9月は地震が少なかった

※9月は、日本での地震が少なかったです。↓
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/eq/1348748927/

19 :M7.74(新疆ウイグル自治区):2012/09/28(金)
(2012年)各月の震度1以上の有感地震件数
1月 333件 平均10.74件/日
2月 300件 平均10.34件/日
3月 296件 平均 9.55件/日
4月 273件 平均 9.10件/日
5月 245件 平均 7.90件/日
6月 240件 平均 8.00件/日
7月 246件 平均 7.94件/日
8月 247件 平均 7.97件/日
9月 156件 (9月27日21時現在)9月26日までの平均5.96件/日

(2012年)各月の震度4以上の有感地震件数
1月 12件
2月  8件
3月  9件
4月  8件
5月  4件
6月  5件
7月  9件
8月  7件
9月  1件(27日21時現在)

それにしても、なんで急激に減ったんですかね? 』


印象的にも、9月はガクッと地震が減った気がします。

※そして、これは、
大正・関東大震災(M7.9)の前兆現象を思い出させます。↓

http://119110.seesaa.net/article/103273073.html

『 関東及びその周辺の地震活動は、この地震が迫るにつれて沈静化し,特に7月下旬から8月中旬にかけての 1ヶ月間、東京では有感皆無で文字通り静穏そのものであった。そして 8月下旬に入り、20日、24日、25日に東京で、それぞれ有感 1回ずつ観測した。』

日本テレビ スッキリ!!テリー伊藤の発言

※「日本テレビ スッキリ!!」での安倍新総裁に関する、テリー伊藤の発言が話題になっています。↓
http://www.youtube.com/watch?v=8KWD5IHEnpQ

私は、冷静な良い意見だと思いました。
ところが、動画のコメントは、テリー伊藤に対する批判ばかりです。

私は、この、「テリー伊藤に対する批判ばかり」というのが、
逆に怖い気がします。

※それと、(コメンテーターでは珍しく、)
テリー伊藤は、生活保護問題の河本に対して批判的ですよ。↓

http://www.sanspo.com/geino/news/20120526/sca12052605040001-n1.html

大地震の前は暑い(ヒガンバナ)

近所で、今、ヒガンバナの花茎が出ています。
(まだ、花は咲いていない。)

やはり、例年より遅いです。
(咲くのは、いつも彼岸の頃。)

※調べると、2010年は“もっと”遅く、10月8日に花が咲いています。
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/s/%C8%E0%B4%DF%B2%D6

『 今、彼岸花の花芽が出ています。
キンモクセイと彼岸花が、同時期に咲くのを見たのは初めてです。

「この夏が、いかに暑かったのか、」を物語っています。』


今年の夏は、「2010年に次ぐ猛暑」といった感じでしょうか。

安倍新総裁誕生

昨日、安倍晋三氏が、自民党新総裁に選出されました。
ネットでは、支持する声が多いようです。

ただ、私は否定的です。

なぜなら、安倍氏は、日本を立て直せると思っているからです。

これは、2008年の、オバマ大統領誕生を思い出させます。

オバマ大統領・誕生時、人々は大きな期待を抱きました。
しかし、今は失望に変わっています。

3番目の地震の山場(改めて)

今日で、2011.3.11東日本大震災から、
1年6ヵ月15日になります。

※前に書いたとおり、「3番目の地震の山場」は、いつ始まっても不思議ではありません。↓
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

※ただ、下のような例もあります。
1854年12月23日・24日 安政地震(東海・東南海地震+南海地震)
↓(1年7ヵ月30日後)
1856年8月23日 安政三陸沖地震 - M 7.5、

1923年9月1日 大正・関東大震災 - M 7.9(Ms 8.2)、
↓(1年8ヵ月22日後)
1925年5月23日 北但馬地震 - M 6.8、


したがって、遅くとも11月中には、「3番目の地震の山場」は始まると思います。
(今の雰囲気だと、10月中でしょうか。)

M8級「関東地震」、2千年間で5回

※「M8級「関東地震」、2千年間で5回 堆積物で判明 」という記事がありました。↓
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG23017_T20C12A9CR8000/?dg=1

『 関東南部周辺を震源とするマグニチュード(M)8級の巨大地震「関東地震」が約2千~4千年前の2千年間に少なくとも5回起こっていたことを示す津波堆積物を筑波大や東大などのチームが23日までに、神奈川県の三浦半島で発見した。

津波堆積物は、巨大地震による津波で残ることが多く新しいほど浅い。今回調査した場所では、2千年前より新しい地層はきれいに残っておらず、1923年の関東大震災以外の津波堆積物は見つからなかった。チームはさらに調査範囲を広げて過去2千年の堆積物を探し出す方針だ。

チームは三浦半島の南側にある江奈湾で、干潟や湿地から地層を採取。長さ3メートル前後の柱状の地層試料に、海から運ばれて堆積したとみられる砂やけい藻の化石などを含む厚さ約5~20センチの地層を計6層見つけた。

一番上の層は関東大震災の津波で、残りの5層は約2千~4千年前に起きた地震の津波で運ばれたと推定された。元禄地震の層は確認できなかった。約3千年前に積もった層は厚さが約20センチあり、大量の土砂を運ぶ津波だったとみられる。

ほかの場所で過去に見つかった地盤隆起の跡や、地震の繰り返す性質を合わせると、関東地震は数百年おきに発生したと考えられるという。チームの千葉崇・筑波大研究員は「空白期間の一部を埋めることができた」としている。』

ヒラリー・クリントンの予言

※ヒラリー・クリントン米国務長官の、「二十年後、中国は世界で最も貧しい国になる、」という予言が話題になっているそうです。↓
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-916.html

『 【新唐人日本2012年7月5日付ニュース】最近ネット上で、クリントン米国務長官がハーバード大学での演説文が広く転載されている。その内容は20年後中国は世界で、最も貧しい国になるというのだ。

根拠は・・・・ 』


※私としては、前に紹介した「オリンピックの法則」から、↓
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

「中国は、2017年頃、重大な危機を迎えるのではないか、」と考えています。

大地震の前は暑い②

※「統計史上もっとも高温の残暑 北日本の平均気温で気象庁」という記事がありました。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120921-00000604-san-soci

『 気象庁は21日、8月下旬~9月中旬の北日本(北海道、東北)の平均気温が統計を開始した昭和36年以降、最も高かったと明らかにした。平年を4・1度上回り、同庁は30年に1度以下しか発生しない「異常気象」との見解を示した。

厳しい残暑となった9月中旬の北日本の気温は平年差5・5度で年間を通じて統計史上最高を記録。東日本(関東甲信、北陸、東海)でも9月中旬の気温が昨年と並び歴代1位タイ、8月下旬と9月上旬は歴代2位だった。

近年の異常気象には、平成22年や16年の猛暑、18~19年の暖冬、約140人の犠牲者を出した「18年豪雪」などがある。』


1994年の猛暑は西日本が中心で、翌年、阪神大震災でした。

そして、今年の猛暑は、北日本と東日本と北陸が中心だったようです。
あとは、タイミングだけの問題?

直下地震想定 神奈川で大規模交通規制訓練

※昨日、「神奈川県で、直下地震を想定した大規模交通規制訓練」があったのだそうです。↓
http://news24.jp/articles/2012/09/20/07214229.html

『 神奈川県で9月20日、首都直下地震が起きたことを想定して、幹線道路を一時封鎖するなど、大規模な交通規制訓練が行われた。

訓練では、神奈川県と東京都を走る幹線道路・国道246号を警察官らが車線規制し、約5分にわたって通行止めにした。

神奈川県警によると、20日の交通規制の訓練は東名高速道路や国道など17か所で行われ、県内の訓練としては最大規模だという。

大規模な災害が発生した時は、被災地に入る車両を抑制するため、一部の道路で緊急車両以外を通行止めにすることになっており、参加した警察官らは真剣な面持ちで訓練に臨んでいた。』


先日の、「帰宅困難者は職場で3日待機」の件も“そう”ですが、
やはり変だと思います。

地震予知の専門家は、おそらく何かをつかんでいるのでしょう。

思えば、2011.3.11の前は、「宮城県での津波を想定した訓練」のニュースが、よく目につきました。

独裁国家が五輪を開催すると10年以内に崩壊する

※「独裁国家がオリンピックを開催すると10年以内に崩壊する、」という法則があるそうです。

1936年:ベルリン
1945年:ドイツ敗戦、東西ドイツ分割へ

1980年:モスクワ
1989年:ベルリンの壁崩壊、東欧民主化、ソ連解体へ

1984年:サラエボ
1992年:ボスニア内戦勃発、ユーゴ連邦崩壊へ

2008年:北京
2016年or2017年:中国崩壊へ?


※そういえば、次のような“もの”もあります。
1908年:ロンドン(1回目)
1914年:第一次世界大戦勃発
1918年:第一次世界大戦終戦

1964年:東京
1973年:オイルショック

1988年:ソウル
1997年:韓国経済危機、IMF管理下へ


独裁国家に限らず、
「ある国で、最初に開催されたオリンピックから、8,9年後に危機が訪れる、」
というパターンが、あるのかもしれません。

「推背図」の予言

現在、中国のことで“大騒ぎ”になっていますが、

※前に、中国の予言書「推背図」を紹介しました。↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/04017bb1481636e7ecdb20f014efe6d7

『 【2011年に中国で内乱が始まり、2015年に新生・中国が誕生する】
北京五輪と上海万博の裏に、人民の怨嗟(えんさ)の声が封じ込まれるが、
その後、社会・経済の矛盾が一気に噴出し、中華人民共和国が瓦解(がかい)する。
そして2015年、新しい中国として「大中華共和国連邦」が設立される。』


※ところが、上の記事の、“引用元のページ”の内容が変わっていました。↓
http://ameblo.jp/babynikkan/entry-10153697310.html#main

『 2012年もしくは2013年に、中国が内乱によって瓦解(がかい)するというのだ。』

「六星占術」ズバリ言うわよ!

細木数子さんの「六星占術」は、相変わらず安定した人気ですが、
この人気の理由が分かる気がします。

というのは、「人の運勢12年周期」は、
おそらく、すべての人に当てはまるからです。

(「六星占術」が当たってないと思われる方は、年をずらして下さい。
私の場合、占いの結果を2年ずらしたらピッタリでした。)

※そして、私の場合、具体的には次のとおりです。
卯年 : 最も厳しい年(様々な事が、すべて裏目に出る。)
辰年 : 準備の年(【春~夏】:整理、【秋~冬】:助走)
巳年 : 良い変化の年、飛躍の年
午年 : 果実の年
未年 : 混乱、無気力、享楽の年
申年 : 成長の年
酉年 : 成長の年
戌年 : 良い年
亥年 : 高め安定の年
子年 : 良い年
丑年 : 衰退の年
寅年 : 低め安定の年

なお、このパターンは、どんなに“あがいても”絶対に変わりません。


それと最近気づいたのですが、さらに大きな枠組みとして、「12年×3=36年」周期というのがあるような気がします。

つまり、現在の状況は36年前と似ているのです。

ロシア正教会の教え

※NHKで、「ロシアはどこに向かうのか・ロシア正教会・キリル総主教に聞く」という解説がありました。↓
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/450/131379.html
(上のページはオススメ。たまたまテレビで見て、思わず見入ってしまった。)

『 我々の価値観を伝えているのです。第一に倫理的な価値観です。あらゆる政治において倫理的な原則が無ければなりません。倫理を失った政治は、政治家自身にもその政治を受けるものにも何の利益をもたらしません。

私は深く確信していますが、教会は善と悪の絶対的な区別が存在し、必要だと主張しなければなりません。善悪は、道徳的な伝統から生まれてくるものなのです。倫理、道徳とは神の存在無くして不可能なのです。』


プーチン大統領は、ロシア正教会を保護し助言も受けています。
※そして、これは、プーチンの前世 ピピンのときと同じ図式です。↓
http://www2.kct.ne.jp/~ryuji58/kct_002.htm

なお、現在、ロシア正教会のキリル総主教が来日してるようです。
キリル総主教

著書「関東大震災」

関東大震災
※今日、本屋で、本当に何気なく(見るともなしに)文庫本を見ていると、吉村昭著「関東大震災」という本が目に留まりました。↓
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102094228/subno/1
(私は、この本の存在を知らなかった。)

内容は、大正・関東大震災のドキュメントのようです。

※そして、この出来事で、「巨大地震のエピソード」を思い出しました。↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/c06c536428ee415e38b5c2c51107bfdc
(2010年5月28日の記事)

『 今日、書店に行くと、いきなり、別冊「ニュートン」の【巨大地震】というタイトルが目に飛び込んできました。
私は「えっ!」と驚き、一瞬、息を飲みました。

こういうのを“シンクロニシティ”と言うのでしょう。
それと同時に、改めて「やはり、巨大地震は起きるのではないか、」という思いを再確認しました。』

中米グアテマラで火山噴火

※9月13日に、中米グアテマラで、大規模な火山噴火があったようです。↓
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120914/k10015023561000.html

『 中米のグアテマラ南部で火山が大規模な噴火を起こし、政府は周辺住民およそ3万3000人に避難命令を出すなど警戒を呼びかけています。
噴火したのはグアテマラの首都グアテマラシティーの南西およそ40キロにある、標高3700メートル余りのフエゴ火山で、9月13日、大きな爆発音とともに噴火が始まりました。

この噴火で溶岩が火口からおよそ600メートルにわたって流れ出たほか、噴煙が高さ3000メートルまで上がり、政府は周辺の住民3万3000人に避難命令を出して警戒を呼びかけています。』


※また、本日午後には、スマトラ沖でM6.2の地震も起きています。↓
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsww/Quakes/usc000cnlk.php

さて、「9月8日の中米ニカラグアの火山噴火のあと、地震は小休止に入っているかも、」と書きましたが、
これでは小休止にもなってませんね。

というわけで、これからは、毎日が警戒日です。

千葉県北東部でM5.1の地震

千葉県北東部地震
※本日未明、千葉県北東部を震源とする、M5.1の地震(震度4)が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/20120914023222391-140222.html

久々の、日本での大きな地震です。

こういう地震が、「続くか続かないか」で、
その先が読めるような気がします。

帰宅困難者は職場で3日待機 首都直下地震で指針

9月10日に、下のニュースがありました。

※「帰宅困難者は職場で3日待機 最大989万人を想定
首都直下地震で指針」↓

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDC1000K_Q2A910C1EA2000/

『 首都直下地震で想定される帰宅困難者対策を検討する内閣府や東京都などの協議会は9月10日、最終報告をまとめた。最大989万人の帰宅困難者が生じると想定し、発生直後の混乱を避けるため、原則3日間は職場などで待機するよう要請。企業など向けのガイドラインも策定し「外から逃げ込んだ人の分を含め、従業員数プラス10%分」の水や食料、毛布などの備蓄をするよう盛り込んだ、、、』

9月10日に、このニュースをテレビで見たとき、違和感を覚えました。
唐突だし、具体的すぎませんか?

過去の地震(まとめ)

※「過去の地震」で、約1年6ヵ月後の地震を“まとめ”てみました。

1946年12月21日 昭和南海地震 - M 8.0(Mw 8.4)
↓(1年6ヵ月7日後)
1948年6月28日 福井地震 - M 7.1、死者・行方不明者3,769人。

1963年10月13日 択捉島沖で地震 - M 8.1(Mw 8.5)、
↓(1年6ヵ月7日後)
1965年4月20日 静岡県で地震 - M 6.1、清水付近で大きな被害、

1993年7月12日 北海道南西沖地震 - M 7.8(Mt 8.1)、
↓(1年6ヵ月5日後)
1995年1月17日 阪神大震災 - M 7.3、

2006年11月15日 千島列島の地震(M8.3)
↓(1年6ヵ月30日後)
2008年6月14日 岩手・宮城内陸地震(M7.2)


2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
↓(1年6ヵ月後)
2012年9月11日


(私の考えが正しければ、)
日本での震災クラスの地震は、もう、いつ起きても不思議ではありません。

ただ、やはり、地震は小休止に入っているようなので、
始まりは来週以降になりそうです。

情報

この情報って、どうなんでしょうか?

※「第2次関東大震災が近い?地震予知団体謎の会合
(未確認情報)」↓

http://gori10.iza.ne.jp/blog/entry/2853370/

『 未確認情報ですが、興味深い話なのでひとつ。9月7日に政府の地震予知団体3つが、秘密の会合を開いた模様。
その会合のニュースが、とあるニュースサイトに掲載されたが、10分で記事が消えたようです、、、』

南海トラフ巨大地震は2030年代に起きる?

サンデー毎日
※今週号の雑誌「サンデー毎日」に、「南海トラフ巨大地震は、計算では2030年代後半に起きる、」という記事がありました。↓
http://mainichi.jp/feature/news/20120908org00m100005000c.html

これは、私の予測(イメージ)である、
「南海トラフ地震は2040年代に起きる」と、ほぼ一致します。

※ちなみに、私の予測の根拠は、前に書いたとおりです。↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/7025db26cd110a4d15672db0ee1b240e

【日本】
1916年~1930年  混迷の時代
1931年~1945年  戦争の時代
1946年~1960年  基礎固めの時代
1961年~1975年  高度成長の時代
1976年~1990年  繁栄の時代
1991年~2005年  低迷の時代
2006年~2020年  混迷の時代

2021年~2035年  安定の時代
2036年~2050年  混乱の時代
2051年~2065年  低迷の時代
2066年~2080年  成長の時代

なお、「2036年~2050年 混乱の時代」の後半で、
東南海・南海地震が起きるのではないかと思っています。』

9月11日になった②

今朝、「地震が小休止に入っている事も考えられる」と書きましたが、
そうすると、次の山場は、【9月下旬~10月上旬】あたりでしょうか。

1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.2)
1999年9月21日 台湾の地震(M7.6)
2000年10月6日 鳥取県西部地震(M7.3)
2003年9月26日 十勝沖地震(M8.0)
2005年10月8日 パキスタンの地震(M7.6)
2009年9月29日 サモアの地震(M8.0)
2009年9月30日 インドネシアの地震(M7.6)

9月11日になった

2011.3.11東日本大震災(9.0)から、【1年6ヶ月】経ちました。

これまで書いてきたとおり、
「3番目の地震の山場」は、いつ始まっても不思議ではありません。

ただし、8月末から大きな地震が続いているので、
「地震が小休止に入っている」ことも考えられます。

(9月8日に、ニカラグアで火山噴火がありましたが、)
特に、「一連の地震のあとの火山噴火で一旦終了」というのは、よくあるパターンです。

2010年4月5日 メキシコの地震(M7.2)
2010年4月7日 スマトラ島近海の地震(M7.7)
2010年4月11日 南太平洋の地震(M7.0)
2010年4月14日 中国・チベットの地震(M7.1)
2010年4月14日 エイヤフィヤトラヨークトル火山噴火

北方領土問題

ニュー速板に、北方領土に関するスレが立っていました。
※【社会】ロシア大統領「日本との領土問題解決に意欲」★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1347199450/l50

437 :名無しさん@13周年:2012/09/10(月) 03:09:25.61 ID:kjj/gEnR0
ロシアと仲良くしとく利点をさらに挙げとくと……

・シベリアに核廃棄物を、こっそり捨てさせてくれるかも
ってのがある。今でもフランスから引き受けまくり。
(プーチンは、「福島のゴミを引き受けてもいい、」
と言っていたと思う。)

438 :名無しさん@13周年:2012/09/10(月) 03:09:58.40 ID:5wyu+PAc0
3島が妥当だろうな。森も匂わす事言ってる
おそらく、国後、歯舞、色丹は千島列島じゃなくて北海道の属島ということで決着させる

514 :名無しさん@13周年:2012/09/10(月) 03:43:40.85 ID:1w9t6wcn0
国後島帰ってきたらその土地の一部を福島で避難地域された人に
等価交換してあげればいいのに
あそこで獲れるカニだけで元とれるから

522 :名無しさん@13周年:2012/09/10(月) 03:46:22.59 ID:T/zrOZLG0
ロシアから、パイプラインで天然ガスを安く輸入出来るメリットは莫大だ 』


なかなか参考になります。
傾向としては、4島返還にこだわる人は非常に少なく、2島返還でよいという人が多い、ということ。

やはり、現実的には、「国後、歯舞、色丹の3島返還で決着」でしょう。

それと、ハッキリ言って、
いまさら択捉島が戻ってきても、持て余すだけですよ。

中米ニカラグアで火山噴火

※中米ニカラグアで、火山が噴火したようです。↓
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012090900040

『 ニカラグアの活火山で、同国最高峰のサンクリストバル火山(標高1745メートル)が9月8日、3回にわたって噴火し、近隣住民3000人が避難した。』
ニカラグア火山噴火

※先日の、下の地震と無関係ではないでしょう。
2012年8月27日 中米エルサルバドルの地震(M7.3)
2012年9月5日 中米コスタリカの地震(M7.6)


そして、2011.3.11東日本大震災(M9.0)以降、日本で大きな噴火がないのが不気味です。

中国・雲南省でM5.7の地震②

※中国の地震で、日本の地震と、関係がありそうな“もの”を抜き出してみました。
2008年5月8日 茨城県沖地震(M7.0)
2008年5月12日 中国・四川大地震(M8.0)

2011年3月9日 三陸沖地震(M7.3)
2011年3月10日 中国・雲南省の地震(M5.4)
2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2012年6月30日 中国・新疆ウイグルの地震(M6.6)
2012年7月3日 東京湾(相模トラフ)の地震(M5.4)

2012年9月7日 中国・雲南省の地震(M5.7,M5.6)
2012年9月?日 ???


パターンからすると、【来週の前半あたり】 警戒でしょうか。

国天然記念物 島田の頼朝杉折れる

※「国天然記念物 島田の頼朝杉折れる」↓
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20120907-OYT8T01281.htm
島田の頼朝杉

『 静岡県島田市は9月7日、同市千葉の智満寺付近にある国指定天然記念物「智満寺の十本杉」のうち、樹齢800年以上と推定される「頼朝杉(よりともすぎ)」が根元から折れたと発表した。

倒れた頼朝杉は高さ36メートル、直径約3メートル。鎌倉幕府を開いた源頼朝が手植えしたと伝えられている。市教委文化課によると、今月2日、大きな音に驚いた地元住民が倒れた頼朝杉を発見した。

市教委の担当者は、「木の内部が腐っており空洞化していた。倒木は老齢化が原因だろう」と話している。』


ちょっと、不吉な感じです。

中国・雲南省でM5.7の地震

※昨日9月7日昼頃、中国南西部でM5.7の地震が発生しました。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120907-00001103-yom-int

『 ≪中国南西部でM5級地震相次ぐ、64人死亡≫
新華社通信などによると、中国雲南省昭通市と貴州省畢節市の境界付近で9月7日昼、マグニチュード5・7と同5・6の地震が立て続けに発生し、少なくとも64人が死亡、715人が負傷した。

被災地では、住宅約1900戸が倒壊し、約17万戸が損壊した。小学校が大きな被害を受けたという情報もあり、犠牲者は更に増える可能性もある。被災者数は70万人以上にのぼるとみられ、地元当局は救援隊を派遣するとともに、テントや毛布などの支援物資を緊急輸送した。温家宝首相も被災地に向かった。』


※ネットでも話題になっていますが、2011年3月10日に、
これと、よく似た地震が起きています。↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/d/20110310

(私のブログより、)
『 新華社電によると、中国雲南省盈江県で3月10日昼すぎ、マグニチュード(M)5.8の地震が発生し、14人が死亡(最終的には25人)、135人が負傷した。震源地はミャンマー国境に近い地点で、震源の深さは約10キロ。余震が続く中、家屋の倒壊現場で救出活動が続けられている。』

今回、地球は本気のようです。』


なにやら、「日本の大地震・前夜」という雰囲気になってきました。

「秋」という霊聴

以前、「イレブン」という“霊聴”があったことを紹介しましたが、

※もう一つ気になっている“霊聴”に、「秋」というのがあります。↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/789001991cb019b248b271e232aa246e

これは、1991年8月にあった“霊聴”で、
毎年「秋」になると、いつも気にしていました。

しかし、いまだに、成就したとは思えないのです、、、

過去の地震(追加の追加)

昨日、“新潟地震(M7.5)”について書きましたが、もう少し詳しく説明したいと思います。

※さて、ウィキペディアの「地震年表」によると、下のとおりです。
1963年10月13日 択捉島沖で地震 - M 8.1(Mw 8.5)、
↓(約8ヵ月後)

1964年6月16日 新潟地震 - M 7.5、死者26人。
(「2番目の地震の山場」)

↓(択捉地震から、約1年6ヵ月後)

1965年4月20日 静岡県で地震 - M 6.1、清水付近で大きな被害、死者2人。
(「3番目の地震の山場」)


ここでも、「3番目の地震の山場」は、【1年6ヵ月後】あたりから始まっています。
やはり、【1年6ヵ月後あたり】というのが、ポイントになりそうです。

2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)
↓(1年6ヵ月後)
2012年9月11日

ネット上で謎のカウントダウン

※「ネット上で謎のカウントダウン」が話題になっています。↓
http://www.illuminatiorder.info/ac/augury/index.html
(たくさんの人が見ているのか、ページが重い。)

あさって9月9日の13:23:33で、ゼロになるようです。
ノストラダムスの、「1999年7の月」を思い出します。

それと、「マヤの終末」、今年の12月も盛り上がるのでしょうね。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR