フィリピンで地震

※「フィリピン地震、死者11人に 生き埋めになった人の救出活動続く」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000023-jij_afp-int

フィリピン北部で22日に発生した強い地震で、死者が11人に上ったことが分かった。23日現在も、ビルの倒壊で生き埋めになったとみられる数十人の救出活動が続いている。』

一昨日は台湾で大きな地震がありました。
地球規模で地震活動が活発です。

日本も、そろそろ「区切りの地震」があると思います。

※第19ステージ:
2019年1月3日 熊本県の地震(M5.1・震度6弱)

2019年5月3日
計:4ヶ月

「15年の区切り」の根拠

■ 木星の公転周期 : 約12年
■ 土星の公転周期 : 約30年


つまり「15年」は土星の公転周期の約半分です。
(木星と土星は59年後に、ほぼ同じ位置に来る。)

なお東洋占術では12年と10年が重要視されていますが、
10年の方は、それほど意味がないように感じます。

15年の区切り

前に次のように書きました。

「国家の運勢」は15年で区切ることが出来る。、
15年の終りに混乱と激動が集中する。
つまり2019年と2020年は激動の世の中が予想される。』

1901年~1915年 1914年6月28日 第一次世界大戦勃発

1916年~1930年 1929年10月24日 ニューヨーク株大暴落

1931年~1945年 1945年5月ベルリン陥落 同8月日本終戦

1946年~1960年 1959年9月26日 伊勢湾台風

1961年~1975年 1975年4月30日 サイゴン陥落(ベトナム戦争終結)

1976年~1990年 1989年11月9日 ベルリンの壁崩壊 
1990年1月 日本のバブル崩壊

1991年~2005年 2004年12月26日 スマトラ沖地震

2006年~2020年


こうしてみると様々なものが本格的に壊れ始めるのは2019年の夏以降だと思われます。

3.11の思い出

今からちょうど30年前、1989年3月11日に某大学心理学科の学士入学(編入学)の合格通知が届きました。

この日は、これまでの私の人生で最も重要な日です。

なぜなら、これが不合格だったら後の人生が壊れていた可能性があるからです。

そして、この周期パターンに従うと今年の11月までに私にとって(良い意味で)の重大事が起きることになっています。

黒点数情報

※黒点数情報が更新されました。
http://swnews.jp/2019/swnews_1903041231.html

2月の黒点相対数の月平均値は、0.8 と発表されました。

この数字が1を割るのは、
前の極小期の2009年8月以来で、10年ぶりです。

前の極小期では、月平均値が1を下回ったのは、
2008年7月、8月、2009年3月、8月の4回ありました。

また黒点が見えなかった黒点相対数0の日は26日でした。
28日しかない2月なので、
黒点が見えたのは13日と21日の2日だけです。

黒点が少なくなる一方です。』


すでに、
2008年5月12日 四川大地震(M8.0)
のタイミングは過ぎました。

黒点数201902
プロフィール

ベルナルドゥス

Author:ベルナルドゥス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR