日本は大丈夫!

※下のブログに、興味深い記事がありました。↓
http://macroanomaly.blogspot.jp/2012/10/blog-post_29.html

『 「日本化」は恐怖の言葉
『ブルームバーグ』のコラムから。「『Japanization(日本化)』ほどエコノミストの心に恐怖を呼び起こす言葉はない。長期低迷、デフレ、さらに国際的地位低下 ・・・ 日本がたどった失われた10年 ・・・ 首相と財務相の頻繁な交代 ・・・ 政治的な支離滅裂」。しかし、「その間日本は一度も崩壊の危機のようなものに直面したことはない。犯罪が急増することもなく、ホームレスの数が爆発的に増えることもない。米国のリセッション(景気後退)ほど大量に雇用が失われることもなかった」、「昨年の大震災後の信じられないほどの落ち着きも忘れてはならない。米国で2005年のハリケーン『カトリーナ』の後に起こったような暴動も略奪も起こらなかった」。 その理由 ―― 日本を一つにまとめている「接着剤」 ―― とは何なのでしょうか?:
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MCCQ2N6KLVS501.html

「日本は一度も崩壊の危機のようなものに直面したことはない」からこそ、いつまで経っても改革が進まず、じわじわと破滅に向かっているのかも知れません。私の知人の中には、すでに家族ぐるみで日本を脱出した人たちや、その準備をしている人たちがいます。』


言うなれば、高度成長期の日本は“芋虫”の状態。
そして、今の日本は“さなぎ”の状態です。

もうすぐ、日本は“蝶”になりますよ!

白山で群発地震 4時間で100回余り

※「白山で群発地震 4時間で100回余り」という記事がありました。↓
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2012102902000165.html

『 【最大M2.5 注意深く監視必要】
石川、岐阜県境の白山(二、七〇二メートル)で、十月二十七日夜から二十八日未明に群発地震が起きていたことが、気象庁の観測で分かった。いずれも揺れを感じない震度0の地震だったが、その数は約四時間で百回余りにも上る。識者らは「一過性の現象か、噴火に直接つながる可能性があるのか、注意深く監視する必要がある」と話す。

平松准教授によると、白山は百~百五十年間の活動期と、三百~四百年間の休止期を繰り返している。こうした歴史的なデータを踏まえ「少なくとも、いつ噴火してもおかしくない状態ではある」との見方を示した。』


※白山と言えば、10月21日に、謎の発光現象があったばかりです。↓
http://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-2747.html

いろいろと、騒がしくなってきました。

地震掲示板より(青森の“ひび割れ”)

※下の地震掲示板に、興味深い投稿がありました。↓
http://jisbbs.com/thread_184852.html

『 ひび割れ NO.184852 津軽人 2012/10/30 Tue 07:52
青森県内の各道路で311の時には見られなかった道路のひび割れや、建物内部のひび割れが増加傾向にあります。今年は雨が少なかったせいもあるかも知れません。

それと青森市内の知人の飲食街では、ひと月前から溝鼠も家鼠も居なくなったし見なくなったと云ってました。大体の店が下水道とトイレが直結なので、居る筈のものが居なくなれば、気持ち悪い。311の時は、半年も前に鼠が消えた家もあります。未だに戻らないようです。』

植物生体電位

※「植物生体電位観測 愛知県美和観測点」で、昨日から今日にかけて、大きな反応が出ています。↓
http://sa89a.net/tbp/

※昨日(10月28日)
植物生体電位10.28
※今日(10月29日)
植物生体電位10.29

ここに反応が出ると、「早い段階で、大き目の地震が起きる」という印象があります。

衆院鹿児島3区補選 自民・宮路和明氏当選

※昨日の衆院鹿児島3区補選は、自民党の宮路和明氏が当選となりました。↓
http://news.livedoor.com/article/detail/7088087/

『 衆議院鹿児島3区の補欠選挙は事実上、宮路氏と、松下忠洋前金融相の後継者として立候補した国民新党の新人・野間健氏による一騎打ちとなり、宮路氏が7万694票だったのに対し、野間氏は6万5025票で、得票差は約5600票と、接戦だった。

また確定投票率は56.60%で、2009年の前回衆院選時の72.95%を下回り、過去最低となった。』


自民党が勝つには勝ちましたが、やはり、大勝するほどの“勢い”は無いようです。

カナダでM7.7の地震

カナダ地震
※本日 昼、カナダのクイーンシャーロット諸島で、M7.7の地震が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20121028143539394-281204.html

昨日、「10月は、もう大きな地震は起きないんじゃないか」と書いたばかりですが、大きな地震が起きてしまいました。

正直、この先、どちらに転ぶか分かりませんが、
少なくとも、数日中に日本で大きな地震が起きたとしても、「意外」ではなくなりました。

1854年12月23日・24日 安政地震(東海・東南海地震+南海地震)
↓(1年7ヵ月30日後)
1856年8月23日 安政三陸沖地震 - M 7.5、

1923年9月1日 大正・関東大震災 - M 7.9(Ms 8.2)、
↓(1年8ヵ月22日後)
1925年5月23日 北但馬地震 - M 6.8


2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
↓(1年7ヵ月17日)
2012年10月28日(本日)

北方領土問題

※2chの「プーチン・スレ」や、「北方領土・スレ」をよく見ます。↓
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1349250951/123-130

125 :七つの海の名無しさん:2012/10/12(金) 16:10:53.24 ID:A5/6xfcV
ロシアはさ、日本を取り込みたいんだよ。石油やガスパイプラインを引くのもそうだけど、
もっと他に、経済協力や我が国の優れた産業技術とか、そういうのも欲しがっていると思う。

それからプーチン大統領個人からは、日本政府の誠実な姿勢及び勇気と決断を求めていると強く実感したなあ。
「貴方たち日本は、この先も米国の言うがままに資金提供し、国内政治やマスコミまで牛耳らせ国民を裏切り続けるのですか?」・・・
なんだか、こんな風にプーチンから問われてるような気がしてならないんだけど。
オレだけかな?』


北方領土問題の解決は、「それが解決した」という事だけにとどまらず、日本を大きく変えてしまうでしょう。

映画「ロードオブザリング」より「in dreams」

※映画「ロードオブザリング」より「in dreams」を紹介します。


ボーイ・ソプラノが、心に沁み入ります。
ちなみに、サントラではありません。

インド・ベンガル湾の島にコビレゴンドウが集団座礁

※「インド・ベンガル湾の島にコビレゴンドウが集団座礁、約40頭」という記事がありました。↓
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2909260/9736650
ゴンドウクジラ

『 【10月26日 AFP】ベンガル湾に浮かぶアンダマン・ニコバル諸島の北アンダマン島西岸で、クジラの仲間のコビレゴンドウ約40頭が集団座礁して死んでいるのが見つかった。』

インドと言っても、スマトラ沖に近い島です。
やはり、この辺り(インドネシア近辺)は、何かあるのでしょう。

それと、【10月下旬】の地震ですが、
「10月は、もう大きな地震は起きないんじゃないか」と思っています。

北方領土3島返還論

※北方領土の事をいろいろ調べると、3島返還論も結構、話題に上っています。↓
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2439298.html

『 野付水道は、深い所で水深50メートルほどで、潜水艦が潜航したまま通過することは、不可能と思います。

国後水道は、200メートルを超える水深がありますが、深い部分が択捉島沿で急カーブしており、両島の中間線を境界にした場合、択捉島側から水中ケーブルで潜航する潜水艦の通過を完全に監視し、その行動を牽制することが可能です。

ですからロシア側は、四島返還ではオホーツク海を守れないが、三島返還ならオホーツク海をほとんど現状に近い状態で守れるかもしれません。』


択捉島は現在、ロシアの軍事基地になっていて、択捉島の返還はあり得ません。

宮城県沖でM5.6(震度5弱)の地震

宮城県沖地震10.25
※本日19時32分頃、宮城県沖を震源とする、M5.6(震度5弱)の地震が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/2/20121025194402391-251932.html

やはり、地震活動は活発です。
そして、このまま、「3番目の地震の山場」に、“なだれ込んで”しまうのでしょうか。

1707年10月28日 宝永地震(東海・東南海・南海地震・M8.6)
1891年10月28日 濃尾地震(M8.0)
2004年10月23日 新潟県中越地震(M6.8)
2010年10月25日 スマトラ島沖の地震(M7.7)

2011年10月22日 南太平洋の地震(M7.4)
2011年10月23日 トルコ東部の地震(M7.2)
2011年10月29日 ペルーの地震(M6.9)


それと、「石原慎太郎フラグ」が現実になりましたね。
(石原氏は、2011年3月11日に、都知事選への出馬を表明した。)

中米コスタリカでM6.5の地震

※本日 昼前、中米コスタリカでM6.5の地震が発生しました。
コスタリカ地震
9月5日に起きた、M7.6の余震でしょう。
いずれにしても、地震活動が活発になってきました。

※なお、(前にも書きましたが、)
「3番目の地震の山場」が遅かった例として、次の“もの”があります。
1854年12月23日・24日 安政地震(東海・東南海地震+南海地震)
↓(1年7ヵ月30日後)
1856年8月23日 安政三陸沖地震 - M 7.5、

1923年9月1日 大正・関東大震災 - M 7.9(Ms 8.2)、
↓(1年8ヵ月22日後)
1925年5月23日 北但馬地震 - M 6.8、


※そして今回は、今のところ下の通りです。
2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
↓(1年7ヵ月13日)
2012年10月24日(本日)


言うまでもなく、「3番目の地震の山場」は、いつ始まっても不思議ではありません。

鳥島近海でM5.8の地震

鳥島近海の地震
※先程(17時54分頃)、鳥島近海を震源とする、M5.8の地震(深さ約450kmの深発)が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20121023175936391-231754.html

結構、大きな地震です。

※それと今日、「植物生体電位観測 愛知県美和観測点」で、
大きな反応が出ているのも気になります。↓

http://sa89a.net/tbp/
植物生体電位

岡山の用水路に数千匹のザリガニ出現

ザリガニ
※「岡山の用水路に数千匹のザリガニ出現」という記事がありました。
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2012101909225054

『 アメリカザリガニが、岡山市東区神崎町の用水路で2年ぶりに大量出現している。数千匹はいるとみられ、異様な光景となっている。

東区の同所から北幸田にかけての住宅地にある用水路に出現。水深は浅く、体長5~10センチサイズが体の半分ほどを水面から出して密集している。昼間は天敵のカラスなどに見つからないよう、約20カ所ある橋の下などに約300匹ずつが身を寄せ合っている。

この場所では2010年にも大量出現。地元住民によると、昨年は異常発生しなかったが、今年は今月初旬から姿を現し始めた。

県内の野生生物研究者らでつくる岡山野生生物調査会によると、気温が下がり、冬眠に適した場所を探して用水路をさかのぼり、行き止まりとなった上流部分に集まった可能性があるという。』


※地震との関係は不明ですが、
2010年の「大量出現のニュース」は、10月11日に記事にしていました。↓

http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/2d6a6a9e70f272fcd1181f8dd31d8ec4

新潟県中越地方の群発地震

※新潟の地震は、群発になっています。
平成24年10月18日09時04分頃 新潟県中越地方 M2.0 震度2
平成24年10月18日09時02分頃 新潟県中越地方 M2.2 震度2
平成24年10月18日07時35分頃 新潟県中越地方 M1.3 震度1
平成24年10月18日07時27分頃 新潟県中越地方 M2.5 震度3
平成24年10月18日06時22分頃 新潟県中越地方 M2.0 震度2
平成24年10月18日05時48分頃 新潟県中越地方 M1.7 震度1
平成24年10月18日05時38分頃 新潟県中越地方 M2.2 震度2
平成24年10月18日01時16分頃 新潟県中越地方 M3.4 震度3
平成24年10月18日01時02分頃 新潟県中越地方 M1.8 震度1
平成24年10月18日00時41分頃 新潟県中越地方 M1.8 震度1
平成24年10月18日00時25分頃 新潟県中越地方 M2.6 震度3
平成24年10月18日00時01分頃 新潟県中越地方 M4.2 震度4
平成24年10月17日22時48分頃 新潟県中越地方 M2.2 震度2


この先、“どうなるか”は分かりませんが、
群発地震は不気味です。

台風21号は、20日には片づくようですし、
やはり、【10月下旬】は要警戒です。

※ちなみに、2004年は、
台風23号が日本列島を通過したのが、10月21日で、
新潟県中越地震(M6.8)は23日でした。

台風23号
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/2004/20041018/20041018.html

首都圏で“地鳴り”報告

※昨夜から未明にかけて、首都圏で、多数の“地鳴り”報告があったようです。↓
http://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-2718.html

※下の地震掲示板にも、書かれています。↓
http://jisbbs.com/thread_182692.html

NO.182693 風 2012/10/17 Wed 07:38
> いつもは空なりを気にしてますが、今朝はやけに地鳴りしてませんか? 天候のせいですかね。都内です。

私のところでも昨夜0時前後地鳴りが数十分続きました
飛行機ではなく…雷が遠くで鳴っているのかと何度もベランダに出たくらいです

気になって眠れなかった

聞いたのはは都内寄り神奈川です…深夜はすごく閑静な住宅街です

NO.182696 匿名 2012/10/17 Wed 07:52
五反田周辺から地鳴りが聞こえたと言う話が昨日は沢山上がってます。
東京がやばいと昨日から騒がれてますよ。』

台風情報

現在、日本の南に、台風21号と22号があります。

台風22号は今週中に、
そして21号は、21日頃に片づいてしまうようです。

台風21号

台風も、【今月下旬】の地震発生を示唆しているように思えます。

HAARPの反応

haarp10月14日
※昨日のHAARPの反応は、-1500 を超えました。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

※また昨日は、「関東での雲」が話題になっていたようです。↓
http://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-2699.html

なんとなく、それらしい雰囲気になってきました。

※なお、繰り返しになりますが、
(もちろん、日本とは限りませんが、)
【10月下旬】に“一山”あるのは、間違いありません。

1707年10月28日 宝永地震(東海・東南海・南海地震・M8.6)
1891年10月28日 濃尾地震(M8.0)
2004年10月23日 新潟県中越地震(M6.8)
2010年10月25日 スマトラ島沖の地震(M7.7)

2011年10月22日 南太平洋の地震(M7.4)
2011年10月23日 トルコ東部の地震(M7.2)
2011年10月29日 ペルーの地震(M6.9)

琵琶湖アユの産卵2%に激減

※「琵琶湖アユの産卵2%に激減 原因不明の異常事態 」という記事がありました。↓
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/411326.html

『 琵琶湖のアユの産卵数が平年の2%程度に激減していることが10月13日までに、滋賀県水産試験場(彦根市)の調査で判明した。琵琶湖は全国有数のアユの産地として知られるが、漁獲量が大幅に落ち込む事態も予想される。詳しい原因は不明で、県の担当者は「ここまでの産卵不振は異常事態だ」と頭を抱えている。

試験場は、アユの産卵期に合わせて毎年8月下旬から、琵琶湖に流れ込む11本の河川で調査を始める。今年は10月中旬までに4回実施。調査はまだ残っているが、これまでに確認されたのは約2億粒で、平年値の113億粒を大きく下回っている。約25年前の調査から最低の数値という。』


※「琵琶湖」といえば、「堆積物の噴出」というニュースもありましたし↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/d11f04bab0f61404f1e83b8f35bb737e

ちょっと、気になる情報です。

HAARPが振れてきた

haarp10月13日
※また、HAARPが振れてきました。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

【10月下旬】に向けて、条件が整いつつあるように思えます。

千葉県北東部でM5.0の地震

千葉県北東部地震
※本日、午後2時前、千葉県北東部を震源とする、M5.0の地震が発生しました。↓
http://www3.nhk.or.jp/sokuho/jishin/JS20121012135701_20121012140620.html

相変わらず、不気味な地震が続いています。

※また、同じく昼過ぎに、インドネシア東部沖でM6.7の地震も起きています。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121012-00000052-reut-int

いろいろと騒がしくなってきました。

ただ私は、10月中旬には、少なくとも「大震災となる地震」は起きないと思っています。

地震のペース

(雑音や雑念のない、)昨年12月に、
2011.3.11東日本大震災の「3番目の地震の山場」は、今年の「秋」だと予想していました。

その理由ですが、3.11東日本大震災(M9.0)後の地震のペースが、少し遅いように感じられたからです。

※例えば、ペースが速いものの例として、次のものがあります。
1896年6月15日 明治三陸地震 - M 8.2〜8.5、
1986年8月31日 陸羽地震 - M 7.2、
1987年2月20日 宮城県沖地震 - M 7.4、
1987年8月5日 三陸沖で地震 - M 7.7、

1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.2)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)
1995年5月27日 北樺太(カラフト)北部地震(M7.6)
1995年12月4日 択捉(エトロフ)島付近の地震 - M 7.7


※それとは逆に、遅いものの例は、
1923年9月1日 大正・関東大震災 - M 7.9(Ms 8.2)、
1924年1月15日 丹沢地震 - M 7.3、
1924年8月15日 茨城県沖で地震 - M 7.2。
1925年5月23日 北但馬地震 - M 6.8、


※そして今回は、(2012年3月14日に、三陸沖地震(M6.8)が起きたりと、)少し後ろにズレる傾向があります。
2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
2011年7月10日 三陸沖地震(M7.3)
2012年1月1日 鳥島近海の地震(M7.0)
(2012年3月14日 三陸沖地震(M6.8))

2012年?月?日 ???


したがって今回は、「【10月下旬】に[3番目の地震の山場]が始まる」というのは、合っているような気がします。

HAARPの反応は続いている

haarp10月10日
※HAARPの反応は続いています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

※また昨日は、「茨城県神栖市矢田部(茨城県の一番南)の海岸に、マッコウクジラの赤ちゃんが打ち上げられた、」というニュースがありました。↓
http://www.asahi.com/national/update/1009/TKY201210090077.html

不穏な雰囲気になってきました。
ただ私は、大きな地震が起きるのは【10月下旬】だと思っています。

地震掲示板より(ネズミ)

※KS氏の地震掲示板に、(ウソか本当か分かりませんが、)下のような投稿がありました。↓
http://www.progoo.com/rental/normal_bbs/bbs.php?pid=11087

『 No.166433 ネズミ 投稿者:川崎市のランナー 投稿日:2012/10/10(Wed) 05:44
今朝、散歩していたら側溝の配水管からネズミが
うじゃうじゃと出てきて一斉に逃げるように
道路を渡っていきました。
道路一面をネズミが埋め尽くしていたので、間違いなく100~500匹はいました。
道路を渡ってから茂みの中に消え去ったので、どこへ行ったのかは分かりませんが、あんな不気味な光景は初めて見ました。
同じタイミングで近所の犬が鎖を引きちぎるように暴れていたのも気になります。
地殻でなにかしら異変が起きているのか、地震が近づいている感じがしてならないです。』

HAARPに強い反応

haarp10月9日
※HAARPに、強い反応が出ています。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

※先日、10月1日の反応より大きいです。
haarp10月1日

※それと、微妙な地震も続いています。
平成24年10月09日07時47分頃 千葉県北西部 M3.3 震度1
平成24年10月09日05時55分頃 千葉県北西部 M3.7 震度2
平成24年10月08日20時04分頃 茨城県南部 M4.0 震度3

ジャッキー・エヴァンコ ネッラ・ファンタジア

今日、ジャッキー・エヴァンコという、12歳の歌手の存在を知りました。

※ジャッキー・エヴァンコ ネッラ・ファンタジア


シャルロット・チャーチの場合、声に幼さがあったのですが、
エヴァンコは、すでに完成された感じです。

かなり、ビックリ!

「ネッラ・ファンタジア」
私が想像する世界は正しい世界
誰もが平和に正直に生きる場所
私が夢見るのは常に自由な魂たち
流れる雲のように
魂の奥深くは人間味に溢れて
想像の世界には温かい風が吹く
友達のように、街から街へ吹きぬける
私が夢見るのは常に自由な魂たち
流れる雲のように
魂の奥深くは人間味に溢れて

2011.10.23.トルコ東部地震(M7.2)

※昨年の10月23日に起きた、トルコ東部地震(M7.2)を、改めて紹介しておきます。

さて、トルコ東部地震(M7.2)は、昨年起きた海外の地震の中で、強く印象に残っている地震です。

※もちろん、本震での被害が大きかったからですが、↓
http://www.asahi.com/international/update/1024/TKY201110240081.html

※11月9日に起きたM5.6の余震に、日本人が巻き込まれたから、でもあります。↓
http://www.asahi.com/international/update/1110/TKY201111100404.html

そして、日本人が巻き込まれたという点で、
2011年2月22日に起きた、ニュージーランドの地震(M6.3)を思い出させます。

10月下旬の地震

※少し前、「昨年の12月4日に、下の“地震予想”をしていたこと」を紹介しました。↓
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

『 この【2011年12月~2012年1月】を過ぎたら、
次に、日本で“大きな地震”が起きるのは、来年(2012年)の「秋」だと思っています。』


実は、この地震予想は、特に【10月下旬】を意識して書いたものです。

※というのは、昨年、下の地震が起きたあと、
2011年10月22日 南太平洋の地震(M7.4)
2011年10月23日 トルコ東部の地震(M7.2)
2011年10月29日 ペルーの地震(M6.9)


「来年(2012年)は、このタイミングで、日本で大きな地震が起きるだろうな」と思ったのです。

静かになった

地震に関して、静かになりました。

10月2日の、三陸沖地震(M6.3)は、
“前ぶれ”というより、“挨拶代わり”だったのかもしれません。

※そうすると、「3番目の地震の山場」が始まるのは、
(実は、去年から注目していた、)
【10月下旬】から、なのかもしれません。

1707年10月28日 宝永地震(東海・東南海・南海地震・M8.6)
1891年10月28日 濃尾地震(M8.0)
2004年10月23日 新潟県中越地震(M6.8)
2010年10月25日 スマトラ島沖の地震(M7.7)

2011年10月22日 南太平洋の地震(M7.4)
2011年10月23日 トルコ東部の地震(M7.2)
2011年10月29日 ペルーの地震(M6.9)

日本テレビ スッキリ!! テリー伊藤の発言②

※「日本テレビ スッキリ!! テリー伊藤の発言」が、いまだに波紋を広げています。↓
http://www.youtube.com/watch?v=8KWD5IHEnpQ

※昨日は、青山繁晴さんも、テリー伊藤氏を批判していました。↓
http://www.youtube.com/watch?v=4wqYvLI51V4

さて、安倍さんは、確かに実績はあったでしょう。
しかし、当時、国民が望んでいる“もの”ではなかった。

それと、尖閣について私は、
有効利用や開発はあきらめて、「防衛ライン」と割り切るべきだと思っています。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR