グリーンランド沖でM6.8の地震

※昨夜、グリーンランド沖でM6.8の地震が発生しました。
グリーンランド沖地震
結構、大きな地震です。

8月27日の、エルサルバドルの地震(M7.3)から、
地震活動の活発な状態が続いています。

ただ、なんとなく中途半端な気がしますし、
これで“終わり”ではないでしょう。

数日中に、地球上の“どこか”で、また大き目の地震が起きそうです。

そして、もちろん、それは日本かもしれません。

宮城県沖でM5.7の地震

※本日未明、宮城県沖を震源とする、M5.7の地震(震度5強)が発生しました。
宮城県沖地震

「3番目の地震の山場」のタイミングを前に、不気味な地震です。
そして、M5後半クラスなら、大きな地震の“前ぶれ”になり得ます。

2003年9月20日 千葉県南部地震(M5.7)

2003年9月26日 十勝沖地震(M8.0)

2004年11月27日 十勝地方南部の地震(M5.6)

2004年11月29日 釧路沖地震(M7.1)

大地震の前は暑い

「暑さと大地震の関係」について調べてみました。

熱帯夜
上の図は、東京での記録です。
これを見ると、暑さと大地震は、大いに関係があるように見えます。

1994年10月4日 北海道東方沖地震(M8.2)
1994年12月28日 三陸はるか沖地震(M7.6)
1995年1月17日 阪神大震災(M7.3)

2000年夏の、式根島・新島・神津島の群発地震と、三宅島の噴火

2004年10月23日 新潟県中越地震(M6.8)
2004年11月29日 釧路沖地震(M7.1)

2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)


ちなみに、2011年の東京での記録は、
猛暑日4日 熱帯夜49日

そして今年は、2012年8月28日時点で、
猛暑日5日 熱帯夜37日です。

首相問責決議案可決へ

※「首相問責決議案可決へ、7会派案に自民賛成方針」なのだそうです。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120829-00000847-yom-pol

『 自民党は29日午後、新党「国民の生活が第一」など野党7会派が新たに参院に提出する野田首相問責決議案に、賛成する方針を決めた。
7会派の問責決議案は、参院本会議で可決される見通しだ。』


9月を前に、様々なことが“大きな段落”を迎えているように思えます。
そう、「9月から本格的な混迷へ、」という印象です。

択捉焼山噴火 火山灰の影響も

※「択捉焼山噴火 火山灰の影響も」という記事がありました。↓
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20120827/4565141_20120827183115_e68a9ee68d89e784bce5b1b1e599b4e781ab20e781abe5b1b1e781b0e381aee5bdb1e99fbfe38282.html

『 北方四島の択捉島にある火山「択捉焼山」が今月中旬から噴火を繰り返し、高さ5000メートルまで噴煙が上がっていることがわかり、専門家は、風向きによっては北海道東部にも火山灰が降るおそれがあるとしています。

噴火活動が活発になっているのは、択捉島のほぼ中央にある標高1158メートルの火山「択捉焼山」です。「択捉焼山」は今月15日から噴火が始まり、25日と26日の2日間では、あわせて4回の噴火が確認され、このうち、2回は噴煙が上空4000メートルから5000メートルにまで達したということです。』


択捉島の火山噴火は、大規模のようです。

そして、九州の新燃岳の噴火が、2011.3.11三陸地震(M9.0)の“前ぶれ”だったように、
この択捉島の火山噴火も、日本の地震と無関係とは思えません。

北海道

中米エルサルバドルでM7.3の地震

※本日昼、中米エルサルバドル沖で、M7.3の地震が発生しました。
エルサルバドル地震

※また本日未明には、インドネシアのモルッカ海で、M6.6の地震も起きています。
地震モルッカ海

地震活動が活発になってきました。

※なお、「パターン」ではありませんが、過去には下のような地震もありました。
2001年1月13日 エルサルバドルの地震(M7.6)
2001年1月26日 インド西部の地震(M7.9)


※そして、HAARPの反応も、気になると言えば気になります。↓
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi
haarp8月27日

十勝地方南部でM5.9の地震

十勝地方南部8月25日
※昨夜、十勝地方南部を震源とする、M5.9の地震(震度5弱)が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/1/20120825232028391-252316.html
(また本日未明には、福島県沖で、M5.1の地震(震度4)の地震も発生している。)

※十勝地方南部では、7月22日にM5.1、8月22日にM5.2の地震も起きています。↓
http://clairvaux939.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

先日書いたとおり、「3番目の地震の山場」が、いつ始まっても不思議ではないタイミングに入ってきました。
(計算では9月上旬あたり?)

さすがに、そろそろ注意でしょう。

備蓄OLさんのブログ

※備蓄OLさんのブログが、更新されていました。↓
http://ryoko07.blog79.fc2.com/

≪Something≫
Long time no see!!!

Something seems to be off, but I can't put my finger on it.I get the feeling something's going to happen.
Be careful my friends!!
My lovely home town and my lovely japanese people.
Please leave from big town such as Tokyo.

Sorry my short message. I have no time to write my brog.

Bye!! Ryoko

2012-08-16 』


御無沙汰。
遠くで何かを感じる。だけど、それを指し示すことはできない。
何かが起きつつあるように感じる。
気をつけて、私の友人、愛する国、愛する日本の人々。
どうか、東京のような大きな町から離れて。

短い文でごめんなさい、ブログを書く時間がないの。
りょこ 2012-08-16 』

(私の拙い翻訳)

備蓄OLさんのブログは、よく見ていました。
ただ、さすがに、「オーストラリアに行った」というのは“作り話”でしょう。

温泉の水温が急上昇(台湾)

※「温泉の水温が急上昇。立ち入り禁止を無視して入浴した男性が火傷し死亡。(台湾)」というニュースがありました。↓
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/techinsight/2012/08/breaking-news-325.html

『 新北市(台湾の最北)にある萬里郷は金山温泉で知られる温泉地だが、この度温泉に浸かった男性が全身に火傷を負って死亡する事故が発生した。温泉はここ1ヶ月、突然水温が上昇したため封鎖されていた。

この温泉浴場は、以前は24時間一般に開放されていたが、もともと40度だった水温が突然80度に上昇したため、安全のため木板で囲いをし、水温異常のため一時封鎖の看板も設置されていた。

区役所では、天然温泉の水温がなぜ突然上昇したのか、すでに専門家に調査を依頼しているが、まだ結果は出ていないということだ。
[2012/08/24] 』


※台湾北部あたりの地震は、日本の地震と無関係ではないと思います。
2009年8月5日 宮古島近海の地震(M6.5)
2009年8月9日 東海道南方沖地震(M6.9・深発)
2009年8月11日 駿河湾地震(M6.5)
2009年8月13日 八丈島東方沖地震(M6.6)
2009年8月17日 石垣島近海の地震(M6.8)

奇跡体験!アンビリバボー(ニビル)感想

昨日の、「奇跡体験!アンビリバボー(ニビル)」を見ました。

大した内容ではなかったのですが、
テレビで、ニビルが取り上げられるのが新鮮でした。

さて、番組でも解説していましたが、
“ニビル”は、シュメール(メソポタミア)の伝承です。

そこで、ちょっと変わったところで、「インカの予言」を紹介します。

『 地球は揺れ、大気はハリケーンや竜巻に満ち、海には大きな波が立ち、太陽はとてつもなく熱くなる。
2013年が、インカの暦の終わりの年である。』

(そして、その原因として、次のように説明している。)

『 2013年、小惑星が異常なまでに地球に近づく。
この惑星は、星としては決して大きなものではないのだが、強力な磁気を持っており、それが地球の磁気を狂わせて地球を粛清する。』

宏観情報(ネズミ)

※下の地震掲示板に、ネズミに関する投稿がありました。↓
http://jisbbs.com/thread_180191.html

『 歌舞伎町の異変
NO.180191 まかない 2012/08/23 Thu 19:00

久々に投稿
ネズミの投稿をされている人がいたので、私も同じ状況のことを書きます。

私は歌舞伎町の雑居ビル内にある飲食店で働いているのですが、8月の中ごろからネズミがピタっと出なくなりました!
ドブネズミ達はどんな猛暑でも毎年毎日のように出没し、歌舞伎町のビルの間の細い路地や、店内のダクトや、隙間でガサガサゴソゴソと動き回っていたのですが、今月中ごろからまったく姿を見せないです。
歌舞伎町の他の店でも同じ状況のようです。
店側としては嬉しいんですが、ネズミ達が逃げ出したことを考えると怖いですね。』

昨日の地震

※昨日、十勝地方南部を震源とするM5.2の地震が発生しました。
十勝地方南部8月22日
※十勝南部では、7月22日にもM5.1の地震が起きています。
地価地地方南部7月22日

中規模地震というのは気になります。
大きな地震に、つながる可能性があるからです。

※それと、「植物生体電位観測 愛知県美和観測点」で、このところ異常値が現れるようになっているのも、何気に気になります。↓
http://sa89a.net/tbp/
植物生体電位

一応書いておきますと

8月14日の、オホーツク海南部の地震(M7.7)のあと、次のように書きました。

『 前に、「8月中旬は大きな地震が起きやすい」と書きましたが
特に印象に残る地震は、8月中旬・後半で起きることが多いです。

という事で、数日中に、もう一発ありそうです。』


※「インドネシア東部でM6.3 6人が死亡、村が孤立(8月18日)」↓
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2012082003460.html

『 米地質研究所によると、8月18日午後5時40分(日本時間同6時40分)ごろ、インドネシア東部スラウェシ島でマグニチュード(M)6.3の地震が発生した。同国の災害対策当局が20日に発表した被害状況によると、建物の崩壊などで6人が死亡、40人以上が重軽傷を負った。約470戸が全半壊したほか、地滑りで14の村が孤立しており、ヘリで食料などを投下する予定だという。』

まぁ、そういう事です。

雑音、雑念、バイアス

以前の地震予想を調べてみました。

※「2011年12月4日の地震予想」↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/51a573083760df6a93aee2be61d5b65b

『 この【12月~1月】を過ぎたら、
次に、日本で“大きな地震”が起きるのは、来年の「秋」だと思っています。
ただし、来年も含めて《4,5年》は、日本で大震災はないと思っています。
そういう意味で、私は、
この【12月~1月】の地震を、“最後の地震”だと思っています。』


※「2012年1月8日の地震予想」↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/3f2715ee8bd173916f8ffbab112a9f0f

『 この1月の地震を過ぎたら、次は今年の「秋」です。
規模はM7後半で、大震災ではないが被害地震の可能性があります。

それを過ぎると、一年以上、印象に残る地震は起こらず、
次の地震は、一年以上経った「冬」で、地震の規模はM7前半。

そこまでが、“2011年3.11東日本大震災(M9.0)”の、直接の影響下にある地震です。』


時期に関しては、この頃の地震予想には「雑音、雑念、バイアス」が入ってないので、この頃の方が的確だったのかもしれません。

ミミズが大量

※下の地震掲示板に、ミミズに関する投稿がありました。↓
http://jisbbs.com/thread_179840.html

『 【板が分からないのでここに、ミミズが大量】
NO.179840 足 2012/08/22 Wed 09:19

私は夜間配送の仕事して北関東を廻っている者です。ここ数日間ある事に気付いたのですが、巨大なミミズ(俗に言うウタウタミミズ)長さ約15~20㎝位のが至る所、県道やら町道農道に出没してます、それも夜間深夜です。普段皆さんは見掛けないと思いますが何故かと言うと車やトラックのタイヤに踏まれ泥除けやタイヤガバーに飛ばされ張り付いてしまうからです。 何故不思議に思ったかと言うと、あの3.11の東日本大震災の前年の6月頃~9月頃にも同じ様な事が続いていたのです。仕事終え車庫に帰ると毎日洗車をします生臭くて翌日乗れないからです。昨年は多少現象有ったものの、大震災前年や今年程ではなかったのです。またどこかであの大震災が起こるのか心配です。今年も異常な暑さでしたのでそれが原因で大地震とは関係無ければよいのですが!』

奇跡体験!アンビリバボー(ニビル)

※明日の、フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」で、“ニビル”が取り上げられます。↓
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/kiseki/index.html

『 今回の『奇跡体験!アンビリバボー』は、「世界中で注目を浴びている未知の惑星“ニビル”の謎」に迫る。

現在、世界中で、ある惑星の存在に関して議論が起こっている。それは、太陽系に対してほぼ垂直な軌道を描く未知の惑星「ニビル」。約3600年周期で公転していると推測されるこの惑星は、今年12月、地球に最接近する可能性があるという。しかも、元陸軍軍人の入手した情報によれば、その接近は地球に甚大な被害をもたらすというのだ。
ロシアやイギリスなど世界各国ではすでにこの「ニビル」に関してマスコミや国民が多大な関心を寄せている。実は、この存在に気づいていないのはわれわれ日本人だけかもしれないのだ。
そもそも「ニビル」は1982年アメリカ空軍の天文台によりその存在が発表された。しかしその後、研究チームの科学者が謎の死を遂げプロジェクトは消滅、その後NASAは「ニビル」の存在を認めるなんら公式発表をしていないのである。そして、世界中の「ニビル」解明に挑む科学者達に次々と起こる不慮の事故…。
果たして、惑星「ニビル」は実際に存在するのか?もし、「ニビル」が地球に接近するならば、一体どんな事態が起こるのか?皆さんはどう思いますか?』


これは見たいと思います。
ちなみに私は、“ニビル”は惑星ではなく、太陽の伴星ではないかと思っています。

“パッと見”で決めていた

今年の2月に、「3番目の地震の山場」予想(予測)、
【2012年(7月~10月)】をしましたが、


それは、過去の地震から、“パッと見”で決めていました。

(日本で、大き目の地震が起きないので、)
詳しく計算したのは、2日前が初めてでした。

だから、その計算から【9月上旬】が導き出されて、
私自身が驚いているという状態なのです。

9月上旬の地震

千島列島の地震(M8.3)と、昭和南海地震(M8.0)から、
2012年9月3日と、9月5日という日付が導き出されましたが、

※9月上旬にも、印象に残る地震が起きています。
2004年9月5日 紀伊半島南東沖地震(M7.4)
2010年9月3日 NZ・カンタベリー地震(M7.1)


※それと、「夏の終わりの地震の予言」というと、
前に紹介した、シドニーの「オカマの霊能者の予言」があります。

『 オカマは数年前、日本に旅行したそうで、東京を知ってますた。で、近い将来、東京に人がおらん、と言うのです。ァキィハブァラーにも、シンジィクーにも、ハネィダァにも、なんでだか、板橋三丁目だかにも、人がおらんというのです。東京は、車もあまり走ってない。人がパラッパラしかおらん。お店も閉まってる。さびれた町だというのですた。 理由はわかりません。大災害があったのか、と訊くと、わからない、と答えますた。では、地震は起きるか?と訊いたら、夏の終わりに、日本の真ん中の方の山の中、と、日本のどこかの小さな島で起きる、というのですた。それが、今年の夏なのか、来年の夏なのか、オカマはわからないそうです。オカマは、未来の映像を見ておるらしいのですが、時間を特定することが難しいようです。夏、というのは、暑い、というがわかるのと、なんとなく、夏の終わり、という感じがするのだそうで、断言はできん、というのですた。』

昭和南海地震(M8.0)の場合

昨日は、2006年11月15日 千島列島の地震(M8.3)の場合を紹介しましたが、
今日は、昭和南海地震(M8.0)の場合を見てみたいと思います。


さて、昭和南海地震(M8.0)から「3番目の地震の山場」までの期間は、
1年5ヶ月25日です。

これを今回の、2011.3.11東日本大震災(M9.0)に当てはめると、
【2012年9月5日】になります。

したがって、昨日の“千島列島の地震(M8.3)”と合わせて、
今回は、9月上旬あたりから地震が起き始めるのかもしれません。

というわけで、実は、「8月は日本で大きな地震は起きないんじゃないか」と思っています。

※1946年12月21日 昭和南海地震 - M 8.0(Mw 8.4)の、
「3番目の地震の山場」
1948年6月15日 紀伊水道の地震 - M 6.7、
1948年6月28日 福井地震 - M 7.1、


※それと、HAARPに反応が出ています。↓
haarp8月20日
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

「3番目の地震の山場」予想を振り返る

4月以降、、日本で大きな地震は起きていないので、

私の「3番目の地震の山場」予想(予測)、
【2012年(7月~10月)】を振り返っておきたいと思います。


さて、私が「3番目の地震の山場」の期間を決めるとき、
実は、「7月は少し早すぎるな~」とは思っていました。

というのは、2006年11月15日に発生した、千島列島の地震(M8.3)の「3番目の地震の山場」は、
1年5ヶ月と23日後の、2008年5月8日 茨城県沖地震(M7.0)から始まったからです。

※これを、今回の地震に当てはめると、
2011.3.11東日本大震災(M9.0)の1年5ヶ月23日後は
【2012年9月3日】になります。

さすがに、もうそろそろ、地震は始まると思います。

※2006年11月15日 千島列島の地震(M8.3)の

「3番目の地震の山場」
2008年5月8日 茨城県沖地震(M7.0)
2008年6月14日 岩手・宮城内陸地震(M7.2)
2008年7月24日 岩手県沿岸北部地震(M6.8)
2008年9月11日 十勝沖地震(M7.1)

トカラの群発地震

※トカラ列島近海で、地震が続いています。
平成24年08月18日02時27分頃 トカラ列島近海 M3.1 震度2
平成24年08月18日01時24分頃 トカラ列島近海 M4.3 震度2
平成24年08月17日23時19分頃 トカラ列島近海 M2.6 震度1
平成24年08月17日19時20分頃 トカラ列島近海 M3.3 震度1
平成24年08月17日19時10分頃 トカラ列島近海 M3.5 震度2
平成24年08月17日18時38分頃 トカラ列島近海 M3.5 震度2
平成24年08月17日18時03分頃 トカラ列島近海 M1.5 震度1
平成24年08月17日17時58分頃 トカラ列島近海 M2.0 震度2
平成24年08月17日13時07分頃 トカラ列島近海 M2.7 震度1
平成24年08月17日08時46分頃 天草灘 M4.9 震度4
平成24年08月17日08時42分頃 トカラ列島近海 M1.7 震度1
平成24年08月17日08時38分頃 トカラ列島近海 M2.4 震度1
平成24年08月17日08時35分頃 トカラ列島近海 M2.5 震度2
平成24年08月17日01時38分頃 トカラ列島近海 M2.4 震度1

不気味な感じです。

※下のページによると、2011.3.11東日本大震災(M9.0)の前にも、トカラが揺れていたようです。↓
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1345218947/

21 : 茶トラ(埼玉県):2012/08/18(土) 01:33:48.37 ID:Ql+WgaM60
トカラで近年比較的大きかった地震・・・

2011年3月7日 19時13分頃 トカラ列島近海 M5.0 震度3
2011年3月7日 18時49分頃 トカラ列島近海 M4.5 震度3
2011年3月6日 23時 9分頃 トカラ列島近海 M3.8 震度1

択捉島・焼山が23年ぶり噴火

※択捉島・焼山が23年ぶりに噴火したそうです。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120817-00000004-jij-int

『 北方領土・択捉島中部にある焼山(ロシア名イワン雷帝山、標高1158メートル)が15日、23年ぶりに噴火し、16日には25キロ離れた同島中心地・紗那(同クリリスク)で火山灰が観測された。サハリン州の非常事態当局者がタス通信などに明らかにした。』

日本周辺の地下活動が活発になってきました。
そして今回は、2010年4月と似ている気がします。

2010年4月5日 メキシコの地震(M7.2)
2010年4月7日 スマトラ島近海の地震(M7.7)
2010年4月11日 南太平洋の地震(M7.0)
2010年4月14日 中国・チベットの地震(M7.1)
2010年4月14日 エイヤフィヤトラヨークトル火山噴火

2012年8月6日 ニュージーランド・トンガリロ火山噴火
2012年8月11日 イラン北西部の地震(M6.4・M6.3)
2012年8月14日 オホーツク海南部の地震(M7.7・深発)
2012年8月15日 択捉島・焼山噴火
2012年8月1?日 ???

内閣支持続落、19.8%―時事世論調査

※「内閣支持続落、19.8%=5割強「年内解散を」―時事世論調査」という記事がありました。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120816-00000073-jij-pol

『 時事通信が9~12日に実施した8月の世論調査によると、野田内閣の支持率は前月比1.5ポイント減の19.8%と2カ月連続で下落し、政権発足後初めて2割を割り込んだ。不支持率も同0.8ポイント増の61.1%となり、最高を更新した。

首相は政治生命を懸けるとした消費増税関連法の今国会成立にこぎ着け、「決める政治」をアピールしたが、政権浮揚にはつながらなかった。支持率落ち込みは、消費増税自体への反発や、関連法の採決をめぐる民主党内の混乱が影響したとみられる。早期解散を求める自民党は、終盤国会で対決姿勢を強める方針。野田内閣は外交面でも、領土や歴史問題で周辺国の攻勢にさらされており、9月の発足1年を前に正念場を迎えた。』


政治状況も、2011.3.11東日本大震災(M9.0)直前の雰囲気に似てきました。

※ちなみに、2011年2月21日時点での「菅内閣支持率」は、
「菅内閣支持率19% 不支持率60% 毎日新聞世論調査」
「菅内閣支持率20% 不支持率62% 朝日新聞世論調査」


それと、今話題の「竹島」と「尖閣」については、私は次のように考えています。
「【竹島】は、戦後の“どさくさ”で韓国に取られたので、取り返すのは難しいかもしれない(経緯が北方領土と似ている)。

しかし【尖閣】は、何とか守れるのではないか。」

8月中旬の地震③

前に、「8月中旬は大きな地震が起きやすい」と書きましたが
特に印象に残る地震は、8月中旬・後半で起きることが多いです。

1999年8月17日 トルコの地震(M7.8)

2000年8月18日 神津島近海の地震(M6.0)
2000年8月18日 三宅島噴火

2005年8月16日 宮城県沖地震(M7.2)

2007年8月15日 ペルーの地震(M7.9)
2007年8月16日~ 千葉県東方沖・群発地震

2009年8月9日 東海道南方沖地震(M6.9・深発)
2009年8月11日 インド洋の地震(M7.6)
2009年8月11日 駿河湾地震(M6.5)
2009年8月13日 八丈島東方沖地震(M6.6)
2009年8月17日 石垣島近海の地震(M6.8)

2010年8月10日 南太平洋・バヌアツの地震(M7.5)
2010年8月12日 南米エクアドルの地震(M7.2)
2010年8月14日 グアム島付近の地震(M7.2)

2011年8月19日 福島県沖地震(M6.5)
2011年8月21日 バヌアツの地震(M7.1・M7.0)
(少し後ろにズレた?)


※という事で、数日中に、もう一発ありそうです。
2012年8月11日 イラン北西部の地震(M6.4・M6.3)
2012年8月14日 オホーツク海南部の地震(M7.7・深発)
2012年8月1?日 ???


それと、昨夕から広告が出なくなりました。
スッキリしました。

オホーツク海南部でM7.3の地震

※本日昼、オホーツク海南部を震源とする、M7.3の地震が発生しました。↓
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20120814120926491-141201.html
オホーツク海南部地震

※ちなみに、USGSではM7.7。↓
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsww/Quakes/quakes_big.php
なお、震源の深さ“590km”の深発です。

これて終わりなのか、
それとも、これから始まるのか。

8月中旬は、まだ後半が残っています。

太平洋で巨大な軽石の島が浮遊

※「太平洋で巨大な軽石の島が浮遊」というニュースがありました。↓
http://japanese.ruvr.ru/2012_08_13/nyu-ji-rando-karuishi-shima-fuyuu/
ニュージーランド軽石

『 ニュージーランドのオークランドから約1000キロの太平洋で、漂流する巨大な軽石の島が発見された。

漂流する軽石の面積は約2万6000平方キロメートル。これはベルギーに相当する大きさだ。「漂流島」を形成している軽石は、多孔性の火山砕屑物。軽石は、溶岩が急速に冷やされる際にガスが抜けた結果できたもの。ニュージーランド海軍のティム・オスカー中尉は、最近18年の間に海で見た最も不思議なものだと伝えた。

専門家たちは、大量の軽石は海底火山の噴火によるものだとの見方を表している。なお専門家たちによると、「軽石の島」が船舶に及ぼす危険性はないという。』


※ヤフーのニュース記事を見たときは、よく分からなかったのですが、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120813-00000013-jij_afp-int

上の写真を見ると、何かスゴイです。

中国、新疆ウイグル・チベット付近でM6.3の地震

※昨夜、中国 新疆ウイグル・チベット付近で、M6.3の地震がありました。↓
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsww/Quakes/usb000bv81.php

前にも書きましたが、この辺りの地震は気になります。
2008年5月の地震を思い出させるからです。

2008年5月8日 茨城県沖地震(M7.0)
2008年5月12日 中国・四川大地震(M8.0)


※そして、この6月~7月の地震のときは次のとおりでした。
2012年6月30日 中国・新疆ウイグルの地震(M6.6)
2012年7月3日 東京湾(相模トラフ)の地震(M5.4)


※なお、昨夜からの、長野の群発地震も気になります。
平成24年08月13日07時12分頃 長野県中部 M2.7 震度1
平成24年08月13日04時30分頃 長野県北部 M2.4 震度1
平成24年08月13日02時31分頃 長野県北部 M2.3 震度1
平成24年08月13日02時29分頃 長野県中部 M2.9 震度1
平成24年08月12日22時06分頃 長野県中部 M3.6 震度2

イランでM6.4とM6.3の地震

※昨夜、イランでM6.4とM6.3の地震の地震が発生しました。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120812-00000002-reut-int

『 【イラン北西部で強い地震2回続く、死者180人に】
イラン北西部で11日午後、マグニチュード(M)6を超える地震が立て続けに2回発生し、180人が死亡、1300人が負傷した。その後も20回以上の余震が続いている。

農村部では多くの建物が倒壊しており、依然としてがれきの下敷きになっている人がいることから、イラン当局では今後も死傷者の数が増えるとみている。

米地質調査所(USGS)によると、初めの地震はイラン北西部の都市タブリーズ近郊で発生し、規模はM6.4だった。その11分後にもM6.3の地震が起こり、被害が拡大した。』


8月11日未明には、アリューシャン列島でM6.2がありましたし、
「8月中旬の地震」が、本格的に始まったと見てよいでしょう。

※ちなみに過去には、下のような地震もありました。
2010年12月21日 イラン地震(M6.5)
2010年12月22日 父島近海の地震(M7.4)

駐車場にミミズ1万匹、干からびる(石川)

※「駐車場にミミズ1万匹 小松、干からびる」というニュースがありました。↓
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20120811103.htm

『 石川県小松市小寺町の駐車場で8月10日までに、大量のミミズが死んで干からびているのを、地 域住民が見つけた。死骸は1万匹以上あるとみられ、住民は「初めて見た。近頃の酷暑が 原因か」「まだ増えるかもしれない」と気味悪がっている。

駐車場の近くに住む小村康史さん(38)=同市松任町=によると、ミミズの死骸が見 つかったのは5日夕で、当時はまだ動いているミミズがいたという。その後、日を重ねる ごとに死骸が増え続け、約250平方メートルの駐車場全面に散らばっている。ミミズは 水分が抜けてからからで、路面にこびりついている。

住民が車1台分のスペースにあるミミズの死骸を数えたところ、約500匹分があった 。駐車場には16台分のスペースがあり、通路部分なども含めると総数は1万匹以上と推測される。』


※さて、gooブログから引っ越してきました。↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/

今のところ、こちらにも広告がありますが、8月14日の夕方には無くなると思います。

「3番目の地震の山場」予測(改めて)

※言うまでもなく、私は、
2011.3.11東日本大震災(M9.0)の「3番目の地震の山場」として、
【2012年(7月~10月)】を予想(予測)しています。

しかし「3番目の地震の山場」になると、過去の地震でもバラツキが大きく、↓
http://blog.goo.ne.jp/ryuji58517/e/caef354984f115d8365ad51b8165b9a0
「地震の始まり」が“いつ”になるのか、読みにくいです。

したがって、地震の始まりが8月中旬になるのか、正直分かりません。

※しかしながら、私は、次のように考えています。
「8月中旬に、日本で大きな地震が起きなければ、
しばらく(2年程度)は、日本で、1995.1.17阪神大震災(M7.3)を越える震災は起きないような気がする。」