深く監視する」と説明している。

気象庁によると、箱根山の駒ヶ岳付近では先月11日頃から震源の浅い地震が増加している。震度1以上の、体に感じる地震は起きていないが、1日には一日で26回の地震を記録した。また、国土地理院が行った衛星を使った観測でも、去年末頃から箱根山周辺が膨らむ変化が見られている。

気象庁は「今のところ、箱根山の噴火の心配はないものの、今後も注意深く監視を続けたい」と話している。』


火山噴火というと、富士山が注目されていますが、
箱根山の方が、ヤバイのかもしれません。

占星術師のブログより

※下の、占星術で“いろいろ”と予測されている方のブログで、私と似た地震予想をしています。↓
http://blog.goo.ne.jp/pneuma_2007/e/3e41d1f9c31aca69b41632c0cc6fc115

『 このまま可能性が消滅してくれたら良かったのだが、そうはならないようだ。サンタクルーズ諸島の激震は、木星がグランドクロスに近づいて反応を返している現象だと考える。前述のグランドクロスを構成するサウスノードにT木星が合となり、さらに海王星にT太陽が合となる2月21日前後に、大きな経済的損失を伴う巨大地震の発生の可能性が隠れている可能性が非常に高いのである。』

なお、この方は、
2月6日の、ソロモン沖の地震(M8.0)も当てています。

「2月下旬」の可能性も

※昨日、福井地震(M7.1)の場合を例に挙げ、

次の地震(おそらく本命地震)の、「2月中旬」の可能性を紹介しましたが、
「2月下旬」も、あり得ます。

というのは、三陸はるか沖地震(M7.6)と阪神大震災(M7.3)の間の20日は、「約1ヶ月」とするには短すぎるからです。

つまり、変則的ですが、次のように表現できます。
※1993年7月12日 北海道南西沖地震(M7.8)

1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.2)
↓(2ヶ月24日後)
1994年12月28日 三陸はるか沖地震(M7.6)
↓(20日後)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)


そうなると、
※2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(20日後)
2013年2月22日


そして、「2月中旬」にしろ「下旬」にしろ、私の予想どおりに地震が起きたなら、間違いなく「大震災」のパターンだと思います。
(並みの大地震は、もっと単純。)

※参考:(2月下旬の地震)
2003年2月24日 中国西部の地震(M6.3)
2004年2月24日 モロッコの地震(M6.5)
2005年2月22日 イラン地震(M6.4)
2006年2月22日 モザンビークの地震(M7.2)
2008年2月20日 スマトラ島沖の地震(M7.5)
2011年2月22日 カンタベリー大地震(M6.3)

見落としていた

1948年6月28日 福井地震(M7.1)
の約2ヶ月前に起きた、“前ぶれ地震”である、
1948年4月18日 和歌山県南方沖の地震(M7.0)
を完全に見落としていました。

1948年4月18日 和歌山県南方沖の地震(M7.0)【見落とし】
↓(58日後)
1948年6月15日 紀伊水道の地震(M6.7)
↓(13日後)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)


※そうなると、
2012年12月7日 三陸沖地震(M7.4)
↓(57日後)
2013年2月2日 十勝地方中部の地震(M6.5)
↓(13日後)
2013年2月15日


つまり、「人々が地震のことを忘れかけ、油断しかけた時に『本命地震』が起きる可能性が、十分にあり得る」という事です。
(というか、私は、そちらの予想に傾きつつあります。)

なお、「地震の山場」で、約2ヶ月前の“前ぶれ地震”がある場合、大震災になり易いという印象があります。

中国の地震(過去の)

※昨日の、「大きな地震は続く」の“続き”ではないですが、

以前から、中国の、
同じチベットで起きた地震が、ちょっと気になっていました。

2008年5月12日 中国・四川大地震(M8.0)
2010年4月14日 中国・青海省の地震(M7.1)


言うまでもなく、空いた期間は2年弱です。

なお、上の青海省の地震(M7.1)は、大きな地震が集中した時期に起こりました。

2010年4月5日 メキシコの地震(M7.2)
2910年4月7日 スマトラ島近海の地震(M7.5)
2010年4月11日 南太平洋の地震(M7.0)
2010年4月14日 中国・チベットの地震(M7.1)
2010年4月14日 アイスランドの、エイヤフィヤトラ・ヨークトル火山の大規模噴火開始

サンタクルーズ諸島でM8.0の地震

サンタクルーズ地震
※本日昼前、サンタクルーズ諸島(ソロモン諸島)で、M8.0の地震が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20130206130528394-061012.html

先日の群発地震は、この地震の“前ぶれ”だったようです。

いずれにしても今回、サンタクルーズ諸島の地震は、日本の地震と呼応しているようなので、次は日本の番でしょう。

私の予想は、最後の最後で“肩すかし”を食うことが多いのですが、今回は“ガチ”みたいです。

※それと、「大きな地震は続かないんじゃないか」という投稿を時々見かけますが、
それは完全に逆です。

大きな地震は続くのです。

※参考:
1944年12月7日 昭和・東南海地震(M7.9)
1945年1月13日 三河地震(M6.8)
1946年12月21日 昭和・南海地震(M8.0)
1948年6月28日 福井地震(M7.1)

1993年7月12日 北海道南西沖地震(M7.8)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)


プレート

「3番目の地震の山場」(改めて)

※改めて書いておきますが、
現在は、2011.3.11東日本大震災(M9.0)の、「3番目の地震の山場」の中にいます。

1854年12月23日・24日 安政地震(東海・東南海地震+南海地震)
↓(1年7ヵ月30日後)
1856年8月23日 安政三陸沖地震 - M 7.5、
(安政江戸地震(M7.1)は「2番目の地震の山場」で起きた。)

1923年9月1日 大正・関東大震災 - M 7.9(Ms 8.2)、
↓(1年8ヵ月22日後)
1925年5月23日 北但馬地震 - M 6.8、死者428人。


2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
↓(1年8ヵ月26日後)
2012年12月7日 三陸沖地震(M7.3)
(「3番目の地震の山場」の始まり )


今回、「最初の地震の山場」や「2番目の地震の山場」で、大した地震は起きていないので、

この「3番目の地震の山場」で、震災クラスの地震が起きる可能性は非常に高いです。

今日は「立春」

本日2月4日は「立春」です。
今日から正式に、「五黄土星」癸(みずのと)巳の一年が始まります。

そんな中、下のニュースが、
「市川團十郎さん、肺炎のため死去」↓
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/kabuki/?1359906709

『 弁慶や助六などの風格ある大きな舞台ぶりで歌舞伎界を代表する立ち役として活躍してきた、十二代目市川団十郎さんが、3日午後9時59分、肺炎のため東京都港区の病院で死去した。66歳。』

※昨年、話題なった予言を思い出します。
889 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 15:03:34.87 ID:CfNyLwIV0
歌舞伎界の大物が去り
一週間後千葉に大きな地震
首都完全麻痺

津波が襲い死者数20万人
この影響で大企業が次々倒産するので
生き残っても辛い辛い人生になる
全然関係ない地方だが夕張みたいになる
農家だけは食べ物を確保でき安全 』
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR