前ぶれ的なこと

4月初めに「4月は前ぶれ的な群発地震が起きるのではないか」と書きましたが、起きていません。

しかし、その代わりの「前ぶれ的」なことは起きています。

※「1年半ぶり噴火再開の西之島 さらに拡大も」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170425-00000058-nnn-soci

『 4月20日に約1年半ぶりに噴火が再開した西之島では、新しく出来た火口から、勢いよく噴煙があがり、マグマのしぶきが噴き上がっている。新たに出来た火口から流れ出した溶岩は海岸まで到達し、水蒸気が上がっているのも確認できた。

去年の秋、上陸調査を行い、今回の取材にも同行した東京大学地震研究所の前野深准教授は、「溶岩は島の中心部から西と南側に勢いよく流れていて、島はさらに拡大するだろう」と話している。』



チリ沖でM6.9の地震

※今朝チリ沖でM6.9の地震が発生しました。
チリ2017年4月25日


約3ヶ月間、世界的に地震活動は穏やかでしたが、この地震をキッカケに活発になるのではないかと思います。

なお「チリ,ペルーの地震」は意外と日本の地震と関係が深い。
2011年1月3日 チリ沖の地震(M7.1)
2011年2月12日 チリ沖の地震(M6.8)

2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)


それと「チリで巨大地震が起きた約一年後に日本でも巨大地震が起きるという法則?」は、まだ未成就です。

2010年2月27日 チリ沖の地震(M8.8)

2011年3月11日 東日本大震災(M9.0)

2014年4月1日 チリ沖の地震(M8.2)

2015年5月30日 小笠原西方沖の地震(M8.1)

2015年9月16日 チリ沖の地震(M8.3)

2017年6月○日 糸魚川-静岡構造線+相模トラフ連動地震(M9.2)?

「2035年9月~2036年3月」のホロスコープ

前に紹介した太陽黒点数の予測ですが、
黒点数推移ダルトン極小期との比較

これを見ると2030年代中盤で黒点数が底になることが分かります。

※それで思い浮かぶのは2035年9月2日の皆既日食です。
http://eclipse-navi.com/ichiran/nendai/2030to2039/2035.html
(日本で見られる非常に条件のよい皆既日食)

その上【2035年9月~2036年3月】の期間、「木星と土星のスクエア(90度)」が成立します。

つまり「この期間のどこかで大震災が起きるのではないか」という事です。

そして、それは先日紹介した2022年より可能性が高いように思えます。

日食帯
(2035年9月2日の日食帯)

ファティマの聖母②

今年の5月13日でファティマに聖母が現われて、ちょうど100年になることを紹介しましたが、

この日に「第三次世界大戦」が始まると予言している人がいるようです。

※自称「神のメッセンジャー」は、「ファティマの聖母出現のちょうど100年後に第三次世界大戦が始まる」と述べた ……
それは2017年5月13日」

http://indeep.jp/13-may-2017-is-the-day-of-100-th-anniversary-of-our-lady-fatima/

『 ドナルド・トランプ氏がアメリカの大統領になることを正確に予言したと主張するひとりの神秘主義者が、第三次世界大戦が始まる正確な日付けを予測している。

「神のメッセンジャー」と自称するホラシオ・ヴィレガス(Horacio Villegas)氏は、ファティマの聖母が最初に現れた日の 100周年の日に核戦争が勃発すると確信している。

英国デイリースターによれば、この自称予言者は、アメリカ大統領選でトランプ氏が優位に立つ見通しを 2015年に立てていたという。

伝えられるところでは、第三次世界大戦は、億万長者のビジネスマンで「イルミナティの王」になるであろう人物により導かれると、この人物は語ったという。

それ以前に、彼の預言の一つはすでに実現したように見える。ヴィレガス氏は、アメリカの指導者がシリアを攻撃すると警告していたのだ。そして、アメリカは今月、シリアに対して、ホムスの空軍基地に大規模な攻撃を行った。

この人物はまた、ロシア、北朝鮮、中国は、致命的な世界紛争に導かれるだろうと予言している。

そして、それが起きるとすれば、その時期は、あと数週間後に迫っているというのだ。』


とにかく今年の5月は何かありそうです。

これまでの地震

2017年に起きた地震をまとめておきますと、、、

日本では、
2016年12月28日 茨城県北部の地震(M6.3・震度6弱)
以降、大した地震は起きていません。

これは「大きな地震は【5月~6月上旬】に集中する」とする私の予想どおりの展開です。

また世界的には、
2017年1月22日 ソロモン諸島の地震(M7.9)
以降、M7超はもちろんM6後半でさえ、
2017年3月29日 カムチャッカ半島沿岸(M6.6)
しか起きていません。

つまり現在、地球規模の静穏期であることが分かります。

しかし、この静けさが、
逆に不気味だと考えるのは私だけではないでしょう。
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR